アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん ~艦これ~ 大和 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん ~艦これ~ 大和 レビュー

アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん ~艦これ~ 大和 レビュー 

商品名:アーマーガールズプロジェクト 艦これ 大和
作品名:艦隊これくしょん -艦これ-
発売元:バンダイ
発売日:2014年10月30日
価格:12,960円(税8%込)
原型製作:--
備考:--

大和

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』より、連合艦隊旗艦として呉海軍工廠にて極秘建造された大日本帝国海軍が誇る大和型戦艦一番艦「大和」。フィクション、ノンフィクション問わずさまざまな作品で「最強の軍艦」として登場するため、知らない日本人は恐らくいないでしょう。男の子にとって永遠の憧れでもあります。

その”軍艦大和”を擬人化した”艦娘大和”が、装甲を纏った美少女を展開する「アーマーガールズプロジェクト」シリーズでバンダイから発売されました。あえて「大和改」ではなく改造前の大和であるところにバリエーション展開の思惑を感じます(笑)。



パッケージ

IMGP3840IMGP3841
紅白を基調に金色で大きく「大和」と書かれた晴れがましいパッケージ。小窓が設けられていないので中身は見えません。

セット内容

IMGP3816
>>艦娘本体、オプション顔×3、オプション手首×10(左右各5)、側面艤装×2、背面艤装、傘、専用台座

本体+顔+手首+台座という最低限の内容ですが、それだけで相当なボリュームを誇ります。台座は支柱の長さと角度が調整可能。

全身


艤装があちこち動くので位置合わせが大変。こういうフィギュアは一度ポーズを決めたら二度と動かしたくなくなります(笑)。側面の艤装を支える支柱が付属していますが、使わなくても保持は可能。接続部に負荷が掛かるので長時間飾っておく場合は使ったほうがベターでしょう。

艦娘のみで。

この状態なら自立出来ますが、接地性がイマイチなので立てるポーズはある程度限られます。

全高(艦娘のみ)は約14cm
IMGP3826
意図的か否かは不明ながらfigmaと同サイズなので、約1/12スケールということになります。

頭部

IMGP3850IMGP3851IMGP3852IMGP3853IMGP3855IMGP3856IMGP3857IMGP3858IMGP3859IMGP3895IMGP3896IMGP3897
通常顔、流し目、叫び顔、中破顔。流し目が一番良く出来ており、他もまずまずの出来映え。個体差かもしれませんが前髪パーツの接続が緩く、ちょっと触っただけで外れてしまうのが困りもの。

各部

IMGP3860IMGP3863IMGP3861IMGP3864IMGP3862IMGP3865IMGP3868IMGP3869IMGP3870IMGP3873IMGP3871IMGP3872
艤装はプラスチック製でグラデーション塗装が施されており質感良好。艦娘本体は至近距離で眺めると若干塗装が荒れています。

衣服の白い部分はパール塗装。腰の「穴」は塗装で表現されており、素肌の成型色と色合いが大きく異なるため肌が露出しているようには見えません。塗装での再現に関してはデザイン的に無理があるのでやむを得ないと思いますが。

IMGP3890IMGP3892
傘布は薄い素材でうっすら透けています。

下着は白。
IMGP3867
ちゃんとはいてます。さりげにここもパール塗装。

ギミック

IMGP3874IMGP3876
側面の艤装は背中の艤装とヒンジで繋がっており、横に拡げて艦娘の可動域を確保することができます。最も閉じた状態だと窮屈すぎて上半身がほとんど動けません。

主砲や副砲はそれぞれ砲塔が可動し、向きを変えられます。
IMGP3877IMGP3878
IMGP3882IMGP3881IMGP3879IMGP3880 

主砲は左右どちらかを動かすと中央の砲身が連動してちょうどいい位置にせり上がるギミックが設けられています。
IMGP3885IMGP3886

副砲の砲身も上下に可動。
IMGP3887IMGP3888
マニュアルには「砲身は連動しません」と書いてありますが、こちらも一応真ん中が連動してせり上がります(精度は低め)。

アクションなどなど

おまけ。

まるであつらえたように腰がフィットします。

総括

メカに強いバンダイらしい、安定した仕上がりです。パーツの保持力が高く全体的にカッチリしているので複雑なデザインの割には遊びやすく作られています。艦娘の塗装(と前髪ボーン)はもうちょっと頑張って欲しかった気もしますが、可動フィギュアということを考慮すれば及第点はあげられます。

figmaの艦これが「フィギュア」であるのに対し、こちらは玩具的なアプローチの製品なので、一概にどちらが優れているとは言えません。仮に今後大和がfigmaで出る事があっても住み分けは出来るのではないでしょうか。一番ベストなのはfigmaの大和にAGPの艤装を装着することかもしれませんが(笑)。

現時点で大和改が発売されるかどうかは定かではありませんが、ボーナスパーツとしてエフェクトや新造フェイスが付属したら買っちゃうかもしれません。それより先に武蔵を出して欲しいですけどね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿