『ねんどろいど 雪ミク』付属のアイストレイでチョコを作ってみた

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > 駄文 > 食べ物 > 『ねんどろいど 雪ミク』付属のアイストレイでチョコを作ってみた

『ねんどろいど 雪ミク』付属のアイストレイでチョコを作ってみた 

今日はバレンタインなのでチョコレートを作ってみました。

「型」に使ったのは3年ほど前に発売された『ねんどろいど NO.150 雪ミク たのしい雪あそび・エディション』付属のアイストレー。レビュー当時、氷が今ひとつキレイに作れなかったので、ある意味3年越しのリベンジです。


これは……リベンジ失敗ですね……。

いや、でもしょうがないですって!氷ならまだしもチョコは難易度高すぎますって!

バレンタインの手作りチョコを指差して「溶かして固めただけだろ」などと抜かす輩が時々いらっしゃいますが、なら一度作ってみろって感じです。売り物のようにキレイに仕上げるのってほんと大変ですよ。

あとめんどくさい(重要)。チョコ切り刻んで湯煎して型に入れて冷やして型から抜いて、そしてチョコまみれになったボウルやヘラを片付けて。本当にめんどくさい。これで溶かして固める”だけ”なんて言ったらバチが当たります。

ちなみに上のミク2つと玉1つで板チョコ3枚使いました。思いのほか消費量が多くてビックリです。

本当ならネギやネームプレートも作るつもりだったのですが全然足りず、かといって追加でチョコ溶かすのもしんどかったのでミクと玉1個だけで妥協しました。

カロリーに換算するとミク1体で400キロカロリーぐらいです。でもせっかくのバレンタインでそんなこと気にしちゃダメですよね!

なお、味は普通でした。それに関してはほんとに溶かして固めた”だけ”ですからね。ものの見事に明治ブラックチョコレートの味でした。でもこの際、味なんて二の次なんだと思います。「料理は心や!」ってヅラの料理人も言ってますし、「チョコは心や!」って5年前の僕も言っていました。

というわけで、皆さんも手作りチョコをもらったら甘さの裏に潜むビターな努力を噛みしめつつ、大切に頂きましょう。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿