G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽ver.チャイナ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メガハウス > G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽ver.チャイナ レビュー

G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽ver.チャイナ レビュー 

商品名:G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽ver.チャイナ
作品名:銀魂
発売元:メガハウス
発売日:2014年12月中旬
価格:9,504円(税8%込)
原型製作:稲田真樹(HEPTA)
備考:--

神楽

週刊少年ジャンプ連載の漫画『銀魂』より、万事屋で住み込みとして働く戦闘民族・夜兎の少女「神楽」。およそヒロインらしくないヒロインという特異なポジションを築き上げ、二次元美少女界に燦然と輝いています。

以前発売された「吉原炎上篇」の着物姿に続き、今回はトレードマークのチャイナ服と番傘姿で立体化されました。着物ver.は価格が税込7,560円だったので、大幅に値上がりしています。これも時代の流れですね……といっても一年半ぐらいしか経っていませんが(笑)。

G.E.M.シリーズ 銀魂 神楽 レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP5764IMGP5765
ピンク色を基調としたパッケージ。

全身


おなじみの赤いチャイナ服。普段着のパンツルックのほうがよりおなじみですが、流石にあれは色気がなさ過ぎるので、こちらを採用したのは正解でしょう(笑)。スリットから覗く御御足に健康的なエロスを感じます。

日差し除けの番傘は酢昆布と交換出来ます。

差し替えパーツは頭部のみで、傘も酢昆布も同じ手首で掴みます。そのせいで酢昆布の握りがちょっと緩いです。

全高(傘除く)は約23cm
IMGP5778
着物ver.と原型師は異なりますが、サイズや台座のデザインなど、ある程度仕様の統一が図られています。

頭部

IMGP5781IMGP5782IMGP5783IMGP5784IMGP5785IMGP5786
通常笑顔と酢昆布を噛みしめた満面の笑顔。やはり神楽といえばこのニンマリ顔ですね。

ちなみに着物ver.の頭部とはほぼ同サイズですが、接続部の形状が大きく異なるので互換性はありません。着物頭部+チャイナ胴体の組み合わせなら多少の加工(首元を削る)で取り付けられそうなので、着物ver.を2個買いしてチャレンジしてみるのもいいかも?

各部

IMGP5787IMGP5788IMGP5789IMGP5790IMGP5791IMGP5792IMGP5793IMGP5794IMGP5795IMGP5796
品質、造形ともに良好。ゴールドのラインも丁寧に塗られています。ドレスにピッチリ張り付いた胸やお尻がなかなかセクシーです。ちょっとスリットの端からパンツ見えてんよ~(指摘)。

番傘は硬質素材でシャープに作られています。IMGP5798IMGP5799
手に持たせるために、柄先が外れます。接続軸が細いので破損注意。

酢昆布も丁寧に塗り分けられています。
IMGP5801IMGP5802
(恐らく)大人の事情でロゴは描かれていません。米粒のように小さいので紛失注意。前述の通り、持ち手がちょっと緩いため、酢昆布を持たせて飾る場合はテープか何かを挟んだほうがいいかも。

気になるおパンツは白。
IMGP5806IMGP5811
きっちり作り込まれていますが、ドレスの構造的にしっかりとは見えません。キャストオフも出来ないと思います。しっかり見たいなら着物ver.を買いましょう(笑)。

大きめ写真

総括

とても良く出来ています。先に発売された着物ver.と併せれば、艶やかさと天真爛漫さが同居した神楽の持つ立体的な魅力が存分に堪能出来ます。

どちらか一方を選ぶとすれば、やはりいつも見慣れたデザインであるこちらに軍配が上がるでしょうか。フィギュア自体の出来としては甲乙付けがたく、ファンなら両方買うのがベストであることは間違いありません。

ここまで来たらナイスバディな「神楽さん」も是非出して欲しいです。お願いします。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿