G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー 八神ヒカリ&テイルモン レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メガハウス > G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー 八神ヒカリ&テイルモン レビュー

G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー 八神ヒカリ&テイルモン レビュー 

商品名:G.E.M.シリーズ デジモンアドベンチャー 八神ヒカリ&テイルモン
作品名:デジモンアドベンチャー
発売元:メガハウス
発売日:2015年2月下旬
価格:5,184円(税8%込)
原型製作:ATTM(彩色:たぅもけい)
備考:初回特典付き

八神ヒカリ&テイルモン

『デジタルモンスター』シリーズのTVアニメ第1作『デジモンアドベンチャー』より、主人公・八神太一の妹「八神ヒカリ」と、彼女のパートナーデジモン「テイルモン」。同時発売として「高石タケル&パタモン」がラインナップされており、先に「八神太一&アグモン」や「石田ヤマト&ガブモン」も発売されていますが、自分が購入したのはこれのみ。

何故これだけ買ったのかというと、女の子だから……というわけではなくて(笑)、デジモンのような少年向けの作品って女性キャラクターはあまり商品化されないんですよね。デジモンの玩具は放映当時にいくつか発売されていますが、アグモンやパタモンが商品化される中、テイルモンは華麗にスルーされていました。

だから今回G.E.M.シリーズとして立体化が決定した際、これだけは絶対に買おう!と決めていたわけです。他のキャラクターも興味がないわけではないのですが、そこまでデジモン直撃世代というわけでもないし、まあいいかなと……。



パッケージ

IMGP8569IMGP8570
青を基調としたパッケージ。

初回特典としてデジモンカードが封入されています。
IMGP8572
カードといっても薄っぺらい紙一枚なので、大したものでもありません。

全身


笑顔でお互いの手の平を合わせた、二人の仲の良さが伝わってくるポージング。固定フィギュアですが、ヒカリ・テイルモン共に首がボールジョイントになっていて顔の向きを変えられます。

全高はヒカリが約7.5cm、テイルモンが約6cm
IMGP8581
かなり小さいです。一般的なスケールフィギュアはおろか、figmaより小さいぐらい。実物を見たことがなかったので、正直もうちょっと大きいものだと思っていました。

頭部

IMGP8583IMGP8585IMGP8586IMGP8587IMGP8588IMGP8589IMGP8590IMGP8591IMGP8592
ヒカリの頭部は差し替えで2種類用意されています。出来は特に問題なし。テイルモンのつぶらな瞳もしっかり再現されています。

各部

IMGP8594IMGP8595IMGP8597IMGP8596IMGP8598IMGP8599
品質は可も無く不可も無く。首にかけたホイッスルがもっさりしていますが、サイズがサイズなので致し方なし。服が単色なため塗り分けが少なく、目立った粗は見られません。ちなみにキャストオフとかそういうギミックはありません。

大きめ写真


こんな姿で姉御肌ってのに言い知れぬエロスを感じる。一時期薄い本を探しました……(小声)


これはこれで可愛いと思う。


逆は怖いけど。

総括

念願のテイルモンフィギュアってことで期待していたのですが、ちょっと小さすぎるかなぁ……。出来自体は決して悪くないのですが、一昔前なら600~800円のトレフィグとして売られてもおかしくないサイズですからね。

元々小柄なキャラクターというのもあるかもしれませんが、いずれにせよこれで定価4,800円(+税)はキツイというか。もちろんコスト面での事情は理解していますが、それならもうちょっと値段上げてサイズも大きくしてくれたほうが個人的には嬉しかったです。

ただ、他のキャラも含め、シリーズで揃えるつもりの人にとっては大きさも価格も手ごろで有り難いのかもしれません。そういう意味では「トレフィグの高級版」と考えて、シリーズ通して購入することをオススメします。せめてお兄ちゃんぐらいはいたほうがいいでしょう。

とはいえ、可愛いテイルモンが手に入っただけでそれなりに満足はしているのですが。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿