超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 74.ジョナサン・ジョースター レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 74.ジョナサン・ジョースター レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 74.ジョナサン・ジョースター レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第1部 74.ジョナサン・ジョースター
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2015年5月下旬
価格:5,940円(税8%込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

ジョナサン

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、第1部「ファントムブラッド」の主人公を務め、宿敵・ディオを討ち滅ぼすべく命がけで戦い抜いた誇り高き青年「ジョナサン・ジョースター」

かつては華々しい活躍を見せる子孫や、カリスマ的人気を誇る敵役・ディオの影に隠れて比較的「地味」な印象を受けるキャラクターでしたが、TVアニメが放送されるや否や、その巧みな演出や興津和幸氏の熱演のおかげで一躍存在感を増しました。原作ファンでも、アニメを見て改めてジョナサンの魅力に気付いたという方が少なくないと思います。

そんな記念すべき“初代ジョジョ”が、スタートから7年目を迎える超像可動ジョジョシリーズで満を持しての登場です。



パッケージ

IMGP1385IMGP1386
青を基調としたパッケージ。

セット内容

IMGP1388
>>フィギュア本体、交換用頭部、交換用手首×6(右3左3)、リュックサック、LUCKとPLUCKの剣、鞘、専用台座

久しぶりに小物類が充実しています。欲を言えば波紋のエフェクトや台詞プレート等も欲しかった気はしますが。

全身


原作では腕も脚も丸太のようなプロポーションですが、マッシヴさは残しつつスタイリッシュにアレンジされています。カラーリングといい髪型といいロングブーツといい、実にケンシロウしてます(笑)。ちょっとした改造で『超像可動 ケンシロウ』が作れそうですね。

全高は約17cm
IMGP1397
ジョースター一族屈指の体躯はフィギュアでも健在。ジョセフより一回り大きく作られています。承太郎は元々小さめなので、並べるとどうしても違和感が生じます(三部DIOも同様)。

頭部

IMGP1399IMGP1400IMGP1401IMGP1402IMGP1404IMGP1405
通常顔と歯を食いしばった睨み顔。似てる・似てないで言えばあまり似てないというか、若干アニメに寄せている感じです。通常顔は特に問題ありませんが、睨み顔は左右の瞳が少しズレていて残念。

各部

IMGP1406IMGP1407IMGP1409IMGP1410IMGP1411IMGP1412IMGP1414IMGP1415IMGP1417IMGP1419
塗り分けが少ないおかげもあって、品質はおおむね良好。特に目立った粗は見られません。背中の2つの凹みはリュックサックがズレないようにするために設けられています。

可動

IMGP1420IMGP1421IMGP1422IMGP1423
首は上部ボールジョイント+ヒンジ、下部ボールジョイントの三重構造。ほぼ真上・真下を向けます。

IMGP1424IMGP1426IMGP1427IMGP1428
肩は前後スイング+縦ロール軸+横ヒンジ可動。二の腕ロール軸。肘二重関節、手首球体関節。肩はジョセフと同じラチェット式の前後可動が設けられており、筋肉質でありながら腕組みも出来るようになっています。

IMGP1430IMGP1431IMGP1433IMGP1434
腹部、腰にボールジョイント。大きくスイング出来るため、おなじみのジョジョ立ちも決まります。

IMGP1435IMGP1436
股関節ボールジョイント、腿上ロール軸。横方向には大きく開けますが、縦方向は普通。

IMGP1437
膝は二重関節。ブーツと太腿が干渉するため、あまり曲げられません。

IMGP1438IMGP1439
足首球体ジョイント。関節が露出しているので可動域は広めで接地性も良好。

オプション

リュックサック
IMGP1440IMGP1442
ディオ打倒の旅に出かける際にジョナサンが背負っていた革製のリュック。フタが開きそうな造形ですが、可動部分はありません。

下側の帯の付け根を外してフィギュアに背負わせます。
IMGP1446IMGP1448
リュックを背負った状態でも台座と接続出来るように、専用のアタッチメントパーツが用意されています。

LUCKとPLUCKの剣
IMGP1451IMGP1456

黒騎士・ブラフォードがジョナサンに託した「幸運(LUCK)」と「勇気(PLUCK)」の剣。剣は鞘に収めることも出来ます。

剣の柄にはきちんと血文字で「P」と書かれています。
IMGP1452IMGP1453
(P)LUCKの文字が刻まれているのはこちら側のみで、反対側には何も刻まれていません。

持つときはこう。
IMGP1458IMGP1459
剣・鞘ともに専用の持ち手が用意されています。左の剣持ち手がないので、両手持ちは出来ません(それっぽい構えは可能)。

アクションなどなど


色々持てます。

「人間に不可能はない!人間は成長するのだ!してみせるッ!」

「回転…」

「うっしゃああああッ」

「ぬああああ!!」

やられ役のディオ様が待たれます。

「まあ!なんてこと!!骨折している腕で私を!」「いつだって ささえるさ」

何気に好きなシーン。


あと1人。全員揃ったらきちんと並べたいところ。

総括

期待通りの出来映えに満足です。これまでの超像可動シリーズで培った技術が存分に活かされており、重要なキャラクターだからこそ、リリースを今の今まで引っ張ったのは正解だと思います。逆に一番最初に出てしまった承太郎はサイズが小さいのも含め、何かと辛いものがありますし(Ver.2希望!)。

これまで培った技術がフィードバックされているのと同時に、“品質が安定しない”というメディコス特有の悪しき慣習も引きずってしまっているのが残念と言えます。せめて顔だけはもう少ししっかり管理して頂きたい。二種類の顔のうち片方がまともなのでまだ良かったものの、両方酷かったら目も当てられません。

ほぼ間違いなくセカンド・バージョンが出ると思うので、そちらでは「当たり」を引けることを祈ります。出来れば普通に発売して欲しいですが、今までの流れからするとイベント限定かなぁ……。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ディオの発売楽しみデスネ!
[ 2015/06/02 21:46 ] [ 編集 ]
確かに波紋エフェクトと「何をするだァー!」の
セリフプレートは欲しいところですね。

歴代ジョジョ勢揃いまであと一歩ですねぇ。
ジョニィはジョセフの下あたりに、
足を天に向けたポーズで並べるとキマりそう。
[ 2015/06/02 22:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿