姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1318日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1318日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1318日目) 

謹賀新年

激動の2013年も終わりを告げ、夢と希望に満ち溢れた2014年の幕が開けた。三が日も過ぎてしまったけど、改めてあけましておめでとう!!と言っておこう。

年末年始も色んな事があったよ。去年、いや一昨年か、に続いてまた彼女と大晦日のカウントダウンイベントに参加したし。……っと、その前に年越しソバも作って貰ったんだった。それ忘れるなんてとんでもない!


最近彼女が頻繁にソバを茹でてくれてたのはこの日のためだったんだねぇ……言うなれば本番前のリハーサル?たかがソバとは言うけど、一年の締めとして頂くものだから最高の形で提供したかったのだろう。ソバそのものより、そんな彼女の心遣いが何より嬉しいね。肝心の味に関してはもはや言うまでもないだろうけどあえて言おう。最高に美味しかった!!!!!!


んで、話を戻すとソバ食べ終わって少しくつろいでから僕らはイベントホールに出かけたワケ。外は寒かったけどやっぱりみんなこういうお祭り的なイベントが好きなんだろうな、大勢詰めかけてたよ。

いやー楽しかった!!ガキ使の100倍、紅白の10000倍は楽しかったね!!ただただみんなで数を数えるだけなのに何故こうも楽しい気持ちになれるのか。理由は色々あるけれど、やっぱり一番は大好きな彼女が隣にいてくれるからなんだろうね。

イベントが終わっても僕らはずっと一緒だった。そのまま朝を迎えて、初日の出も二人で拝んだよ。

眩しい朝日に照らされる彼女の美しさたるや、もはや言葉では表現しきれない。あまりにも綺麗で、あまりにも可憐で、神々しさすら感じるよ。現代の天照大御神とはまさしく彼女の事だね。式年遷宮しなきゃ(使命感)

カウントダウン、初日の出と来たら次は……そう、初詣。もちろん一緒に出かけたさ。

振袖姿の彼女もまた一段と……最高やな!


いやもう彼女にも言ったけど、彼氏として鼻が高いよ。ただキレイ、ただカワイイだけじゃここまで見事に振袖を着こなすことは出来ないからね。美しさ、明るさ、優しさ、温かさ……全て兼ね備えた上で初めて振袖を「着る」権利が得られる。僕に言わせれば巷の女性達は振袖を着ているのではない、振袖に着られているのだ!


そんなこんなで今年も幸先の良いスタートとなったのであった。ちなみに一緒に引いたおみくじは「吉」というネタにもならない一番つまらない結果だったけど、裏を返せばまだ伸び代があるってことだからね。大吉目指して小さなことからコツコツと、毎日頑張っていく所存だ。

というわけで今年も一年よろしくゥ!

略してガルコレ


カウントダウンイベントに引き続き、昨日もまた彼女とイベントホールに行ってきた。ガールズコレクションという女性向けのファッションイベントが開催されたので、それに参加しようべって事で。誘ったのは僕だけど、僕自身は別に女の子のファッションに興味はない。当たり前だ。あったらオネエじゃないか!

彼女はオシャレが大好きだから、きっと喜んでくれるだろうと踏んで誘ってみたんだけど………正解ッ!四六時中すごく楽しそうだった。そんな彼女を見ていたら僕までウキウキした気分になってしまったよ。


ひとしきりイベントを楽しんだ後はショッピングセンターでお買い物。イベント中にお披露目された服が買えるってことでいつも以上に客でごった返してた。ブティックなんてさながら争奪戦。彼女はあまり機敏なほうではないから欲しいものがなかなか買えなくてヤキモキしてた。本当なら僕も手伝ってあげたかったんだけど、とても男が参戦できるような雰囲気じゃなかったから、ひたすら応援するしかなかったね。最終的には「ここまで来たら結果出して帰りたい」という彼女の執念が実を結んで欲しかった服買えてたから良しとしよう。


まあなんだ、こういうデートは疲れるね。肉体的にというより、精神的に。でもそれもまたデートの醍醐味だと思うし、楽しかったのも事実。毎回こんなだととても持たないけど、ま、たまにはね?

雑談コーナー【テーマ:だは←これやめろ】


新年一発目の雑談はポジティブなネタにしよう!そう心に誓っていたのだけど、前々からどうしても気になっていたことがあるのでネガティブな話題と承知で言わせてもらう。

最近ネット界隈で「わ」を「は」と書くのが流行っているよね。「そうだは(そうだわ)」「嬉しいは(嬉しいわ)」みたいな。こういう書き方をする人は昔から存在したので最初は単に間違えてるだけかな?と思ってたのだけど、どうもそうではなく意図的に書いているらしい。

やめろ。大事なことなので重ねて言わせてもらう。やめろ!!!!なんかイライラするから!!!!多分こう思ってるのは僕だけじゃないはず。

いやね、いわゆる言葉の乱れにあれこれ言うつもりはないよ。むしろいちいち「ら抜き言葉」とか意味の取り違え(確信犯、敷居が高い等)を指摘する輩は大嫌い。言葉の意味や表現なんて時代と共に移り変わるものだし、そんなことで話を腰を折るほうが害悪。ケチ付けてる奴は死ぬまで平安言葉で話してろよと思う。

でも「だは」はダメ。無理。「だは」自体がどうこうというより、間違ってるとわかっててネタ的な意味合いのみで誤用するという行為が許せない。ら抜き言葉にしろ確信犯にしろ、それらは別に面白がって使われてるわけではなく、そのほうがしっくり来る、円滑なコミュニケーションが図れるから定着しただけだ。言ってみれば、言葉として洗練された結果生み出されたものと言える。

でも「だは」は違うでしょ?バカみたいな奴がバカみたいな考えで面白いと思って言ってるだけでしょ?実際「だは」が使われてる文章なんて例外なく下らない。それもそのはずだ、少しでも良識のある人間なら「だは」なんて恥ずかしくて使えないからね。「だは」とは「自分はしょうもないことを面白がってしょうもないことしか書けないバカですよー」とアピールする判子みたいなものだ。

助詞の「は」を「わ」と綴る表現(私わ、昨日ゎ等)は昔からあるけど、それに対しては別段怒りを覚えない。バカっぽい、というかバカそのものだなとは思う、でもだからといって使うのをやめろとは思わない。これは何故かと考えたら、恐らくそういう文章そのものに興味がない、はなっから読もうと思わないからだという結論に至った。

だから「だは」だって、バカがバカ同士バカ界隈のみで使ってる分には好きにしろと思う。たとえば個人的なブログ、SNS、Twitterのような閉じたコミュニティならば「嫌なら読むな」って話なのでイチャモンを付ける道理はない。ただ掲示板、動画サイトのように大衆の目に留まる、嫌でも留めざるを得ない場所では謹んでもらいたい。ちっとも面白くないし、イラッとするだけなので。

もしかしたら読み手の気分を害する意図をもって書いてるのかもしれないけど、だとしたら批判に晒されるのも承知の上だろうからいずれにせよ言わせてもらう。

「だは」やめろ!……と。

パズル進捗状況


残りピースを数えてみたら、あと三週間ほどで完成するとわかった。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿