G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メガハウス > G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽 レビュー

G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽 レビュー 

商品名:G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽
作品名:銀魂
発売元:メガハウス
発売日:2013年7月中旬
価格:7,560円((税込)
原型製作:ぱっとん
備考:--

神楽

空知英秋による漫画作品およびそれを原作としたアニメ『銀魂』より、戦闘種族「夜兎族」の生き残りで万事屋銀ちゃんの紅一点「神楽」。可愛らしい容姿とは裏腹に食い意地が張っていたり暴言を吐いたりゲロを吐いたりと素行の悪さが目立ちますが、一応作品上のヒロインとして位置付けられています。

今回立体化されたのは普段着ているおなじみのチャイナ服ではなく、「吉原炎上篇」で着用していた艶やかな着物姿。発売中の兄「神威」とセットで飾ることを考慮してか、女性向けブランドである「G.E.M.シリーズ」としては初めて女性キャラクターがラインナップされました。



パッケージ

R0146103R0146107
側面と上部には月をイメージした小窓が設けられています。

全身


普段の神楽は14歳とはちょっと思えないほど小柄な幼児体型で描かれていますが、吉原炎上篇は彼女の夜兎としての殺戮衝動にスポットが当てられた「ドシリアス」な長編シリーズだったため、大人びた印象を受けます。フィギュアでもそれは再現されており、頭身が高めに作られています。

頭部は別造形のものに差し替え可能ですが、それについては後述。右手は傘を持ったものに交換出来ます。
R0146130
傘は手首と別パーツで取り外したり向きを変えたり出来ます。

全高は約18.5cm
R0146128
右はミニスカ着物繋がりで百姫。神楽はノンスケールで、設定身長は155cm。ハイヒールとお団子の高さも考慮して換算すると1/9スケールより少し大きいぐらいでしょうか。

頭部

R0146134R0146136R0146140R0146142R0146143R0146148
デフォルトのキリッとした表情のほか屈託のない笑顔が付属しており、鎖骨周りから上を交換して差し替えます。どちらもアニメの作画に近い、神楽らしい良い造形です。

髪も簪の刺さったお団子といつものお団子(ズンボラ星人のペニスケース)を個別に交換出来ます。
R0146150R0146155
組み合わせることで都合4パターンの造形が楽しめます。

各部

R0146159R0146160R0146164R0146167R0146168R0146171R0146173R0146176R0146180R0146182
品質は良好。着物はグラデーション塗装、帯はメタリック塗装、ブーツは光沢塗装でそれぞれ質感が再現されています。細かいシワの造形も見事ですね。

台座には兎と満月の影絵が描かれています。
R0146183
ちなみに台座無しでは自立出来ません。

気になるパンツ(笑)は白。
R0146187R0146192
胴体が外れて着物の裾がキャストオフ可能という神楽が見たら標準語で罵倒不可避な仕様となっています。普段見えないヘソやお尻の上のほうもきちんと造形されています。

大きめ写真

総括

男性キャラクター主体の少年漫画のヒロインは立体化されにくいので発売されただけでも有り難いシロモノですが、出来のほうも申し分ありません。差し替えパーツによってさまざまなパターンを楽しめるのもグッド。服装も普段の格好はあまりにも立体映えしないので(笑)、こちらを選んだのは正解だと思います。

銀魂が好きなら文句ナシに買いです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿