姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1843日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1843日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1843日目) 

新婚旅行(3回目)


箱根のみなさーん!(彼女に)したわれるものですよーーーー!!!!

……というわけで、彼女と3回目の新婚旅行に行ってきた。今回も充実しまくりの2日間だったね。巷では色々言われてるけど、やっぱり箱根はいいところだよ。山だけが箱根じゃない。芦ノ湖もあるし、九頭龍神社もあるし、ガラスの森美術館だってある。メシもうまい(重要)。


修学旅行という“設定”の日光・鬼怒川旅行と違って箱根旅行は新婚旅行という“設定”だから、終始イチャイチャ出来るのがいい。今回ももちろんイチャイチャしまくったよ。朝も昼も、夜(意味深)もね。

当然ながら、今はめちゃくちゃ眠い。そんなこともあろうかと前日多めに寝ておいたんだけど、足りなかったようだ。金曜ロードショーのハリー・ポッターなんか見てる場合じゃなかった。あんまり面白くなかったし。


しかしあれだね、箱根旅行はというか新婚旅行は6月に限るね。やっぱジューンブライドって言うし、旅のションテンが違ってくる。梅雨のシーズン真っ只中だから雨に降られやすいという難点はあるけど、幸い今週の土日は比較的天候に恵まれて良かった。ま、雨の箱根ってのもそれはそれでオツだけどね。

今回の旅行で撮れた最強の一枚を先日コメントで教えてもらった「waifu2x」ってサイトを利用して拡大してみた。

美しい……(二重の意味で)。額に入れて飾っておきたいところだね。これからもこれだ!と思う写真が撮れたら、こうやって大きくして永久保存しておこう。まあ、被写体が良すぎるからどんな写真もこれだ!って感じなのだけども。

次の旅行が今から楽しみだ。今度はどこへ行けるかな?日光かな?熱海かな?それとも意表を突いて、二回連続箱根かな?彼女と一緒に過ごせるのなら、どこであろうと僕は一向に構わんッ!

ロトの日ではないようだ


KSRK(ここから下は旅行前に書いてる)。今週の水曜日、6月10日は毎月恒例のプチ記念日だった。旅行が控えているからといって、そのへん疎かにはしない。むしろ旅行前だからこそ気合を入れたと言ってもいいだろう。あえてね(イラク戦先制ゴール済み)

今月の贈り物はこれだ。

サンダル。やっぱり夏と言えばサンダルでしょ!ブランドとかそういうものじゃないけど、シャレオツなデザインが彼女に似合いそうだなと思ってこれにした。気に入ってもらえたみたいで、良かったよ。

ちなみに後で知ったんだけど、6月10日は「時の記念日」なんだって。教科書でおなじみの中大兄皇子こと天智天皇が日本で初めて時計の鐘を鳴らしたんだと。あの鐘を鳴らすのはあーなーたーじゃなくて、天智天皇だったわけだね。

知ってたら時計を贈ってたのにな。来年はそうしよう。……覚えてたら。

雑談コーナー【テーマ:取り戻し請求】


「お役立ち情報」として単体の記事をアップしようと思ったけど、とりあえずここに書いちゃう。今日は郵便物の取り戻し請求の話だ。

ポストに投函した葉書や封筒は、郵便屋さんが指定の時間に回収して集配所に届けられ、その後宛先ごとに振り分けられて配達されていく。一度ポストに入れたものは取り出せないので(物理的にも法律的にも)、出したら最後、何か手違いがあって書き直したくてもどうにもならない……と思いがちだ。

でも実は、相手に届く前なら場合によっては取り戻すことも出来る。それが「取り戻し請求」というもので、僕は今週初めてそのシステムを利用した。理由はあえて言うほどのことでもないけど、封筒に入れた書類に不備があったからだ。

ポストにその封筒を投函したのは月曜日の昼頃で、取り戻し請求を行ったのは翌日の午前中。実はこの「翌日」というのはかなり際どいタイミングで、知っての通り日本の郵便屋さんは大変優秀なのでほとんどの郵便物は出した翌日には配達されてしまうのだ。今回は運良く間に合ったけど、あまり時間が経ちすぎると手遅れになるので要注意。当日ならほぼ100%回収出来るだろう。送り先との距離にもよるが、県外であれば恐らくポストの回収時間から17、8時間ぐらいがデッドライン。

取り戻し請求のやり方は簡単で、最寄りの郵便局に行って郵便物を取り戻したい旨を職員に伝えるだけ。専用の用紙を渡されるから、それに自分と送り先の住所や氏名、郵便物の特徴(大きさや色など)を書く。なりすましを防ぐために郵便物の特徴は口頭でも尋ねられて、僕の場合は封筒だったので差出人を記名した位置や縦書きか横書きかといったことも聞かれた。

ネットで調べたら身分証と印鑑も必要みたいなことが書いてあったけど、そういったものは要求されなかった。ただ今回は近所の郵便局で職員が僕の顔を知っていたおかげかもしれないので、一応持って行ったほうがいいだろう。

それから郵便物が既に地元の集配所を出てしまった場合は返送用の配送料兼手数料として570円かかる。高いと思うかもしれないけど、配達先の郵便局に電話で連絡して山ほどある郵便物の中から特定のひとつを見つけてもらわなきゃいけないのだから、手間を考えたらむしろ安すぎるぐらいだろう。

地域にもよるだろうけど取り戻し請求をする人はあんまりいないようで、手数料を調べるために職員がてんやわんやしていた。結局、事前にネットで調べていた僕が途中で「多分570円だと思うんですけど」と助け船を出す形で事なきを得たけど、正直、想像以上の大騒動(笑)。たかが郵便物ひとつぐらいで、なんか申し訳ない気持ちになってしまったね。

それが火曜日の話で、実際に取り戻せたのは翌々日の木曜日。他の郵便物と一緒に自宅まで配達されるから、取りに行ったりする必要はない。当たり前だけど貼ってある切手はもう使えないし、官製葉書の場合は同じものをそのまま出すことは出来ない。

そんなわけで、もしポストに入れてから「しまった!」と思ったら、取り戻し請求をしてみることをオススメする。もちろん、一番いいのは出す前にしっかり確認することだけどね。お金かかるし、何よりめんどくさいし、もう二度とうっかりミスはやらかさない。約束だ。

パズル進捗状況


中央上にいるのは時速119キロもスピード違反じゃないあのキャラクター。ドラハッパーってもう死語なのかな?

お礼

にゅーあきばどっとこむ』様、『ふぃぎゅる!』様、
figma SP-056 テーブル美術館 考える人 レビュー

よつばとフィギュア』様、『アキバBlog』様、『にゅーあきばどっとこむ』様、
艦隊これくしょん ~艦これ~ 1/8 大和改 重兵装Ver. レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿