姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1500日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1500日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1500日目) 

七夕イブ


今日は彼女のお誘いでプラネタリウムに行ってきた。プラネタリウムって先々週行ったばかりだから正直なんでまた?って思ったんだけど、日程を見て納得。明日が七夕だからだ。そりゃあ本物の天の川を見るのが一番なんだけど、梅雨時はなかなか難しいからね。

ちなみに七夕の短冊はもう書いた。毎年恒例だからね。何を書いたかはまあ言うまでもないと思うけど、その話は七夕が終わった次回に取っておくということで、デートの話を続けよう。


プラネタリウムの他に、水族館にも行ってみた。この前美術館から来場者記念の変なバッジが届いたから美術館に行こうかな?とも思ったんだけど、彼女が美術館をあんまり好きじゃないものでね。行きたがらない所に無理矢理連れて行ってもしょうがないから、美術館の中の人には申し訳ないけど今回は遠慮させてもらった。


水族館はいいね。何度行っても楽しい。彼女は展示されている魚の中では特にマンボウがお気に入りらしくて、いつも楽しそうに眺めてる。ぬぼ~っとしたイキフンになんとなく親近感を覚えるのかもしれない。彼女も時々そういうところあるからね。そこがたまらなく可愛いんだけど。


今日はご飯もたらふく食べた。カレーにピザに……彼女の食欲はとどまることを知らない。だが、それがいい。やっぱり女の子はたくさん食べるほうが可愛いよね。……まあ、ギャル曽根ばりに食べられても引いてしまうけど。

期末テスト開始のお知らせ

明日から期末テストが始まる。なんか、ついこの前中間テストやったばかりの気がするんだけど……ちょっとテスト多すぎじゃない?テストなんて一学期につき一回でいいよ、一回で。

まあ、泣き言を言ったところでテストがなくなるわけでもないから、今回も頑張って「勉強」したよ。

これだけ一生懸命「勉強」に励む人間は歴史を振り返っても二宮金次郎と僕ぐらいのものだろうね。ゆくゆくは銅像が建てられてしまうかもしれない。まいったな。

……冗談はさておき、一学期の期末テストというのは夏休みを存分に楽しめるか否かの分水嶺と言っても過言ではないから、しくじることは許されない。逆に良い成績を残せば夏休みで少々羽目を外しても「しょうがねぇなあ(Z戦士)」と許される気がする。

だから頑張る。しゃにむに頑張る。ベストを尽くして結果を出すよ!

右の森の上


また彼女と旅行に行けることになった!行き先は日光でも箱根でも湘南でもなく……熱海!!僕たち二人にとって「第二の故郷」とも言える熱海にまた出かけられることになった。この前、「今度の旅行は熱海がいいなあ」と書いたけど、図らずもその夢が叶った形だ。

日程は少し先、7月30日からの二日間。ちなみに30日は水曜日。なんでその日にしたかというと、初めて僕らが熱海に出かけたのがちょうどその時期だったから。早く行きたいのはやまやまだけど、せっかく大事な記念日だからね。せっかちは悪いことじゃないけど、この場合はグッと我慢するのがスジってもんだ。

今年の夏休みも楽しくなりそう。彼女もすごく喜んでくれてたし、今から月末が待ち遠しいよ。旅行を思いっきり満喫するためにも明日からのテストは何としても良い結果を残さないとね。

雑談コーナー【テーマ:ダンカン馬鹿野郎(本心)】


たけし軍団の「ダンカン」の嫁が癌で死んでダンカン大号泣というニュースを先日耳にした。それ自体は悲しい事だと思うし、嫁への愛情が伝わってくるエピソードなんだけど、僕にはひとつ引っかかることがある。

それはダンカンが息子に「甲子園」なんてしょうもないDQNネームを付けているという事実。僕としてはその一点があるだけでどんだけ彼が泣きながら感動エピソードを語ろうが、ちっとも心に響いてこないんだよね。

死んだ嫁もそんな命名を認めた時点で同じ穴のムジナなわけで、そういうことしてるからバチが当たるんだよ……ってのは言い過ぎだけど、とにかく、同情心を大幅に阻害する要因であることは間違いない。こんなこと公の場で言ったら不謹慎&炎上不可避だから誰も口に出さないだけで、彼らの周りの人間も内心少なからず思ってるんじゃない?

だって甲子園だよ。いくら野球が好きだからってそんな名前子供に付けるか?付けられた本人が立派に成長してるから問題ない、なんてのは単なる結果論であって、それが元で人生を左右する致命的なトラブルが起きたらどうするつもりだったんだ?

ついでに言うと、葬儀で絶叫とかそういうダンカンのパフォーマンスじみた言動も大嫌い。よしんば一切の他意なく本心で嘆いているのだとしてもバカ丸出しで嫌い。男が泣くなとは言わない。僕だって愛する人間が死んだらきっと泣く。だけどガキじゃあるまいし何も大勢の前で叫ぶことはないだろ?何が「ママリン」だよ。バカじゃないの(嘲笑)

こう思ってしまうのも全てはDQNネームのせい。逆説的に言えば、DQNネームを付ける親は自分や身内に何か不幸が起きても同情されないという覚悟を背負うべき。本人には同情の声が寄せられてるかもしれないけど、そんなの社交辞令みたいなもんだからね。もしくはDQNネーム命名行為を何とも思わない同類のバカ。

ひとつだけ断っておくと、僕はいわゆるネット上で「DQNネーム」と括られる名前すべてがDQNネームとは思ってない。「普通の名前」の定義なんて時代と共に移り変わるものだから、ある程度は独創性のある名前でも構わないと思ってる。逆に「太郎」や「花子」のほうが何も考えてないようで可哀相じゃないかなとも思う。

でも物には限度というものがあるからね。人の名前に甲子園はない。未来永劫ない。そもそも親の趣味嗜好を子供の名前に反映するという発想が幼稚の極み。子供は子供、親の所有物というわけじゃないんだから、そこは切り離して考えなきゃダメだよ。そういう意味ではガンダム好きの土田晃之が娘にアイナと名付けたのもちょっとどうかなと思ってる。

ったく、こういうことするから芸能人は常識がないって言われるんだよ。実際その通りなのかもしれないけどさ。

パズル進捗状況


記事タイトルにもあるように、今日でパズルを作り始めてからピッタリ1500日。……だからって特に何かあるわけでもないんだけどね。ひとつの節目なのは確かだし、これまでパズルと共に培ってきた彼女との思い出が蘇って感慨深いものはあるね。

次は2000日を目指して頑張るぞ!


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿