「蜂の子」入りの炊き込みご飯を食べました

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > 駄文 > 食べ物 > 「蜂の子」入りの炊き込みご飯を食べました

「蜂の子」入りの炊き込みご飯を食べました 

今回は食べ物ネタですが、人によっては不快に感じるかもしれないので特にお食事中の方はご注意下さい。

先日、クロスズメバチの幼虫が入った炊き込みご飯を食べました。「へぼめし」という名前で、岐阜県の中津川市や恵那市の名物だそうです。
2014-07-13-17.49
虫はそれほど好きではありませんが、幼い頃にイナゴの佃煮を食べた経験があるからか昆虫食には特に抵抗がありません。

生きてる虫の何が嫌って、あいつら予測不能の動きをするじゃないですか。あれが怖いし、キモい。逆に言うと死んでいれば動くことがないので大丈夫です。衛生面の問題はさておき、極限状況に追い込まれれば「G」の名を冠する昆虫だって食べられると思います。食おうと思えば(王者の風格)

そんなわけで蜂の子です。蜂を食べるという風習は全国的に見られるので、イナゴ同様に昆虫食としてはイージーモードに属するのではないでしょうか。
2014-07-13-17.49.53
見た目もそれほどグロテスクではありませんしね。

肝心のお味のほうはというと、炊き込みご飯としては美味しかったですよ。生姜の風味が効いていて、これはアリだなと思いました。ハチだけど(激寒)

ただ、蜂の味はしません。蜂だけを食べてみても小さいので良くわからない。目を瞑って食べたら誰一人として蜂が入っていることには気付かないでしょう。それぐらい、味としての存在感がない。

だったら別に蜂なんて入れる必要なくね?って感じなのですが、それだと普通の炊き込みご飯になってしまいますからね。名物を名物として成立させるには、蜂の存在は不可欠なのでしょう。

蜂の子自体が高級珍味として嗜まれているようですが、正直こんなもののために高い金を払おうとは思わないですね。イナゴの佃煮のほうが遥かに美味しいと思います。

逆に言えば、味がないので「昆虫?オエー」って人でもビジュアル的なハードルさえ乗り越えれば気兼ねなく食べられます。岐阜へ出かけたら話のタネに一度は食べてみてもいいかもしれません。

個人的には更新一回分のネタになったので、それだけで満足しています(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿