超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 61.シーザー・アントニオ・ツェペリ・セカンド レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 61.シーザー・アントニオ・ツェペリ・セカンド レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第二部 61.シーザー・アントニオ・ツェペリ・セカンド レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 61.シーザー・アントニオ・ツェペリ・セカンド
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2014年2月下旬
価格:5,040円(税込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

シーザー

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、ジョジョの親友でリサリサを師と仰ぐ波紋戦士「シーザー・アントニオ・ツェペリ」。もとより高い人気を誇るキャラクターの一人でしたが、アニメ化の影響でその人気は更に高まった感があります。第20話『シーザー孤独の青春』はアニメ史に残る傑作エピソードと呼んでも過言ではないでしょう。

当商品はそのアニメに準拠したカラーリングが施されたセカンドバージョン。セカンド恒例の特典としてセリフプレートが付属しています。ちなみに同じくアニメカラーのジョセフ・セカンドも既に発売済ですが、イベント限定のため当方未所持。それについてはもうあまり多くを語りたくありません(笑)。

カラーリング以外ファースト版との差異はありませんので、可動範囲等は「超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第二部 31.シーザー・アントニオ・ツェペリ レビュー」をご覧下さい。



パッケージ

R0152111R0152113
箱は捨てているのでファーストとの比較は出来ませんが、ファースト版レビューに掲載した写真を見る限りセカンドのほうが若干横幅が広くなっているようです。

ブチャラティ・セカンドに続き今回も前面に「限定版」と書かれています。限定版のバーゲンセールですね。

セット内容

R0152130
>>フィギュア本体、オプションヘッド、オプションハンドx5(右3左2)、シャボンランチャー、シャボンカッターx2、エイジャの赤石、クリップアームx2、台座、セリフプレート

セリフプレート以外の内容はファーストと同じ。

全身


前述の通り、ほぼアニメに準じた水色ベースのカラーリング。ただ髪色(アニメは淡い金髪)やシャツの色(アニメは白)など細部に差異が見られ、全く同じというわけではありません。

ファーストと。
R0152137
ファーストはシーザーが緑・ジョセフが青なのに対し、セカンドはシーザー青・ジョセフ緑とカラーイメージが逆転しています。

頭部

R0152139R0152141R0152143R0152145R0152147R0152149
ファースト版は肌のグラデーションが濃く色黒に見えましたが、セカンドは色白。色黒は色黒でチャラ男っぽさが強調されて悪くなかったと思いますが、色白のほうがイメージに近いですね。

参考までにファースト。
R0152151R0152153
個体差の可能性も捨てきれませんが、目元も改修されていると思います。

各部

R0152155R0152157R0152159R0152162R0152164R0152166R0152167R0152170R0152172R0152173
品質は特に問題なし。細かい塗り分けもキッチリ行われています。スタチューレジェンドとは異なり、超像可動は値上がりしてから品質が安定傾向にあります。

オプション

シャボンランチャー
R0152177
上はファースト版のもの。手首部分はもちろん、シャボンの色も違います。セカンドのほうが鮮やかに煌めいています。

手首ごと交換します。
R0152181R0152184
保持力も問題ナシ。ちなみにファーストはこのシャボンランチャーを持たせた状態で飾り続けていましたが、2年以上経っても手首がヘタることはありませんでした。

シャボンカッター
R0152186
これも上の2個はファースト版。ランチャー同様色が異なり、セカンドのほうが透明度も高くキレイです。

アタッチメントを取り付けることで浮かせて飾れます。
R0152190

ファースト版と組み合わせれば4個のシャボンを使用可能。
R0152192
4個あれば割と多彩な表情が付けられます。出来ればデフォで4個ぐらい欲しかったところ。

エイジャの赤石
R0152195
ファースト版の赤石が行方不明なのでセカンドのみ。多分棚に飾ってある誰かの首にかかってます(笑)。ファーストとの違いは色(金→銀)だけで、シャボンのように彩度の差は特にありません。

R0152197R0152200
専用の持ち手はありませんが、首にかけたり平手に載せたり出来ます。

セリフプレート
R0152202
セカンドのみのボーナスパーツ。台詞としての汎用性は皆無ですが、無いよりはあったほうがやはり嬉しいものです。「おれが最期に見せるのは~」でも良かった気はしますが。

アクションなどなど

総括

造形はもちろん塗装も丁寧で良く出来ています。アニメから入った方にはこちらのカラーリングのほうが馴染みがあるでしょうし、肌の色や関節(ファーストは手首がキツすぎる)など細かい点が改善されているのでそういった意味でもオススメです。

不満というか心残りなのは追加オプションに「鮮赤のシャボン」がないこと。ファースト版発売当時は「セカンドか、もしくはワムウあたりに付いてくるだろう」と考えていたのですが結局付かなかったですね。シーザーを象徴するアイテムなので出来れば用意して欲しかったです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿