超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 55.スタープラチナ・サード レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 55.スタープラチナ・サード レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第三部 55.スタープラチナ・サード レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 55.スタープラチナ・サード
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2013年7月下旬
価格:4,410円(税込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

星の白金

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、空条承太郎が操る最強の近距離パワー型スタンド「スタープラチナ(星の白金)」。承太郎と共に非常に人気が高く、超像可動ジョジョシリーズにおいて記念すべき第一弾を飾ったのもこのスタープラチナ。

2009年発売のセカンド・バージョンから実に約4年ぶりにサード・バージョンとして改めて商品化されました。リカラー品につき基本的な構造はファースト、セカンドと変わりません。

超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 1.スタープラチナ レビュー」「超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第三部 10.スタープラチナ・セカンド レビュー」も併せてご覧下さい。シリーズ初期のレビューは自分でも読みにくくて抹消したいところなのですが(笑)。



パッケージ

R0146813R0146817
紫を基調としたパッケージ。

前々弾スパイス・ガールからパッケージ裏の「関節」誤字が修正されたのですが、今回再び「間接」に戻っています。
R0146818
恐らくファースト、セカンド版のフォーマットを流用したのが原因ですね(名推理)

セット内容

R0146820
>>フィギュア本体、オプション頭部、オプション手首×3(右2左1)、流星指刺用手首(右)、専用台座

初期の商品ということで極めてシンプルな内容。今なら手首のバリエーションだけでももっと豊富になっていたでしょう。

全身


緑、青と並んでポピュラーな紫を基調としたカラーリング。靴底の赤が良いアクセントになっていると思います。前述の通りファースト、セカンドとの違いはカラーリングのみのため、肩パッド接続部の頼りなさや股関節の動かしにくさはそのまま。

ムック『超像の世界ACT.2』の開発者インタビューによると初期の商品は関節の設計を中国の工場に一任していたそうで、可動が今ひとつこなれていないのはそれが原因でしょう。

全高は約17cm
R0146845
個人的には青(セカンド)が好みですが、紫も緑も悪くありません。むしろベネ(良し)。

頭部

R0146849R0146852R0146854R0146855R0146858R0146860
通常顔と叫び顔。最近の商品と比較しても全く遜色のない、良い造形です。残念ながらうちのは通常顔の頬が荒れていますが、通販組の宿命と思って最近は半分諦めています(笑)。

カラーリングだけでなく、目元も多少改修されています。
R0146864R0146862
ファーストのみ瞳孔が小さくてバランスが悪いですね。セカンドとサードはほとんど変わりませんが、サードのほうが輪郭(隈取り)が太く、より作中イメージに近付いています(個体差かもしれませんが)。

各部

R0146866R0146868R0146870R0146871R0146874R0146875R0146877R0146880R0146882R0146884
品質は極端に酷くはありませんが、良くもありません。細かく見ていくとあちこちに塗料が飛び散っていたり塗り残しがあったり、粗が目に付きます。まあ、固定フィギュアではないので個人的には許容範囲ですが。

オプション

流星指刺用手首
R0146893R0146890
必殺技「流星指刺(スターフィンガー)」を再現するための右手首。原作では数えるほどしか使用していませんが、貴重な「殴る以外の技」ということでゲーム化の際に重宝される傾向にあります(笑)。指が長いということ以外、通常の手首との違いはありません。

アクションなどなど

総括

およそ4年以上前の商品とは思えない秀逸な出来映えです。流石に可動や付属品などは近年と比較すると見劣りしますが、スタプラの可動フィギュアとしては未だに間違いなくナンバーワンのクオリティでしょう。

ファースト、セカンド、サードで一番お得なのは「オラオラ台詞パーツ」が付いていて価格が安いセカンドバージョンですが、今となってはプレ値(10,000円~)以外での入手が困難なので、最近集め始めた人にはこのサードが承太郎ver.1.5と併せてイチオシです。

ファーストは顔(目元)の出来がイマイチで、再生産版でも改修されていないそうなので「どうしても緑じゃなきゃヤダ!」というのでなければサードのほうがいいと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

確かに顔というか目元は作画がこなれてきた中盤以降っぽくていい感じですね。
逆に鋭い目つきのファーストは第三部冒頭の感じが出てるとも思います。

いつも秀逸なポーズをビシッと撮影してますねぇ。
[ 2013/07/29 22:04 ] [ 編集 ]
お褒めの言葉、ありがとうございます!光栄です!

スタプラは時期によって顔立ちがだいぶ違いますからねー。
言われてみればファースト初期の表情豊かなバージョンっぽいかもしれません。
いずれ出るであろう六部バージョンも楽しみです。
[ 2013/07/29 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿