魂EFFECTシリーズ BURNING FLAME RED/BLUE Ver. レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > 魂EFFECTシリーズ BURNING FLAME RED/BLUE Ver. レビュー

魂EFFECTシリーズ BURNING FLAME RED/BLUE Ver. レビュー 

商品名:魂EFFECTシリーズ BURNING FLAME RED Ver. / 魂EFFECTシリーズ BURNING FLAME BLUE Ver. 作品名:--
発売元:バンダイ
発売日:2014年7月19日
価格:2,376円(税8%込)
原型製作:--
備考:--

BURNING FLAME

フィギュアのプレイバリューを拡張するエフェクトパーツを展開する「魂EFFECT」シリーズより、燃え盛る炎を再現した「BURNING FLAME」。カラーバリエーションとして「赤」と「青」の2種類が発売されました。

シリーズ第1弾のインパクトエフェクトについては「魂EFFECT IMPACT Gray/Beige Ver. レビュー」をご覧下さい。



パッケージ

IMGP1365IMGP1366IMGP1367IMGP1368
ほぼ立方体に近いパッケージ。インパクトエフェクト同様、中敷きや説明書が付属せずコストダウンが図られています。

全体


材質はPVCでグラデーション塗装が施されています。それぞれの違いは色のみ。

形が違うように見えるのは小さいエフェクトを好きなところに取り付けられるためで、それによりある程度表情を付けられます。インパクトエフェクトと違ってただ置くだけで、台座に取り付けたりフィギュアを接続することは出来ません。

IMGP1373IMGP1374
大きいエフェクトのうち2つは真ん中にボールジョイントが仕込まれており、向きが変えられます。

パーツは全部で7つ。
IMGP1372
小さいエフェクトには接続部があるわけではなく、引っかける形で取り付けます。付ける場所は自由ですが、炎の流れに逆らって付けると不自然なので組み合わせは無限大というわけではありません。

想定した使い方かどうかは不明ですが、フィギュアに直接付けることもできます。
IMGP1376
だいたい直径1cmぐらいの部分に付けられます。

使用例


世界一炎が似合うブ男。


青い炎は難しい。手持ちでバッチリ似合うフィギュアが見当たりませんでした。でもAmazonの売り上げランクを見る限り、青のほうが売れてるみたいです。


水や氷として活用するのもアリかもしれません。


固定フィギュアにちょい足しするのも効果的。

総括

たかがエフェクトされどエフェクトということで、これを並べておくだけでフィギュアの見映えがグッと良くなります。その性質上ヒーロー系キャラクターとの相性が抜群なので、そういったフィギュアを集めている人は1セット揃えておくと何かと重宝するはず。例えばワンピースのエースのフィギュア等を持っている方は必須でしょう。

難点は値段がちょっと高いこと。ひとつふたつなら問題ありませんが、手持ちのフィギュアと1:1で集めるのは金銭的に辛いものがあります。特に気に入っているフィギュアの分だけ揃える、というのが現実的だと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿