アルファマックス 幽☆遊☆白書 1/8 飛影 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > アルファマックス 幽☆遊☆白書 1/8 飛影 レビュー

アルファマックス 幽☆遊☆白書 1/8 飛影 レビュー 

商品名:飛影
作品名:幽☆遊☆白書
発売元:アルファマックス
発売日:2015年6月上旬
価格:11,880円(税8%込)
原型製作:DIO
備考:1/8スケール

飛影

テレビアニメも空前のヒットを飛ばした週刊少年ジャンプ連載の格闘漫画『幽☆遊☆白書』より、魔界の黒炎を操る“邪王炎殺拳”の使い手で額に第三の眼“邪眼”を持つ妖怪「飛影」。端正な顔立ちとクールな性格、必殺技“邪王炎殺黒龍波”のダイナミックな演出から作品屈指の人気を誇り、関連グッズも多数発売されています。

フィギュアとしては2012年にコトブキヤの「ARTFX J」ブランドで発売されており、今回は3年ぶりの立体化となります。「幽☆遊☆白書 ARTFX J 飛影 レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP1896IMGP1897
黒を基調としたパッケージ。

全身


巨大な黒龍に囲まれた大迫力の造形。暗黒武術会のリングをイメージしたと思しき台座も凝っています。

全高(頭の先まで)は約14cm
IMGP1904
斜めを向いているので高さはありませんが、横方向に場所を取ります。飛影の大きさは右のコトブキヤ版とほぼ同じです。

頭部

IMGP1906IMGP1909IMGP1910
飛影のトレードマークである三白眼と額の邪眼が忠実に再現されています。この顔ならお姉さま方も納得でしょう(笑)。

ちなみにコトブキヤ版はこちら。
IMGP1912
こちらはこちらで良く出来ていますが、アルファマックス版のほうが瞳が大きく、より整った顔立ちに見えます。

各部

IMGP1913IMGP1914IMGP1916IMGP1918IMGP1919IMGP1925IMGP1928IMGP1927IMGP1930IMGP1932IMGP1933IMGP1937IMGP1935IMGP1941
飛影、黒龍ともに細部まで良好な出来映え。飛影の服はグラデーションというかウェザリング的な塗装が施されていますが、単に色が剥げているようにも見えるのが難点。コトブキヤ版は黒一色でのっぺりしていたので、質感はこちらのほうが優れています。

大きめ写真


腕の黒龍を気にしなければこの組み合わせもアリ。

総括

コトブキヤ版でやや不満だった「黒龍が小さくて迫力不足」という点が完全に解消され、飛影フィギュアの決定版と呼べる出来に仕上がっています。コトブキヤ版も決して悪い出来ではありませんでしたが、フィギュアとしての見映えはこちらのほうが遥かに上でしょう。

飛影の、というか幽白の固定フィギュアは恐らく当分出ることはないと思うので、ファンならコトブキヤ版を持っていても買って損はありません。出来れば妖狐あたりも出して欲しいところですけどね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

戸愚呂兄弟出ないかな~?
[ 2015/06/07 00:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿