ロジクールマウス「M950t」が想像以上に使いにくかった件

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > 駄文 > インターネット/パソコン/家電 > ロジクールマウス「M950t」が想像以上に使いにくかった件

ロジクールマウス「M950t」が想像以上に使いにくかった件 

長年使い続けていたロジクール製マウス「MX Revoluton(以下、MX-R)」のチャタリングが抑止ツールでもフォロー出来ないほど酷くなってきたので、新しいマウスを購入しました。

IMGP3548
出来ることなら同じマウスを使い続けたかったのですが、MX-Rはとっくの昔に生産終了しているため、後継モデルである「M950t」を選択。ちなみに型番に「t」の付かない「M950」というモデルもありますが、M950の付属品を減らして価格を改定したのがM950tで、マウス自体の性能に違いはないようです。

MX-Rとの比較

IMGP3551
右が今回購入したM950t、左がMX-R。全体的なフォルムは酷似しています。USBレシーバーはかなりコンパクトになりました。

全く同じ形かというとそうでもなく、特に全高が異なります。
IMGP3553
これが実にクセモノで、M950tは側面上部のボタン(デフォルトでは戻る/進む)が押しにくいです。特に左側(進む)が遠い。

消えたフリップホイール

IMGP3555IMGP3556
MX-RにあったフリップホイールはM950tではオミットされています。フリップホイールに「コピー・ペースト」を割り当てていたため、無くなってしまったのは非常に痛いです。

代わりにズームボタンと下のほうにアプリスイッチャーボタンが用意されていますが、位置も形状も大きく異なるためスムーズに代用する……というわけにはいきません。とはいえ、仕方ないので妥協策としてズームボタンをコピー、スイッチャーをペーストに割り当て変更して使っています。いつか慣れることを祈りながら……。

無駄な中央ボタン

IMGP3560IMGP3559
不満ついでにもうひとつ。M950、MX-Rともに中央(ホイールの下)にボタンが用意されているのですが、MX-Rがここにも各種機能(ミドルクリックなど)を割り当てることが出来たのに対し、M950はホイールスクロール方式(クリックの有無)の切り替え専用と化しています。そんな機能のためだけにボタンをひとつ塞ぐのは無駄としか言いようがない。

ただMX-Rの場合もこのボタンは「検索ボタン」として固定されており、非公式の拡張を利用することで初めて自由な割り当てが可能になっていたので、しょうがないといえばしょうがないんですけどね。もしかしたらM950も何らかの方法で割り当てられるようになるのかもしれませんが、一通り試した限りではどうにもなりませんでした。

当たり前ですが、ホイールクリックはどちらも使えます。

充電方式の変更

とまあ、改悪点ばかり書き並べてきましたが、改良されている部分もあります。最大の改良と呼べるのは充電方式がクレードル給電からUSB給電に変更されたことでしょうか。

IMGP3562
MX-R最大の短所が「使い続けるうちにクレードルとの接点が劣化して充電しにくくなる」という点だったので、それが解消されたのは大いなる進歩といえます。

IMGP3564
電池も本体内蔵式のリチウムイオン電池から単三エネループ一本に変更されていますが、個人的にこれは大したアドバンテージには感じませんでした。電池を複数用意することで充電の手間と時間が省けるので、マウスを持ち運んで利用する人には有り難いでしょうね。

ヤフオク厳禁

これまでロジマウスを通算4~5台使ってきましたが、保証期間の3年以内にチャタリングが発生しなかったことは一度もありません。精密機器なので当然個体差はありますが、どう頑張っても5年は絶対持たないでしょう(一日2~3時間程度しか使わないなら別)。

この低い耐久性を不満点として挙げる方も多いようですが、自分は高性能であるが故の代償だと思って諦めています。保証期間内であれば問答無用で新品に交換してもらえますし、交換品をメーカーが先送りしてくれるので手元からマウスが消えることもありません。

逆に言えば、ロジクールのマウスを保証の利かないヤフオクなどで購入するのは愚行の極み。たとえ定価より安く手に入ったとしても結果的に高く付きます。

総評

この製品単体で評価するなら、「パフォーマンスマウス」の謳い文句に恥じない素晴らしいマウスだと思います。ただ、前機種であるMX-Rと比較すると「なんでこんな設計にしちゃったかな?」と残念な部分が目立ちます。とりあえず、元々あったものを無くすのはやめてくれと。

ネット上の評価が分かれているのも恐らくそのあたりが理由ではないかと。これまでシンプルなマウスしか使ったことがないのであれば「比較対象」がありませんから、上で述べた不満点も全く気にならないと思います。現時点での実売価格は8,000円程ですが、それだけの価値は十分にあるでしょう。

逆に自分のような「MX-Rからの乗り換え組」はある程度の使いにくさを覚悟しておいたほうが賢明です。どんだけ文句を言ったところで他に代わりとなる製品がない以上使い続けるしかないわけで、それならこちらが妥協して折れるしかありません。

一番いいのはMX-Rを再生産してくれることなんですけどね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

危ない、ヤフオクで買う所だった。ありがとうございます!
[ 2014/10/07 13:32 ] [ 編集 ]
そりゃ長く使っていたものから違う操作のものに変われば誰でも違和感がありますわな
マウスの形が手にあり得ないほどに合わないとかでない限りは全ては慣れの範疇です
[ 2014/12/16 16:41 ] [ 編集 ]
慣れの範疇かどうかは使い方にもあると思います。
ホイール手前でコピー、奥でペーストという使い方をしていた自分には
コピー、ペーストを離れたボタンで操作しなければいけない現状に妥協こそすれ、満足はしていません。

使い方の問題と言われればそれまでですし、他のユーザーが別に使いにくいわけではないと思うことを否定はしません。
あくまでも個人的にカスタマイズした使用法を前提とした評価です。
[ 2014/12/16 17:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿