FW GUNDAM CONVERGE EX05&06 武者頑駄無&フルアーマー騎士ガンダム レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(食玩・カプセル)/バンプレスト > FW GUNDAM CONVERGE EX05&06 武者頑駄無&フルアーマー騎士ガンダム レビュー

FW GUNDAM CONVERGE EX05&06 武者頑駄無&フルアーマー騎士ガンダム レビュー 

商品名:FW GUNDAM CONVERGE EX05 武者頑駄無 / FW GUNDAM CONVERGE EX06 フルアーマー騎士ガンダム
作品名:SDガンダム
発売元:バンダイ
発売日:2015年5月中旬
価格:各1,512円(税8%込)
原型製作:--
備考:ガム1個入り

武者頑駄無&FA騎士ガンダム

ガンダムシリーズの派生作品『SDガンダム』シリーズより、鎧兜を纏った和風ガンダム「武者頑駄無」と、甲冑に身を包んだ西洋風ガンダム「フルアーマー騎士ガンダム」

『GUNDAM CONVERGE』は、新旧さまざまなモビルスーツ(モビルアーマー)をハイディテールなデフォルメ造形で展開する食玩シリーズで、ナンバリングに「EX」を冠する特別弾は、価格が大幅(約3倍)に引き上げられている代わりに密度やギミックが向上しています。

武者頑駄無と騎士ガンダムはそれぞれ別商品ですが、基本的な仕様は共通しているため、まとめて紹介します。



パッケージ

IMGP0889IMGP0890
中身が小さいので箱もコンパクト。店頭で見かけたら「これで1,500円!?」と困惑すること請け合いです。

武者頑駄無


SDガンダムとしては高めの頭身がこのシリーズの特徴。スパロボしかり、BB戦士しかり、最近のトレンドですね。足元に嵌める透明の補助パーツが付属していますが、使わなくても自立出来ます。

背中のシールド(飛鷹の盾)は着脱も可能ですが、その場合背負えるのは薙刀とライフルのどちらか一方…のはず。“はず”というのは説明書が付いていなくて、正しい装着方法が良くわからないので(笑)。ジョイントパーツが二種付いているのですが、大きいジョイントの使い方がどうしてもわかりません。写真を参考にと言われても、肝心の部分が写ってないし!

全高は約6cm
IMGP0907
情報量が多いため写真だと大きく見えますが、実際には小さいです。

本体の可動箇所は首、肩、手首の三箇所。いずれも軸可動です。
IMGP0909
基本的に素立ちで飾っておくディスプレイフィギュアですが、最低限のポーズは付けられます。

刀と鞘に収納ギミックはなく、鞘パーツごと差し替えます。
IMGP0914IMGP0915

雷威銃(ライフル)と薙刀は選択して装備します。
IMGP0917IMGP0918

背中の羽は展開出来ます。
IMGP0913IMGP0912
羽は硬質素材でカッチリとした作り。本体も含め、全体的に品質は悪くない部類です。こっちは(意味深)。

盾は外して『鷹型飛行具(イーグルメカ)』という鳥メカになります。
IMGP0922IMGP0923
台座は用意されていないので床に置いておくしかありませんが。

フルアーマー騎士ガンダム


炎の剣はクリアパーツの上から塗装されています。サイズや可動等、基本的な仕様は武者と同様。ただ武者の背中の羽が硬質素材だったのに対し、こちらは軟質素材製でフニャフニャです。電磁スピアもフニャフニャ。ドライヤー等で多少の修正は可能ですが、限界があります。

炎の剣と電磁スピアは選択して持たせられます。
IMGP0932
スピアを装備すると炎の剣は基本余剰となります(背中に背負えなくもないが不格好)。

大きめ写真

総括

武者頑駄無は造形が素晴らしく、ギミックも結構凝っており、なおかつ品質も比較的良好で良く出来ています。一方、騎士ガンダムは造形こそ素晴らしいものの、羽やスピアの軟質素材が災いして品質がやや残念な仕上がりです。

ただ、前から眺める分には羽の曲がりは目立たないので、総合的には満足しています。品質の悪さに目を瞑ってでも手に入れる価値があるほど、秀逸な造形だと思いますし。

価格が高めなのが難点ですが、武者・騎士ともにSDガンダム世代の方なら買って損はないでしょう。ちなみにギミックが豊富な分、武者のほうがお得感はあります。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿