ねんどろいど No.475 アナと雪の女王 エルサ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > ねんどろいど No.475 アナと雪の女王 エルサ レビュー

ねんどろいど No.475 アナと雪の女王 エルサ レビュー 

商品名:ねんどろいど エルサ
作品名:アナと雪の女王
発売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2015年5月上旬
価格:4,200円(税8%込)
原型製作:カタハライタシ
備考:--

エルサ

空前の大ヒットを記録したディズニー映画『アナと雪の女王』より、雪や氷を作り出す魔法の力を持って生まれた、アレンデール王国の王女「エルサ」。妹のアナと共に作品の主人公に設定されており、彼女が自身の魔力を制御出来なくなり、他者との接触を避けて部屋に塞ぎ込んだところから物語は始まります。日本語吹替版のキャストは松たか子。

ディズニー映画はあまり興味がなく、最後にしっかり観たのは羽賀兄貴の『アラジン』にまで遡るほどなのですが(笑)、そんな自分でも『アナ雪』は素直に面白いと感じました。どこがどう良かったかは以前別のコーナーで懇々と語ったので、あえて繰り返すのはやめておきます。

当商品にはオプションとして、エルサが作り出した意思を持つ雪だるまの「オラフ」が付属しています。



パッケージ

IMGP0613IMGP0614
青と白を基調に、雪の結晶が散りばめられた涼しげなパッケージ。キャッチコピーは「ありのままのプリンセス系アクションフィギュア!」。

セット内容

IMGP0617
>>フィギュア本体、交換用顔×2、交換用腕×3(右2左1)、雪の結晶エフェクトパーツ、オラフ、専用台座

並べ忘れてしまいましたが、予備の首ジョイントも1個付属しています。

全身


エルサはドレスの裾で自立出来るので、いつもの支柱は付属していません。ドレスの裾はクリアパーツで作られており、胴体部分はラメでキラキラ煌めいています。台座には大きく雪の結晶のモールドが刻まれています。

可動はデザイン上やむを得ないのですが、必要最低限といったレベル。下半身はほとんど動かず、腕も接続角度の都合上あまり自由には動かせないので、ポージングのバリエーションはあまり多くありません。ちなみにスカートの中は埋まっています(笑)。

全高はエルサが約9.5cm、オラフが約5cm
IMGP0627
他のキャラクターと並べると肌の白さが際立ちます。

頭部

IMGP0631IMGP0632IMGP0633IMGP0634IMGP0635IMGP0636IMGP0637IMGP0638IMGP0640
通常顔、歌唱顔、流し目笑顔。いずれも元デザインのイメージを残しつつ、上手くデフォルメされています。

オプション

オラフ
IMGP0644IMGP0647

夏に憧れる陽気なキモカワ系雪だるま。日本語版のキャストはピエール瀧。元々二頭身のキャラクターなので、ほとんどデフォルメされていません。

首と腕が可動します。
IMGP0648IMGP0649
自立は一応可能ですが、バランス的に不安定なので台座が付属しています。

雪の結晶エフェクトパーツ
IMGP0642
エルサの魔法を表現するエフェクトパーツ。肘を曲げた右腕の手の平に軸を差して取り付けます。

アクションなどなど


青い炎エフェクトが今までで一番役立ったかもしれない。


みんなでレリゴー。

総括

可動部が極めて少なく、付属品もそれほど多くないため、ガシガシ動かして遊ぶには向いていませんが、ディスプレイフィギュアとしてはとても良く出来ています。可動範囲の狭さは豊かな表情や繊細なディテールで十分カバーされており、物足りなさは特に感じません。

オラフも良い出来で、こちらはほぼ劇中そのままの姿ですし、サイズ的にfigma等の1/12スケールフィギュアと絡めやすいので単体でも遊び甲斐があります。オラフファンならオラフのためだけでも買う価値はある!……かもしれません。

いずれ出るであろうアナも楽しみです。やっぱり姉妹は並べて飾りたいですからね。あとは出来ればfigmaでも出して欲しいところです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿