【パズドラ】ホルスパで4属性コンボを確実に成功させるための6つのコツ

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ゲーム雑記 > パズドラ > 【パズドラ】ホルスパで4属性コンボを確実に成功させるための6つのコツ

【パズドラ】ホルスパで4属性コンボを確実に成功させるための6つのコツ 

久々にパズドラのタイムアタックアプリ「パズチャレ」(現在ダウンロード不可)をやってみたら、割とあっさりハイスコアを更新出来ました。

2013-06-25-05.52.462013-04-17-00.55.59
左が今回、右は二ヶ月ほど前にチャレンジした時の成績。スコアは1,000ポイント程度しか上がっていませんが、クリアタイムが10秒以上縮んでおり、着実に上達していることが判ります。

といっても未だ完全にホルスパを使いこなせているとは口が裂けても言えませんが、ある程度コツは掴めてきたので自分なりのホルスパ攻略法……というか、効率的に4色(4属性)揃えるコツをメモがてら記していきます。
2013-06-24-21.35.052013-05-27-21.51.07 

一応ホルスパの運用を想定した記述ですが、コンボを多く稼ぐという意味では他の単色パーティ等にも応用出来ると思います。



コツその1 掴んだドロップでコンボを作る

パズドラの立ち回りの基本は「ドロップを動かしながら少しでも多く色を揃える」という部分にあります。4色揃える場合においてもそれは当然重要ですが、それと同じぐらい大事なのが掴んだドロップでも色を揃える、つまり移動の終点で1色揃えるということ。当たり前といえば当たり前ですが、ある意味一番大事。

たとえばこの盤面。
2013-06-25-07.18.472013-06-25-07.19.13
揃える方法は色々あるでしょうが、自分なら左で孤立している光を掴んで右のように揃えます。これだと木が消えて光が落ちて5色コンボ。

慣れないうちは何を動かしたら良いのかわからなくなると思いますが、迷ったら移動しながら揃えるのが困難な色、もっとわかりやすく言うと色が離れたドロップを持てばだいたい間違いないと思います。

あとは回復ドロップをなるべく持たない、というのも4色揃えるコツ。回復ドロップによるコンボはLS発動条件から外れているため、必然的に道中で1コンボ多く成立させなくてはならなくなり難易度が上がります。

回復を消さないというのもそれはそれで問題が生じてくるので(※詳しくは後述)ケースバイケースではありますが、最初のうちは回復は持たないというスタンスでプレイするのがベターではないでしょうか。

コツその2 端から揃える

広いようで狭いのがパズドラの盤面。少しでも有効活用するために、いきなり中央付近で色を揃えないというのも大切です。真ん中で揃えると移動ルートが制限されてしまい、4色揃えるスペースが作れなくなってしまいます。

こちらは悪い例。
2013-06-25-06.15.122013-06-25-06.16.58
こうやって揃えてしまうと端の列が極めて使いにくくなってしまいます。

反対に良い例。
2013-06-25-06.15.282013-06-25-06.17.07
これならばスペースが無駄になりません。

端で揃えるためのコツは、ドロップの進入方向を調節してやること。

たとえばこの盤面。
2013-06-25-07.44.26
闇ドロップを揃える場合、そのまま横方向から進入したら下から二列目で揃ってしまいます。

2013-06-25-07.44.492013-06-25-07.46.56
端で揃えるには右上の闇ドロップを一度下に動かして、改めて下段の横から進入してL字に抜ければOK。L字以外の型でもこの方法は利用可能です。

はじめのうちは揃えることにいっぱいいっぱいでここまで考えが及ばないかもしれませんが、慣れればとっさの判断で無駄のない動かし方が出来るようになります。

コツその3 なるべく横に揃える

パズドラは縦5個×横6個という横長の盤面です。そしてコンボを成立させるためには3個以上のドロップを揃えなくてはなりません。つまり、縦に揃えた場合は一列1コンボが限界ですが、横に揃えれば3×2で2コンボまで作れるということです。

だからこそ、なるべく横に揃えるように心がけるとコンボが作りやすくなります。
2013-06-25-07.58.552013-06-25-07.59.22
もちろん場合によっては縦のほうが都合が良いというケースもあるので一概には言えませんが、横向きに並べるクセを付けておけばだいぶ楽になるのは間違いありません。

コツその4 バックを使いこなす

パズドラのルールはしばしば「一筆書き」に例えられます。確かに無駄のないルートを模索すると一筆書きのような立ち回りになるのでそれは概ね正しいのですが、だからといって一度通った道を二度と通ってはならないわけではないのがポイント。

むしろ、状況によっては進んだ道を引き返したほうが良いという場合もあります。
2013-06-25-06.21.262013-06-25-06.21.402013-06-25-06.21.42
例えばこのように一度右に進んでドロップを揃えたあと、バックすることでドロップを端に寄せることができ、左に3つ分のスペースが出来ます。右の写真から更に左、下と進んで火を下段で揃え、上に向かって木を揃えれば4色成立。逆にバックをせずに火を揃えるとなるとかなりの大回りを強いられます。

他にも進行方向を塞がれた時の逃げ道や、端で5個揃えたドロップを角でL字にする時にもバックは役立ちます。

コツその5 落ちコンを活用する

ここで言う落ちコンとは新たに落ちてきたドロップで発生するいわゆる「ラッキーコンボ」ではなく、盤面のドロップだけで成立させるコンボのこと。これを覚えることにより、揃えやすさが格段に上がります。ホルスを使いこなすなら必須のテクニックと言ってもいいでしょう。

2013-06-25-06.49.28
やり方は至って簡単で、横に揃えて縦に落とすだけ。名人クラスになるといくつもの落ちコンを組み合わせて驚愕のコンボを作り上げますが、ただ揃えるだけなら単純な横1段落とすだけの型を覚えれば十分。

配置によっては横2段落とすのもそれほど難しくはありません。
2013-06-25-09.08.14

一度縦に揃えたドロップの間に挟み込む形で意図的に落とす方法もあります。
2013-06-25-06.52.002013-06-25-06.52.02

最低限覚えておきたいのは最下段で作る単純な落ちコン。
2013-06-25-09.12.36
水は闇が消えれば1個落ちて揃ってくれます。この落ちコンがあるため、ドロップを揃えるときは下から揃えたほうがコンボが作りやすいです。もちろん、始点によっては上から揃えたほうが楽な時もありますが。

コツその6 回復ドロップを消す

「コツその1」で回復ドロップを消さないと問題が生じると書きましたが、それについての詳細を説明します。

4色を揃える上で邪魔な存在、それが回復ドロップ。4色を揃えることに必死になっていると気付いたら盤面が回復だらけ、ということはままあるものです。
2013-06-25-09.20.16
こうなってしまう原因は大抵が回復ドロップを消さないから。消さないということはいつまでも盤面に残り続けますし、新たに降ってくるドロップにも回復は含まれているので回復だらけになるのは当然です。

そうならないためには普段から回復もついでに消すことを心がけるのが一番。
2013-06-25-06.25.562013-06-25-06.41.40
回復を消した上で4色揃えるルートを模索する、というのがベストな選択となります。毎回そうする必要はありませんが、余裕があれば狙っていくようにするだけでも回復まみれになる確率はグンと下がります。

といっても降ってくるドロップ運によってはどうしようもないこともあるので、その時は1ターン犠牲にして処理するといいでしょう。攻撃態勢で回復を消すという方法もありますが、頼りすぎるとまともに4色揃えるテクニックが身に付かないので上達したいのならあえて封印することをオススメします(火力目当てなら別)。

なおホルスパの場合、道中はスキル溜めのためにわざと敵を倒さないようにする必要があるので、そういった状況では回復だらけになるのはかえって好都合といえます。

総括

他にもコツと呼べるものはたくさんあると思います。また、上で述べたこと全てが最も効率が良い方法とは限りません。というか、自分自身もっと良いやり方があると信じて日々練習を重ねている最中です。

とはいえ、全く取っかかりがなく漠然とプレイするよりはある程度のセオリーを頭に入れておいたほうが良いのは間違いありません。その上で自分なりのベストなやり方を見つけるといいのではないでしょうか。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

おお!最近ホルスパを降臨等で使い始めたので参考にさせてもらいます!長考になりますしまだ5回中3回ぐらいしか消せないんですよねorz
[ 2013/06/27 22:02 ] [ 編集 ]
ありがとうございます、参考になれば幸いです!
最初のうちはどうしても長考になって疲れますよね。
やってるうちに慣れて自分なりのコツが掴めると思うので、一緒にがんばりましょう!!
[ 2013/06/28 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿