アルファマックス 1/8 アリサ・イリーニチナ・アミエーラ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > アルファマックス 1/8 アリサ・イリーニチナ・アミエーラ レビュー

アルファマックス 1/8 アリサ・イリーニチナ・アミエーラ レビュー 

商品名:アリサ・イリーニチナ・アミエーラ
作品名:GOD EATER BURST(ゴッドイーターバースト)
発売元:アルファマックス
発売日:2014年5月上旬
価格:11,664円(税込)
原型製作:2%
備考:1/8スケール

アリサ

PSP/VITA用アクションRPG『GOD EATER(ゴッドイーター)』シリーズより、第二世代神機を操る少女「アリサ・イリーニチナ・アミエーラ」。第一作『ゴッドイーター』および同『バースト』ではメインヒロイン的なポジションで物語を盛り上げてくれました。

ゴッドイーターに登場するキャラクターとしては恐らく一番人気で、関連グッズの数もダントツ。フィギュアでもこの娘だけやたら立体化されています(笑)。2012年に他社から発売された『GOD EATER BURST(ゴッドイーター・バースト) アリサ・イリーニチナ・アミエーラ レビュー』も併せてご覧下さい。

余談ながら、今回から撮影に使用するカメラが変わりました(RICOH CX-5→PENTAX K-3)。だいぶ見やすくなったと思います。



パッケージ

IMGP0116IMGP0118
白を基調としたパッケージ。この配色は『2』のアリサを彷彿とさせます。

全身


神機を携えて地を駆ける躍動感溢れるポージング。台座も荒廃したフィールドをイメージした造形で作り込まれています。

かなり斜めったポーズで安定性に不安を覚えますが、台座とアリサ本体は金属製のピンで接続されているので経年劣化で倒れることはない……と思います。神機はプラスチック製なので軽く、透明の棒で支える形(右手は添えるだけ)なのでフィギュアの負担にはなっていません。

全高は台座抜きで約20cm(台座+1cm)
IMGP0133
左はPLUMアリサ。身体の向きが違うのでサイズ差がわかりにくいですが、ほとんど同じ大きさです(神機単体の比較は下で)。

頭部

IMGP0135IMGP0137IMGP0139
『2』ではやや大人びた顔立ちに変貌したアリサですが、こちらは『バースト』版ということでまだ幼さが残っています。PLUMのアリサより元デザインに忠実な造形で、文句ナシの出来映えだと思います。

トレードマークの帽子は取り外せます。
IMGP0140
だいぶイメージ変わりますね。なんか物足りない、とも言います(笑)。

各部

IMGP0141IMGP0142IMGP0143IMGP0144IMGP0146IMGP0147IMGP0151IMGP0149IMGP0161IMGP0154IMGP0159IMGP0158
接写出来ないと奥まった部位が撮りにくい……というのは置いといて。品質、造形ともに全く問題ありません。スカートはプラ製で別パーツですが、外せる構造になっていないのでキャストオフは(壊さないと)無理だと思います。トレードマーク(笑)の下乳は見えるところまでしか作られていません。

ストッキング越しの下着もしっかり作り込まれています。
IMGP0162IMGP0165
けしからん15歳です。

神機

IMGP0168IMGP0170
オールプラ製で全長は約30cm。これ単体でも「神機コレクション」として売り出せそうなほど秀逸な出来映えです。

PLUMの神機と。
IMGP0177
上がPLUM、下がアルファマックス版。ぱっと見、見分けが付かないぐらい良く似ていますが細部のバランスと色合いが多少異なります。アルファマックス版のほうが赤の発色が良く、逆にPLUMは落ち着いた色合いです。どちらが優れている……というほどの差はなく、好きずきのレベルですね。

ただPLUM版はフィギュアとの接続の都合上「柄」の先端が軟質素材で作られているので、そこは全てプラ製でシャープなアルファマックス版のほうが良く出来ています。

大きめ写真

総括

とても良く出来ています。PLUM版も良い出来でしたが、「戦う少女」のフィギュアとしては躍動感溢れるこちらのほうが上。台座が凝っているのもポイントです。価格はやや高めですが、アリサファン、ゴッドイーターファンなら買って損はないと思います。

2014年10月には同社から『2』バージョンのアリサの発売が予定されています。それは喜ばしいのですが、何故か「水着姿」というのが個人的に残念。アクションゲームのキャラクターは動いててナンボ、戦ってる姿が一番魅力的だと思いますし、PLUMのGEフィギュアが「静」のポージングで統一されているのでこちらは「動」で統一することで差別化を図って欲しかったところです。

まあ、冒頭でも書いたようにアリサのフィギュアは大量に出ているので普通の格好ではいい加減飽きられると判断したのかもしれませんが。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

現時点で一番造形の良いゴッドイーターフィギュアですね。

バーストが発売された頃にアニメイト渋谷店で神機が展示された際に見学に行ったことありますが、どちらかと云うと「アルファマックス版」の方が、展示物に近かったかなと思います。

コラボでもあった、アニメ店長のマネキンに持たせるのは凄くシュールだったのを覚えていますw
同時期のまどマギコラボの店頭CM、「まどかー、俺を契約してゴッドイーターになってくれ~」「リンドウ・・・」は店頭で笑いを噴出しそうになりましたよ。
[ 2014/08/20 10:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿