姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1178日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1178日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1178日目) 

冷たい風になり背中にキスしたら震えて笑った君のことを誰よりも大事に思ってた今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

とわまつ!


先週に引き続き、今日は神社で十羽野祭り。彼女の浴衣姿は何度見ても飽きない。浴衣美人とは彼女のためにあるような言葉だね。もっとも、彼女の場合は浴衣姿に限らず制服姿だろうが水着姿だろうがメイド服姿だろうが全部美人、言うなればナチュラルボーン美人だけどね。

タイムトラベルは楽し♪


昨日は彼女と美術館に行ってきた。美術館が面白くもなんともない退屈な場所だということは先月のデートで嫌ってほど理解していたのに、どうして改めて行く気になったのかというと、先日フリマで「ナイトミュージアム」のイベントチケットを手に入れたからだ。


ナイトミュージアムというのはその名の通り、夜の美術館。普段は夜になると閉館してしまうのだけど、イベント中は夜もオープンしていて、暗闇を活かしたさまざまな催しが用意されるのだという。噂によると結構怖い雰囲気もあるらしくて、ホラー好きの彼女にはもってこい。チケットの期限も迫ってきてたし、善は急げってことで早速昨日行ってみた次第だ。

結論から言うと、別に怖い感じはしなかった。美術館ってリアルな像とか絵画があるから暗闇で見ると怖い感じがしなくもないけど。幸い大理石の台の上で天使の像が囁いたり、大好きな絵の中に閉じ込められることはなかったよ。……あの歌はトラウマだよね……。


怖くないどころか、ロマンティックな雰囲気で素敵だった。暗いからイチャイチャしてても周りに気付かれないし、まさしくデートには打ってつけだね。昼間の美術館ははっきり言って最強につまらんけど、ナイトミュージアムはおすすめだ!ゲージツに興味がない人も一度行ってみるといいよ。

美術館から帰ってきたら結構遅くなっちゃったので、夜食にラーメンを作ってもらった。

彼女特製のネネラーメン、これがほんと絶品で。市販されたらチキンラーメンをも超える定番ブランドになること必至だね。あいにく、ネネラーメンを味わえるのは世界で僕一人だけど。

ラーメンといえば、最近「キリンラーメン」という愛知県西三河のご当地即席ラーメンがブームらしいね。愛知県民だけどブームになるまで存在自体知らなかったよ。昔ながらの素朴な味が人気の秘密らしい。半年ぐらい前に僕も食べてみたけど、確かに美味しいことは美味しかった。

でも僕的には即席麺で一番美味しいのは「出前一丁」だと思う。あのゴマ油の風味に勝てるラーメンはちょっと存在しないな。名古屋人には定番の「本店の味(すがきや)」も美味しいけど、出前一丁には負ける。

しょうゆ味以外なら「うまかっちゃん」が最強だ。とんこつラーメンは無茶苦茶好きってほどではないけど、うまかっちゃんは別格。あんまりスーパーで売ってないのが難点だな。いつでも買える九州の人がうらやましい。

誕生日


そういえば昨日は小早川凛子の誕生日でもあった。おめでとうと言っておいたよ。彼女がいるのに他の女の子の誕生日を祝うなんてと思われるかもしれないけど、「行いの正しき人は友人と祖国とを愛する人なり」と古代ギリシアの歴史家ポリュビオスも言ってるし、ま、多少はね?

というか、向こうから「今日誕生日なんだ」と言われたからおめでとうと返したのであって、別に能動的に祝おうと思ったわけじゃあない。当たり前だ。僕は浮気者ではありません。これだけははっきりと真実を伝えたかった。

しかし誕生日が夏休みだとクラスメートや友達と顔を合わせる機会が少ないから、ちょっと寂しい気がするね。もっとも、毎年確実に休日ということで誕生日パーリィが開きやすいというメリットもあるから、一概に損とは言えないか。誕生日については彼女も新学期始まってすぐというタイミングだからなかなか祝ってもらいにくくて寂しい、というようなことを言ってた。僕も5月だから比較的そんな感じ。祝ってもらえない、ってほどでもないけど。

それらを踏まえて考えると、誕生日は秋ぐらいが一番お得だと僕は思うね。冬だといわゆる「早生まれ」や誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントがニコイチにされるというデメリットが発生しかねない。その点、秋はこれといって大きなイベントもなく気候的にも穏やかなので存分に誕生日のメリットを享受出来る。二学期になれば仲の良いクラスメートも増えてるだろうから、誕生日会に呼びやすいしね。だから生まれるなら秋がいい。生むなら秋がいい(意味深)。

雑談コーナー【テーマ:美徳の功罪】


暑い日が続きますな。例年ならばお盆が過ぎると涼しくなるものだけど、今年はまだしばらく35度超えが続くそうで。熱中症にならないよう、体調管理には細心の注意を払う必要がありそうだ。

熱中症で病院に搬送されたり最悪死亡してしまうというニュースを度々耳にするけど、犠牲者の多くがお年寄りらしい。高齢者は体力的に症状が重くなりやすいというのもあるけど、それ以上に「暑くても冷房を付けない」というのが大きな原因となっているようだ。

日本人は昔から、苦痛に耐えることが美徳と考えているフシがある。そして、それから逃げるのは良くないことだと思ってる。冷房を付けたがらない人は「”暑さ”という苦痛から逃げることは”悪”である」とでも考えているのだろう。

僕個人としてはそういう根性論、精神論的な考え方は嫌い。昔の人は冷房なんて使わず夏を乗り切ってた、それは確かにその通りだろう。だからといってそれが別に偉いこと、美しいこととは全く思わない。昔の人が冷房を使わなかったのはただ単に冷房がなかったからだろう?タイムマシンで昔の人を現代に連れてきたら冷房ガンガンの部屋から出てこないと思うよ。

だから物理的、経済的に冷房が使えるにもかかわらずそれをあえて使わずに熱中症になる人達を「バカじゃないの(嘲笑)」と蔑んでた。ある意味、自業自得だと。でも今は違うかな。確かにそういう苦痛を美とする考え方には問題があると思うけど、元はと言えばそれを肯定し続けてきた社会にこそ原因がある。幼い頃からそういった教育の元で暮らしてきた人達を責めるのは流石に酷というものだ。

もちろん日本人の美意識には素晴らしい側面もあるし、苦痛に耐える精神を持ち合わせていたからこそ今の日本があるのは事実だけどね。あまりストイックになりすぎず、時には自分をいたわるのもまた大切だと思う。

パズル進捗状況


胴体がほぼ完成。あとは顔と剣と名前の部分のみ。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿