超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 70.キッス レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 70.キッス レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 70.キッス レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第6部 70.キッス
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2014年12月下旬
価格:5,400円(税8%込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

キッス

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、空条徐倫の仲間「エルメェス・コステロ」が操る、シールを貼り付けた物体を分裂させる能力を持つ人型スタンド「キッス」。特殊能力を備えたスタンドは肉弾戦における基本性能が比較的抑えられる傾向にありますが、このキッスは精密動作性以外全てAという、非常に高性能なスタンドとして設定されています。

前弾のアナスイ同様、発売からレビューまで時間が経ちすぎてしまったため、一部省略して紹介します。



パッケージ

IMGP7961IMGP7962
ピンクを基調としたパッケージ。

セット内容

IMGP7966
>>フィギュア本体、オプション頭部、オプション手首×7(右4左3)、背中パーツ×2、専用台座

非常にシンプルな内容。最近こういった最低限のオプションしか付かない商品が多いですね。

全身

.
グリーンとイエロー(ゴールド)を基調に、模様としてピンクを配した派手なカラーリング。デザインは首から下は比較的大人しめですが、頭部は極めて独創的。頭頂部の突起は形といい色合いといい、「人生ゲームのコマ」にそっくりです(笑)。10本生えているので10人家族ですね。

可動に関してはわざわざ解説する必要もないほどオーソドックスですが、首の可動が極めて狭く、ピンクの襟パーツが干渉してほとんど下を向けません。首と襟パーツの間に僅かな隙間があるので「顎を引く」ぐらいは出来ますが、それが精一杯と言えます。

背中の菱形の部分は差し替えが可能。
IMGP7981IMGP7982
台座接続用に穴の空いたものが付属します。頭と手首を除くと、これが唯一のオプションです(寂しい……)。

全高は約16.5cm
IMGP7979
突起を除いた背丈は同じぐらいですが、腰の位置はストーンフリーのほうが高く、スマートなプロポーションです。

頭部

IMGP7985IMGP7986IMGP7987IMGP7988IMGP7989IMGP7990
通常顔と叫び顔。いわゆる「エコーズ」タイプの目なので個体差が少なく、ポージングの際に視線を限定されないメリットがあります。

各部

IMGP7991IMGP7992IMGP7993IMGP7994IMGP7995IMGP7996IMGP7997IMGP7998IMGP7999IMGP8002
比較的塗り分けが少ないおかげもあり、品質は良好。キスマークや胴体の「K・I・S・S」模様も丁寧に塗られています。

アクションなどなど

総括

付属品が少なすぎるという点を除けば完璧な出来映え。本体そのものの出来は満点に近く、デザイン上の制約から首が動かしづらいこと以外、これといった不満は思いつきません。瞳がないおかげで品質的な個体差が少ないのも魅力のひとつ。選別の出来ない通販などでも安心して買うことが出来ます。

ただやはりオプションに乏しいというのは寂しいので、プレイバリュー拡充のためにも兄貴の発売が待たれます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿