S.H.Figuarts[フィギュアーツ] マリオ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > S.H.Figuarts[フィギュアーツ] マリオ レビュー

S.H.Figuarts[フィギュアーツ] マリオ レビュー 

商品名:S.H.Figuarts マリオ
作品名:スーパーマリオ
発売元:バンダイ
発売日:2014年5月24日
価格:2,700円(税8%込)
原型製作:--
備考:--

マリオ

任天堂が世界に誇るコンピュータゲームの金字塔『マリオシリーズ』より、しつこくさらわれる姫を助けるため冒険を繰り広げるヒゲのおじさん「マリオ」。かつては「海外ではマリオよりソニックのほうが有名」というのがセガマニアの口癖であり矜持でしたが、今はもう世界的にもマリオのほうが遥かに有名でしょう。

ただその知名度に反して立体化される機会は滅多になく、フルアクションフィギュア化は今回が初めてとのこと。自分が初めて購入したゲームはファミコンの初代『スーパーマリオブラザーズ』で、ある意味マリオはオタクとしての原点ともいえる存在。ゆえに記念すべきこのアイテムを見過ごすわけにはいきませんでした。

オプションセットとしてマリオシリーズおなじみの土管やブロックが付属する「あそべる!プレイセット(A/B)」も同時発売されました。「S.H.Figuarts[フィギュアーツ] スーパーマリオ あそべる!プレイセットA/B レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP0622IMGP0623
ブロックやコインが大量に描かれた賑やかなデザイン。この商品単体では再現不可能な写真ばかり掲載されているのでプレイセットを買わないと侘びしい気持ちになれます(笑)。

セット内容

IMGP0629
>>フィギュア本体、ハテナブロック、スーパーキノコ、コイン、コイン用支柱(低)

シンプル過ぎるほどシンプルな内容。交換用の頭部や手首はありません(頭部はプレイセットにもない)。

全身


おなじみのオーバーオール姿での立体化。プロポーションもイメージ通りで、どこからどう見てもマリオです。

全高は約11cm
IMGP0652
大きさはねんどろいどと同じぐらいです。

頭部

IMGP0636IMGP0637IMGP0638
どの角度から見ても破綻していません。ちなみに帽子は着脱不可。

可動

IMGP0639IMGP0640IMGP0641IMGP0642
首はボールジョイント+ヒンジ可動。上方向には割と動きますが、デザインの都合上、下は向けません。横方向にも回しすぎると頭が外れます。

IMGP0643IMGP0644
肩はボールジョイント、肘は球体ジョイント、手首はロール軸。なるべく広く動かせるよう工夫されていますが、どうしても頭や胴体が邪魔になります。

IMGP0645IMGP0646
胴体の下半分に大きな球体関節が左右分割して仕込まれており、身体を反らせたり屈めたり出来るようになっています。腰を回すことは出来ません。

IMGP0647IMGP0648
股関節は球体ジョイント。腿上にロール軸。関節の中でここが最も大きく動かせます。

IMGP0649
膝は球体ジョイント、足首ボールジョイント。足首のジョイント軸が長めに取られているので接地性は比較的良好。

可動とは関係ありませんが、背中のパーツが外れるようになっています。
IMGP0650
これは別売りプレイセットに付属する、支柱を挿せるパーツと交換するための構造。つまりこの商品だけでは意味を成しませんが、一応この空いた穴に台座の支柱を挿すことも出来なくはありません。

オプション

ハテナブロック
IMGP0651
マリオシリーズではおなじみの叩くとアイテムが出てくるブロック。設定ではクッパに魔法で姿を変えられたキノコ王国の住人だそうです。

叩けるように宙に浮かべるパーツがプレイセットにしか付いていないので、それがないと手も足も出ません(笑)。
IMGP0653
マリオを座らせる椅子代わりにはなります。

コイン
IMGP0654
これまたおなじみのコイン。メッキ処理されていてピカピカです。

IMGP0655
ブロックの上に置けます。

スーパーキノコ
IMGP0656IMGP0657
マリオを巨大化させるスゴイキノコ。何らかの動力を備えているようで出現するとスライド移動する。斑模様も顔も丁寧に塗り分けられています。

IMGP0658
これもブロックの上に置けます。でもやっぱりブロック自体が浮いていないとイマイチ雰囲気出ませんね。

アクションなどなど

総括

出来はとても良いです。可動範囲は今ひとつですが、デザインがデザインなのでこれ以上求めるのは酷でしょう。

最大の難点はこの商品単体ではプレイバリューが低すぎるということ。付属品はいずれも持って遊べるようなものでもないし、浮かせて飾るのも困難なので基本的には立たせておくことしかできません。別売りのプレイセットと組み合わせることで解消出来ますが、これはもうプレイセットも込みでひとつの商品と考えるべきだと思います。

プレイセットは複数買いを想定した内容なので分売なのは有り難い仕様ですが、支柱と接続する背中のパーツぐらいはこっちに付けても良かったのではないでしょうか(複数あってもしょうがないですし)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ソニックのほうがカッコいい。にんきなくても俺はマリオより遥かに好きだわ。
[ 2014/06/17 19:24 ] [ 編集 ]
ソニックカッコ良いですよね!アニメの主題歌「SONIC DRIVE」も名曲だと思います!
[ 2014/06/17 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿