スタチューレジェンド 第54弾 ジョジョの奇妙な冒険 オインゴ&ボインゴ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > スタチューレジェンド 第54弾 ジョジョの奇妙な冒険 オインゴ&ボインゴ レビュー

スタチューレジェンド 第54弾 ジョジョの奇妙な冒険 オインゴ&ボインゴ レビュー 

商品名:スタチューレジェンド 第54弾 ジョジョの奇妙な冒険 第3部 オインゴ&ボインゴ
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:ディ・モールト ベネ
発売日:2015年3月下旬
価格:13,824円(税8%込)
原型製作:PROGRESS & D・T
備考:--

オインゴ・ボインゴ兄弟

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、エジプト9栄神としてジョースター一行を狙う兄弟「クヌム神のオインゴ」「トト神のボインゴ」。テレビアニメでも印象的な活躍を見せたオインゴボインゴブラザーズが仲良くセットで発売されました。

発売日の時点でアニメはちょうどホルホース&ボインゴ戦の真っ最中で、タイミング的に非常にタイムリー。「例の歌」のインパクトも相まって、販促効果は抜群でしょう(笑)。



パッケージ

IMGP9642IMGP9643
緑を基調としたパッケージ。模様にはオレンジが描かれています。

IMGP9644
機械仕掛けのオレンジが混じっているのが芸コマ。

全身


ポージングのモチーフは初登場回であるコミックス20巻収録『「クヌム神」のオインゴ「トト神」のボインゴその1』のワンシーン。オインゴの足にひっしとしがみつくボインゴが可愛いです。オインゴのTシャツは原作準拠で「OINGO」と描かれています。台座はなくても安定して自立可能ですが、その場合はオインゴの左足が浮いてしまいます(個体差かも)。

ボインゴはオインゴに接着されており、バラバラで飾ることは出来ません。つまり「ホル・ホース&ボインゴコンビ」は再現出来ないということ。これはちょっと(というかかなり)残念な仕様です。

全高はオインゴが約19cm、ボインゴが約9cm
IMGP9653
右は悪名高き(笑)承太郎。大きさが違いすぎます。今始まった話じゃありませんが、いくらノンスケールでも同じブランドでここまでスケールがバラバラなのって良くないと思います。

頭部

IMGP9654IMGP9656IMGP9659IMGP9661IMGP9662IMGP9663
どちらもイメージ通りの出来映え。原型と比較しても遜色ありません。オインゴの目元がどことなく承太郎っぽい顔立ちなのはわざとでしょうか。

というか、フィギュアに限ってはオインゴのほうが男前です(笑)。
IMGP9666
作り直しを強く要求するッ!

各部

IMGP9668IMGP9669IMGP9670IMGP9672IMGP9673IMGP9675IMGP9678IMGP9679IMGP9680IMGP9681IMGP9682IMGP9683IMGP9686IMGP9687
オインゴ・ボインゴ共に良好な仕上がり。特に目立つ粗は見受けられません。

大きめ写真


オインゴ&ボインゴ&ホル・ホーストリオ。兄者がでかすぎる。

総括

この商品で見た場合、全く文句の付けどころがありません。オインゴもボインゴも原作のイメージが見事に再現されており、毎度気がかりな品質も上出来の部類です。

惜しむらくは他のキャラクターとのスケールが無茶苦茶なことと、ボインゴが単体で飾れないこと。もしボインゴが取り外せる仕様なら、ホル・ホースとのコンビはもちろん、色んなフィギュアの足にしがみつかせて楽しめたのですが。

あといくら出来が良いといっても、やっぱり値段も気になります。内訳はオインゴが10,000円、ボインゴが4,000円ってところでしょうか。それほど販売数が見込めるキャラではなさそうなので割高になってしまうのも仕方ないのですが、高いことには違いありません。

同じ値段を出して買えるムチムチボインの美少女フィギュアに目も暮れず、あえてこのむさ苦しい野郎共を選ぶ黄金の精神を持ち合わせた方には文句ナシにオススメです。何度も言うように、出来は完璧なので。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿