姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1290日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1290日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1290日目) 

目と目で通じあえる食べたい物とか 今好きな色は緑色 雨上がり 絵になるスマイルが僕に降りそそぐ今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。

食べたい時が食べ時(至言)


今日は彼女の提案でプールに出かけた。プールといっても室内だし温水だから寒いということはない。外に出た時の温度差は厳しいものがあったけど、ま、多少はね?



ともあれ、寒さなんて忘れるぐらい素晴らしいデートであったことは確か。何が素晴らしいって、まず第一に彼女のほうからプール行きたいって言ってくれたことがね。僕の喜ぶことを完全に把握している、されている(笑)。

帰りにフードパークに寄ったんだけど、そこで彼女が頼んだのは「お子様ランチ」。

可愛すぎる彼女とお子様ランチの組み合わせは最強。お子様ランチって店側の採算が取れないからって理由で年齢制限が設けられているものだけど、今回に限っては店側も彼女のあまりの可愛さに「NO」とは言えなかったんだろうな。僕が店の立場でも絶対に断れないし。ズルいと思われるかもしれないけど、これぐらいの特権は許してやって欲しい。

ただお子様ランチといえば僕的にはチキンライスが欠かせないと思うのだけど、この店はチャーハンだったんだよねぇ……それがすごく惜しい。思わず「シェフを呼べ!」と海原雄山的なノリで叫びたくなったよ。まあ、食べてる当人の彼女が特に気にしてなかったからその場では何も言わなかったけど。人が喜んで食べてるものにケチを付ける奴は彼氏以前に人間として最低だと思うので。

だからこんなクソ寒いのに彼女がかき氷を頼んでも僕は何も言わなかった。

ま、今に始まった話でもないし(笑)。冬にかき氷を食べようが夏に焼き芋食べようが、美味しけりゃ何でもいいよね。そうやって周りの空気感とか固定観念に囚われないところも彼女の魅力だと思うよ。

期末テスト開始のお知らせ


地獄の一週間が幕を開ける。再三言い続けてるように、クリスマスを間近に控えるこのタイミングで躓く事は致命傷となりかねない。ある意味、一年で最も重要な一週間といえる。

だからこそ、今週末はデートを控えて試験勉強に打ち込もうと思ってたんだよね、実は。かといって彼女の誘いを断っていたら本末転倒だし、何より僕だって本心ではデートしたくてしたくてたまらなかったから喜んでOKしたわけだけど。

まあ、なんとかなるでしょ。これまでだって何とかなって来たんだし、ヘーキヘーキ。大丈夫だって。

雑談コーナー【テーマ:流行語大賞】


今年の流行語大賞が発表されたね。今年受賞したのは「今でしょ!」「じぇじぇじぇ」「倍返し」「お・も・て・な・し」の4語。おおよそ考えうる中で一番つまらない結果に終わったと思う。

どれも甲乙付けがたい珠玉のフレーズだから選びにくいというのはわかるよ。でもだからって全部受賞なんて結論はダメでしょ。それって要するに「逃げ」じゃない。どれ選んでも文句言われるから、選ぶことから逃げたわけじゃん。

そりゃ僕だってもし「お・も・て・な・し」が選ばれてたら「これだから頭の固い連中は……」と叩く気マンマンだったけどさ、だとしてもきちんと選んで欲しかったよ。「俺達がおもてなしと言ったらおもてなしなんだよ!文句あるか!!」ぐらいの意気でどっしりと構えていて欲しかった。賞の権威ってそういうものでしょ?

何が一番ダメって、ゆとり教育を批判するジジババ共が「みんな並んで一等賞」などというゆとりの象徴とも言えるしょーもない結論に至ったのがダメ。なんだかんだ言って結局おまえらもそっちかよ!ゆとりの国の住人なのかよ!

だいたい流行語大賞なんて実質名ばかりの賞で、大賞に選ばれたからといって特別な褒賞やメリットがあるわけでもないんだから、ひとつだけ選んだって何の問題もないでしょ。そりゃ選ばれなかったフレーズを推していた人達からは批判されるだろうけど、所詮その程度じゃん。「大賞に選ばれなかった……人生終わりだぁ!」なんて絶望する人いないでしょ。僕だって仮に今年おもてなしだけが大賞だったとしても、別にどうでもいいわ。

だからこそ、なんだよね。だからこそきっちり序列は付けるべきだった。元々どうでもいいような賞なのに、結果までどうでもいい感じになってしまったら一体何のために存在してるの?大の大人が雁首揃えて何やってんの?って感じだよ。

今年の結果を受けて、来年から「今年の流行語は何だろうなー」と考える楽しみが大部分失われてしまった。どうせどれもこれも受賞して終わりなんでしょって思ってしまうし、それじゃ何の意味もない。ほんと心底どうでもいいイベントに成り下がってしまったよ。

この「汚点」を払拭するには、来年こそはきっちり大賞を選定するしかない。「去年いくつも受賞したのに何で今年はひとつなんだ」と言われるかもしれないけど、そんな声に屈してはならない。また複数選ぶような醜態を晒したら今度こそおしまいだわ。

なんだかんだで年末の風物詩のひとつなのだから、大事にして欲しい。確かにどうでもいいようなイベントではあるけど、どうでもいいことに真面目に取り組むのも人生には大切だからね。

パズル進捗状況


緑色の部分もだいぶ出来てきた。もうピースが残り少ないから総当たり作戦が一番手っ取り早い。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿