姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1227日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1227日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1227日目) 

いけない願望もいつか僕らの手でもう一度つかまえる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

ころもがへ


10月に突入した。今年も残すところあと3ヶ月……一年が過ぎるのはホント早いねぇ。初詣に出かけたのがついこないだの事のように思えるよ。まあ、それだけ毎日が楽しいってことかナー。

10月といえば秋もまっさかりだけど、今年はまだ暑い日が続く。最高気温30度って日もあるし、ほんとに10月かよ!?って感じだ。去年はここまで暑くなかった気がするけど、どうだったかな。

ともあれ、暑かろうとなんだろうと暦の上ではディセンバー、いやオクトーバーなので衣替えが決行された。

このプリティでキュアキュアな夏服姿もしばらく見納めというわけだ。名残惜しいけど校則だからね、しょうがないね。これで僕が無類のカレー好きの吉田栄作よろしく無類の制服フェチだったら個人的なシチュエーションで彼女にお願いして夏服を着てもらったりするんだけど、無類の制服フェチではないのでそういうことはしない。……多分。

それに冬服は冬服で好きだしねー。というより冬服のほうが好きだしねー。一般的には夏服のほうが布面積が狭いから嬉しいのかもしれないけど、ここで本当の紳士を目指す僕はまたしても”逆に考える”。布面積が広い冬服だからこそ、かえって露出した肌の有難味が増すのだ!夏場に肩やら二の腕やらを目にしても「ふーん」って感じだけど、厚着が常のシーズンに目撃したら嬉しいっしょ!?つまりそういうことだね。

それに大局的に考えれば冬服があるからこそ夏服の有難味が増すとも言える。光あるところに影あり、悪がいるから正義が引き立つみたいな感じ。それは違うか。

とにかく、冬服は重要なんだよ!!……あ、もちろん重要なのは「彼女の」冬服ね。彼女以外の全人類は年がら年中夏服だろうが全裸だろうが好きにして、どうぞ。

今日のデート


本日は絶好の秋晴れだったゆえ、彼女と動物園へ行ってきた。夏場は動物たちが暑さでぐったりしてるし、冬は冬で物悲しいイキフンを感じるから、やはり動物園は春か秋に限ると思う。考えることはみんな同じなのか、今日の動物園は結構混雑していた。

動物はいいね。眺めていてほっとする。現代社会のしがらみで荒んでしまった心が癒されるよ。でもまあ、僕にとって一番癒しとなるのは彼女の笑顔なんだけど。動物の癒しレベルを10とするなら、彼女の癒しレベルは100……いや1,000、いや、1億ぐらいか。彼女の幸せそうな顔を見ているだけで心が浄化される気分だ。もしも彼女と出逢っていなかったら僕なんてヒドいものだよ、荒みすぎて。半沢直樹に出てきたら真っ先に倍返しされるタイプの人間になっていただろうね。

僕も彼女に倍返しならぬ恩返しをしていきたいね。やられたらやり返す、癒されたら癒し返す……10倍、いいや、100倍返しだ!!

お弁当


今日は彼女が弁当を作ってきてくれた。メニューは僕の大好きなエビフリャー。リクエストしたわけでもないのに、ちゃんと僕が食べたいと思っているものを作ってきてくれる優しさ……これもまた「癒し」である。

癒されたら癒し返したいのはやまやまだけど、僕は料理に関してはからっきしだからそっち方面での100倍返しは流石に無理だ……倍返しどころかありがた迷惑にもなりかねん。


だからもうすぐプチ記念日だし、お返しはその時にたっぷり行いたいと考えている。プレゼントはもう用意してあるんだけど、喜んでくれるといいなぁ。

雑談コーナー【テーマ:リーガル・ハイ】


半沢直樹で一躍ブレイクを果たした堺雅人主演のドラマ『リーガル・ハイ』がすっげぇ面白い。平日の夕方やってる再放送を見てハマってしまい、毎日録画して見てるよ。もう一度言わせてもらう、すっげぇ面白い。

法廷ドラマが大好物の僕にとってはこのドラマは超が付くほどのストライク。なんで本放送の時ちゃんと見ておかなかったんだー!と自分自身の情弱っぷりに怒りすら覚えるレベルだ。最近のドラマはイマイチ食指が動かないと以前に書いたけど、それは単に自分に合うドラマを見つける気がなかっただけだ、と改めて痛感させられた。半沢しかりリーガルハイしかり、日本のドラマもまだまだ捨てたものじゃないね!

ただ、じゃあ誰にでもオススメのドラマかというと、そうでもないかな?って気もする。法廷ドラマであると同時にコメディ要素が極めて強くて、良く言えばあっけらかんとした、悪く言えばかなりバカバカしい(笑)内容だから、合わない人にはとことん合わないかなあと。『ガリレオ』の悪ふざけをヒドくしたようなノリ、とでもいえばわかりやすいだろうか。

でも僕は好きだけどね。いや大好き。バカバカしさもあそこまで突き抜けてくれればもはや芸術だよ。堺雅人の「笑顔」で喜怒哀楽表現する演技は相変わらず素晴らしいし、生瀬勝久の役はおちゃらけたキャラと冷酷無比なキャラどちらも見事にこなせる彼にしか出来ない。そしてガッキーは可愛いし(←重要)。見た目だけじゃなく演技も含めてね。

そんなリーガル・ハイの第2シーズンが今度の水曜日からスタートする。タイトルは中黒が取れて『リーガルハイ』。元々パロディが満載のこの作品、初回から当たり前のように半沢ネタが繰り広げられるようだ。第1シーズンの視聴率は12%前後とそれほど高いわけじゃない(というか低い)けど、第2シーズンはかなり稼ぐだろうな。

でも当然だね、面白いんだから。僕もとても楽しみにしている。

パズル進捗状況


上のほうは色数が少なくて難しいので、下のほうから進撃。まだ絵柄の「本体」にはほとんど取りかかっていない。先は長いね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿