超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 64.ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 64.ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第5部 64.ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第5部 64.ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2014年5月下旬
価格:5,940円(税込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

GER

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、第五部主人公「ジョルノ・ジョバァーナ」のスタンド「ゴールド・エクスペリエンス」が矢の力で進化した姿「ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム」

先に色違いの「WF限定版」をレビューしてしまったので、こちらはもういいかな?と思ったのですが、通常版もレビューして欲しいと要望を頂いたため、今更ですが紹介しておきます。「超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム WF2015[冬]限定版 レビュー」も併せてご覧下さい。

ちなみに発売当時に報告したとおり、うちの個体は「握り拳が両方左」というエラー品でした(→『超像可動 ゴールド・エクスペリエンス・レクイエム』が両左手の男だった件)。



パッケージ

IMGP8066IMGP8067
オレンジを基調としたパッケージ。

セット内容

IMGP8071
>>フィギュア本体、オプション頭部、オプション手首×7(右4左3)、台詞プレート、専用台座

WF限定版との違いはプレートの種類(限定版は擬音)とジョルノ新規頭部の有無のみです。

全身


通常版は最もベーシックなゴールド基調のカラーリング。名は体を表すという意味では、こちらのほうがイメージ通りと言えます。

全高は約16cm
IMGP8081
ただ単に色が置き換えられているだけでなく、塗り分けも多少異なります。

頭部

IMGP8082IMGP8083IMGP8084IMGP8085IMGP8086IMGP8087
特徴的な大きく見開いた瞳が忠実に再現されています。塗装、アイプリの精度も良好。

限定版はこちら。
IMGP8088IMGP8089
顔は通常版のほうが目元がハッキリしていて好きですね。うちの限定版は瞳がズレているというのもありますが……。

各部

IMGP8091IMGP8092IMGP8093IMGP8094IMGP8095IMGP8097IMGP8098IMGP8100IMGP8101IMGP8104
品質はとても良好。腕や脚の模様も丁寧に塗り分けられています。独特のヌメッとした質感もイイ感じです。

オプション

台詞プレート
IMGP8106

コミックス63巻収録「ゴールド・E・レクイエム その2」で使われた吹き出しを再現したプレート。ちなみに発言者はジョルノではなく、ゴールド・E・レクイエム自身。限定版付属の擬音に比べると汎用性に欠けますが、あったらあったで嬉しいオプションです。ただ、どちらかというと「無駄無駄」台詞のほうが需要はあると思いますが。

アクションなどなど

総括

色違いがイベント限定品として選ばれるだけのことはあり、とても良く出来ています。品質も(拳が両方左だったこと以外)申し分なく、オプションがやや寂しいという点を除けば満点を付けられる商品です。

通常版と限定版、どちらが良いと感じるかは人それぞれでしょう。限定版には「ジョルノ用の新規頭部」がボーナスパーツとして付属するため、商品としては限定版のほうがお得ですが、フィギュア本体はそれぞれの良さがあるので、一概にどちらがオススメとは言えません。もちろん、両方手に入るならそれに越したことはないのですが。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿