グランドアニキャラヒーローズ ゴッドイーター2(全8+1種) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > グランドアニキャラヒーローズ ゴッドイーター2(全8+1種) レビュー

グランドアニキャラヒーローズ ゴッドイーター2(全8+1種) レビュー 

商品名:グランドアニキャラヒーローズ ゴッドイーター2
作品名:GOD EATER 2(ゴッドイーター2)
発売元:プレックス
発売日:2015年2月上旬
価格:1個699円、1BOX6,291円(税8%込)
原型製作:--
備考:1BOX9個入り、全8種+シークレット1種、専用ケース付き

ゴッドイーター2

大人気アクションゲーム『GOD EATER 2(ゴッドイーター2)』より、アラガミ討伐に奮闘する「フェンリル極東支部」の面々がトレーディングフィギュアとして発売されました。

キャラクターのラインナップは「アリサ・イリーニチナ・アミエーラ」「ジュリウス・ヴィスコンティ」「真壁ハルオミ」「ギルバート・マクレイン」「雨宮リンドウ」「シエル・アランソン」「ソーマ・シックザール」「エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ」の8種に、シークレット「エミール・フォン=シュトラスブルグ」を加えた全9種。

ゴッドイーターのフィギュアで男性キャラがラインナップされるのは非常に珍しいため、トレフィグとはいえ楽しみにしていました。



配列

IMGP7557
配列は上段左から横に「ジュリウス」「シエル」「ギル」、中段左から「アリサ」「エリナ」「ハル」、下段左から「リンドウ」「ソーマ」「エミール(シークレット)」でした。シークレットが右下なので固定アソートのようにも思えますが、1BOXしか買っていないため断定は出来ません。ただ、1BOX買えばシークレットを含めた全種揃うのは間違いないと思います。

どれも似たような形状、重さなので手に持ってのサーチは難しいと思います。

アリサ・イリーニチナ・アミエーラ


フェンリル極東支部直轄の支援部隊「クレイドル」に所属する第二世代神機使いの少女。『2』ではサブキャラの一人という扱いながら、その人気は健在で、真っ先に立体化されるのは決まってこの子(笑)。

フィギュアの出来は、正直今回のラインナップで一番イマイチ。他のキャラもそうなんですが、肌が塗装(非グラデ)なので汚らしく見えるんですよね。アリサの場合は顔立ち自体、サンプルより劣化しています。瞳と顔全体のバランスが明らかに違う。

下着は白。
IMGP7571
ゲームでは黒なのに、何故か白を採用しているフィギュアが多いですね(PLUM版、フィギュアーツ版等)。

全高は約6cm
IMGP7566
ちょうどねんぷちサイズ。他のキャラも同様です。

当商品には、フィギュアを納める小型のアクリルケースが付属しています。
IMGP7565IMGP7568
手前の面が扉になっており、ケース同士、上下に連結することも可能。ケースを別途用意するとそれなりに費用が掛かるので、これは嬉しい配慮。小さめのフィギュアなら何でも収まりますし。

ジュリウス・ヴィスコンティ


フェンリル極致化技術開発局所属「ブラッド」の隊長を務める青年。『2』の主人公の上官にあたり、後に世界の存亡に関わる重要な役割を背負うこととなります。ゲーム中の台詞からファンの間で「ピクニック(隊長)」と呼ばれ、公式でも逆輸入する形でネタにされました。

記念すべき初の立体化(かな?)。これもサンプルとは顔立ちが微妙に違って見えますが、首から下の露出度が低いおかげで塗りもあまり気にならず、割と良い出来。

真壁ハルオミ


フェンリル極東支部第四部隊の隊長を務める青年。通称「ハルさん」。軟派な性格ながら決める時はビシッと決めるナイスガイで、「声が三木眞一郎」と言えば、だいたいどんなキャラか想像が付くのではないでしょうか(笑)。DLCにて、オペレーターを務める実弟が登場しました。

今回一番良く出来ているのがこのハルさんだと思います。ジュリウス同様塗り肌が気にならず、なおかつデフォルメ具合が絶妙。タレ目好きにはたまらないでしょう。

ギルバート・マクレイン


「ブラッド」に所属する、『2』主人公の先輩にあたる青年。通称「ギル」。当初は自身の過去にまつわる罪悪感から、塞ぎ込んだり仲間と諍いを起こしたりしていたものの、次第に打ち解け、チームの良き兄貴分として経験の浅い後輩達を引っ張っていきます。一言で表すなら「コミュ力のあるソーマ」(笑)。

帽子のせいで思わず「これマジ?」と言いたくなるバランスですが、出来は良好。切れ長の瞳も上手くデフォルメされています。

雨宮リンドウ


かつて、フェンリル極東支部第一部隊を率いていた男。『2』ではクレイドルの一員として幻のアラガミ「キュウビ」を追うさなか、『2』の主人公らブラッドの面々と合流することになります。前作ラストで幼馴染の橘サクヤと結婚し、現在は子持ちのお父さん。

あまり面白味のない造形ですが、出来としては悪くないですね。髪で隠れている左目もきちんと作られています。

シエル・アランソン


「ブラッド」に所属する、児童養護施設「マグノリア・コンパス」出身の少女。良くも悪くも特別扱いされがちな『2』主人公に対し、「友達」として一歩踏み込んだ関係を築いてくれる貴重な存在です。とあるイベントでは、豊満な胸を主人公に押し当ててきてくれます(笑)。

アリサに続いて出来が微妙な子その2。サンプルは普通に可愛いのに、これも瞳が劣化しています。

下着はピンク。
IMGP7623
設定通りです。

ソーマ・シックザール


かつてはリンドウや『1』主人公と共に第一線でアラガミと戦い続けた青年。『2』では研究者としての側面が大きく描かれ、同じく研究者であった父・ヨハネスとは別のアプローチで、人類の未来のための研究を続けています。前作で心を通わせたアラガミ少女・シオに対する思慕の念は極めて強く、この人はもうちょっと身近な人達とも距離を縮めて接するべきだと思います(笑)。

フィギュアの出来は、まずまず。色黒のおかげか、肌も割とキレイに見えます。ただ呆けたように見える表情が残念。

エリナ・デア=フォーゲルヴァイデ


フェンリル極東支部に配属された新人ゴッドイーターで、前作にて不慮の死を遂げた超絶人気キャラ「エリック・デア=フォーゲルヴァイデ」の実妹。ストーリーには直接絡まないサブキャラクターの一人ですが、主人公を先輩と慕ったり、エリックの死に責任を感じるソーマの過剰な気遣いに反発したりと、印象的な見せ場が用意されていました。

これもサンプルより劣化していますが、かろうじて「可愛い」と思えるレベルに踏みとどまっています。今回の女性陣では一番良い出来ではないかと。

下着は白。
IMGP7628
ゲーム中の「白……だった?」という選択肢がとても印象深い。

エミール・フォン=シュトラスブルグ(シークレット)


極東支部第一部隊のゴッドイーターで、騎士道精神に溢れる男。突然ダークエミールに覚醒したりする。登場シーンは全てギャグと言っていいほどのネタキャラですが、神機使いとして人々を守りたいという想いは人一倍強く、その点は仲間にも(煙たがられつつも)認められています。

彼の独特の立ち位置はフィギュアでもある意味忠実に再現されており(笑)、完全なネタ枠ながら出来は良好。瞳を閉じているのでアイプリントの違和感もありません。ただ、「なんでこいつがシークレットなんだよ」という根本的疑問は生じます(笑)。てっきりキグルミだと思ってましたよ。

集合写真


この並びで飾るのが一番しっくり来ると思います。ちなみにケースの連結方向は縦のみで、横には繋がりません。

総括

総じて女性キャラより男性キャラのほうが良く出来ています。男性キャラは立体化の機会に恵まれないため、出来が良いのは嬉しいところ。これで出来が「女性>男性」だったら目も当てられません。

いずれにせよ、全体的にサンプルからの劣化が見られるのは残念です。1個700円ではこの程度が限界なのかもしれませんが……二度と立体化されなさそうなキャラもいるだけに、もう少し頑張って欲しかった。とりあえず、塗り肌はやめてください。

上でも書いた通り、専用ケースが付いているのは良心的で、値段によってはケース目当てで買うというのもアリかもしれません。

ラインナップがあからさまに中途半端なので、次弾も恐らく考えられていると思いますが、今回の売り上げ如何ではこのままシリーズ打ち切りという可能性もあります。ナナやカノンを出して欲しい方は、是非とも売り上げに貢献してあげて下さい(笑)。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿