スタチューレジェンド 第48弾 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 ペッシ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > スタチューレジェンド 第48弾 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 ペッシ レビュー

スタチューレジェンド 第48弾 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 ペッシ レビュー 

商品名:スタチューレジェンド 第48弾 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 ペッシ
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:ディ・モールト ベネ
発売日:2014年8月中旬
価格:8,640円(税8%込)
原型製作:PROGRESS&D・T
備考:--

ペッシ

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、ギャング組織パッショーネ暗殺チームの一人でプロシュートの弟分「ペッシ」。プロシュート兄貴に「マンモーニ(ママっ子)」と窘められる姿や殺人を犯して精神的成長を遂げる姿、そして激おこしたブチャラティにボコボコにされる姿は彼を語る上で決して外すことの出来ない名シーンです。

スタチューレジェンド 第31弾 ジョジョの奇妙な冒険 第五部 プロシュート&ザ・グレイトフル・デッド レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP2329IMGP2330
黒を基調としたパッケージで、模様は服の柄でもある釣り針の描かれたハートマーク。

全身


ポージングのモチーフはコミックス53巻『偉大なる死 その8』にてプロシュート兄貴の言葉が「言葉」でなく「心」で理解できたシーン。凛とした出で立ちにもう誰にも「マンモーニ」とは言わせない”スゴ味”を感じます。

全高(ペッシの頭の先まで)は約16cm
IMGP2341
ちょっと兄貴が小さい気もしますが、並べてもそこまで違和感はありません。台座は無くてもバランス良く自立します。

頭部

IMGP2343IMGP2342IMGP2344
重ちーやJ・ガイルにも引けを取らない人間離れした独特の顔立ちが忠実に再現されています。サンプルからの劣化が心配でしたが、製品でもキリッとした目つきが損なわれておらず安心しました。

各部

IMGP2345IMGP2346IMGP2347IMGP2348IMGP2349IMGP2350IMGP2351IMGP2352
ペッシ本体については品質、造形ともに特に問題ありません。

問題はスタンドのビーチ・ボーイ。
IMGP2354IMGP2355
個体差の可能性が大ですが、うちのは釣り針が変な結ばれ方をしていました(糸の遊びが不自然に長い)。修正を試みたものの歪んだナイロン糸がなかなかまっすぐにならず、悪戦苦闘しているうちにめんどくさくなってきて写真の状態で妥協しました。

あと上の全身像を見てもらえばわかりますが、竿自体が微妙に曲がってます。いずれも下手に自力で直そうとするより、変だなと思ったら交換を申し込んだ方が賢明だと思います。

大きめ写真

総括

造形はとても良く出来ています。こんな変なプロポーションのキャラクターをカッコ良く仕上げる手腕は流石としか言いようがありません(荒木先生の元デザインも含めて)。

品質も概ね良好ですが、上でも書いたようにうちのは釣り針の結び方が明らかにおかしく、その修正で無用なストレスを強いられました。些細な箇所ですが、目立つ部分でもあるのでどうしても気になっちゃいます。

その一点さえなければ文句ナシの商品なので、当たりを引き当てることさえ出来れば何の問題もなく満足出来るのではないかと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿