超像革命スペシャルバージョン ジョナサン&ディオフィギュア レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像革命スペシャルバージョン ジョナサン&ディオフィギュア レビュー

超像革命スペシャルバージョン ジョナサン&ディオフィギュア レビュー 

商品名:超像革命スペシャルバージョン ジョナサン&ディオフィギュア
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
製造元:メディコス・エンタテインメント
発送日:2014年5月上旬
価格:非売品
原型製作:PROGRESS
備考:TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』Blu-ray全巻購入特典

ジョナサン&ディオ

国民的アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』(第一期)の初回版Blu-rayを全巻購入すると貰える「ジョナサン・ジョースター」および「ディオ・ブランドー」のディスプレイフィギュア。製造・製作は超像可動やスタチューレジェンドシリーズでおなじみのメディコス、PROGRESSが手がけています。

現状、第一部のキャラクターは立体化の機会に恵まれていないのでアニメ版準拠とはいえジョナサンとディオのフィギュアは非常に貴重。だからこそ何としても手に入れたかったですし、届くのを心待ちにしていました。



パッケージ

IMGP0332IMGP0333
極めてシンプルな無地のパッケージ。輸送箱を兼ねていて剥き出しで送られてきます。思いっきりジョジョのフィギュアって書いてあるので家族バレしたくない人は要注意(笑)。

全身


春先のイベントでも彩色サンプルが展示されていましたが、まじまじと見るのはこの実物が初めて。クリアパーツがふんだんに使われており、普通に販売されているものと比べても何ら遜色ない出来映えです。一番下の黒い台座はなくても普通に自立出来ます。

ジョナサンとディオが対峙するのではなく、同じ方向を見据えているのがなんだか新鮮というか、二人の関係性を考えると深いものがあります。

ディオの腰に取り付ける支柱が用意されていますが、見映えが悪くなるので他の写真では使用していません。
IMGP0288
長く飾っておく場合は挿しておいたほうがいいと思います。

全高は約19cm
IMGP0285
脚がないという点を除けばスタチューレジェンドのフォーマットに準じています。

頭部

IMGP0303IMGP0300IMGP0301IMGP0298IMGP0299IMGP0302
アニメ版に忠実なデザイン。放映前は色々言われていましたが、今となっては見慣れてしまいましたね。ディオの耳にはきちんとホクロがあります。

石仮面。
IMGP0304
こちらは原作とそれほど差異はありません。化粧のような模様が入れられています。

各部

IMGP0290IMGP0293IMGP0291IMGP0292IMGP0294IMGP0295
品質は良好で、極端な個体差もあまりなさそうです。下手するといつものスタチューレジェンドよりキレイなぐらいではないでしょうか(笑)。

大きめ写真

総括

これぞ「ディ・モールト ベネ」な出来映えです。Blu-ray全巻購入した甲斐がありました。普通に販売するとしたら今の基準で考えると10,000円ぐらいでしょうか。特典としては破格の内容だと思います。

冒頭でも書いたように、ジョナサンもディオも今はまだフィギュアの数が圧倒的に少ないので、まともな出来の彼らのフィギュアを手に入れられたというだけでも大満足。個人的にアニメ関係のグッズはあまり食指が動かないのですが(コンビニのキャンペーンもアニメ偏重になって残念)、これだけのものを見せられたら納得せざるを得ないでしょう。

ちなみに第二期(三部)のBlu-ray初回版(1~6巻)にも同様の特典フィギュアが付くそうです。そちらはこれまで幾度となく立体化されている承太郎達ということであまりキャラクターとしての希少性はありませんが、スタチューレジェンドが「あんな出来」だったのである意味待望のフィギュアになるのかもしれません(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿