姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1640日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1640日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1640日目) 

ボウリングデート


今日は彼女のお誘いで、ボウリング場に行ってきた。彼女のほうからその手のアグレッシヴなスポットへ行こうと言ってくれるのは割と珍しい。とにかく、体を動かしたがらないことにかけては世界レベルだからね。そこがまた、彼女の魅力でもあるのだけど。

ともあれ、誘われたからには不甲斐ないところは見せられない。スーパーボウリンガーと呼ばれた僕の腕の見せ所だ。

……結果は、悪くはなかった、とだけ言っておこう。良かったとも言わないけど、別にガチの大会ってわけでもないんだから、ま、多少(の失敗)はね?何よりすっげぇ楽しかったし、何の問題もないね♂

体動かしたらお腹が空いたので、久しぶりにラーメン食べに行ったよ。寒い夜にはラーメン(至言)……夜じゃないけど。

僕はボリュームたっぷりのチャーシューメン、彼女はベーシックなしょうゆラーメンセットを注文。美味しかったわ^~。もはやラーメンは日本人の国民食と言っても過言ではないね。ムードもへったくれもないけど、逆にそういう場所へ気兼ねなく寄れるような関係になったことを幸せに思う。

それに、最近はそうでもないかもしれないけど、女の子ひとりでラーメン屋に入るのは抵抗あるだろうしね。デートでラーメン屋って意外とアリなんじゃない?もちろん、毎度毎度ってわけじゃなくて、たまにはね。


ラーメン屋に寄ったついでに、久々に電気街をブラブラした。特に何を買うでもなく、もちろん、メイド喫茶に寄るでもなく(笑)。あんな悲劇はもう二度と繰り返さないよ。ていうか、そもそも僕はメイド喫茶とかコスプレとか、そういうの興味ないしね。ホントだよ。

ザーピー

今日は彼女に晩ご飯もごちそうになった。明日休みだから、今日は心身共にリラックスムード。


メニューはピザ。宅配じゃないよ?彼女お手製のスペシャルデリシャスミックスピザだよ!これがマジウマでねぇ……思わず「シェフを呼べ!」と叫びたくなるレベル。目の前にいるにもかかわらず、だ。


今日だけに限らず今週も彼女の料理をたくさん食べた。うまし。何もかも、うまし。僕の味覚が小4レベル(ケチャップ大好き!)であることを差し引いても、非の打ち所のない完璧な出来映えだ。言葉では伝えきれないのがもどかしいね。

雑談コーナー【テーマ:流行語大賞予想】


今年も流行語大賞の季節がやってきましたな。こういう話は発表された後にしてもカッコ悪いから、事前に僕なりの予想を立ててみるよ。あえてね(HND)←個人的にはコレが今年の流行語なのだけど、ノミネートされてないようだ。汎用性高くて良いと思うんだけどな。

汎用性という意味では、デング熱だとか妖怪ウォッチだとかは「流行語」としては、ない。実際、過去に「たまごっち」やら「狂牛病」やらもノミネートはされつつ大賞には選ばれていないから、今回も恐らくないだろう。同じ理由でビットコインや塩レモンも消えた。……塩レモン?なにそれ!?

「そんな言葉初めて聞いたぞ」って単語がノミネートされてるのも流行語大賞の特徴ですな。塩レモンもそうだし、他には政治絡みのネタにも多い。僕のアンテナが低いだけと言われたらそれまでだけど、やっぱ大賞に選ばれるからには「誰もが知ってるフレーズ」でなければならない。「壊憲記念日」やら「トリクルダウン」は消えた。何だよトリクルダウンって。

そうなってくると残るのは「STAP細胞はあります」「ゴーストライター」「号泣会見」「ありのままで(レリゴー)」「ダメよ~ダメダメ」あたり。結論を言ってしまうと、「ダメよ~ダメダメ」はほぼ間違いなく選ばれる。汎用性という意味でも大賞の条件を満たしているし、知名度も十分。好き嫌いは別にして、耳に残るフレーズには違いないだろう。

問題はそれ以外だね。個人的には”バカオールスターズ2014”の先陣を切った佐村河内氏を評価したいのだけど、「ゴーストライター」はちょっとフレーズとして弱い。他の文脈で使いようがないからね。SMRGUCは会見でもっとインパクトのある言葉を放つべきだった。詰めが甘い。BLEACH全巻捨てます。

インパクトとしては「号泣会見」に勝るものはないけど……これも汎用性低いからなぁ。ただ、そのデメリットを吹き飛ばすほどの強烈な印象を視聴者に与えたのは確かだ。「これ!」という決め台詞を放てなかったのが惜しいけど、よく頑張った。

「汎用性」と「インパクト」のバランスにおいて、「STAP細胞はあります」は絶妙。「STAP細胞」だけでもノミネートは出来ただろう。しかし、小保方氏はそれに甘んじることなく、「ありまぁす!」というフレーズを付け加えることで、「固有名詞系」の欠点である汎用性の低さを克服した。これは評価すべきだと思う。

だから僕は、今年の流行語大賞に「STAP細胞はあります」を推す。逆に、これが選ばれなかったら選考者も大したことない。流行語の何たるかをわかってない証拠だからね。そうならないことを祈るよ。

あとひとつ選ぶなら、「面白味のない枠」として「集団的自衛権」「危険ドラッグ」あたりか。大賞・トップテンの発表は12月1日月曜日。さて、どうなりますやら。

パズル進捗状況


まだまだ先は長い。やっぱ色数の少ないパズルは難しいわ。だが、それがいい。

お礼

ふぃぎゅる!』様、
ジョジョの奇妙な冒険 クムクムパズルアーティスティック 石仮面 レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿