スタチューレジェンド 第55弾 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ウィル・A・ツェペリ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > スタチューレジェンド 第55弾 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ウィル・A・ツェペリ レビュー

スタチューレジェンド 第55弾 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ウィル・A・ツェペリ レビュー 

商品名:スタチューレジェンド 第55弾 ジョジョの奇妙な冒険 第1部 ウィル・A・ツェペリ
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:ディ・モールト ベネ
発売日:2015年6月下旬
価格:10,584円(税8%込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

ツェペリ男爵

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、ジョナサン・ジョースターの師匠にして波紋の達人、「ウィル・A・ツェペリ」。ジョナサンと出会う前に自らの死の運命を予言されており、タルカス戦においてジョナサンに自らの想いと力を託し、予言通り壮絶な最期を遂げました。

「パパウパウパウ」や「人間賛歌は勇気の賛歌」を始め、数多くの名言を残したことでも知られていますが、個人的に一番好きな台詞(シチュエーション)は「当たる面積を最小にして波紋防御!」です。アニメではカットされていたのが残念でした。



パッケージ

IMGP3219IMGP3221
グレーを基調としたパッケージ。模様には「例のカエル」が描かれています。ツェペリさんのミドルネームがアントニオって、作中では言及されていませんよね。

全身


ポージングはコミックス3巻『罠への招待の巻』、水面にすっくと立って「膝まで濡れたジョジョは波紋エネルギーの蓄積が甘い」とドヤるコマがモチーフとなっています。筋肉質な体型が初期の荒木絵を忠実に再現していて実に素敵です。

ちなみにWF2015夏限定アイテムとして、カラーリングを赤基調に変更し、手にワインボトルとグラスを持たせたリカラー(リデコ)バージョンが800個販売されます。

全高は約21cm
IMGP3227
もはや超像可動と並べて飾ることは全く想定されていません。事実、スタチューレジェンドでもジョナサンの発売が既に決定していますし、今後は完全に独自路線を歩ませる方針なのでしょう。まあ、中途半端にどっちつかずの大きさにするより割り切ってもらったほうが有り難いですけどね。スタチューレジェンド同士ではスケール合っててもらわないと困りますが。

頭部

IMGP3230IMGP3232IMGP3233
顔立ち、表情ともにイメージ通りの出来映えです。このシリーズ(というかメディコス・ベネ製品)は瞳の位置がちょいちょいズレ気味なので、個体差はあるかもですが。シルクハットは外せません。

各部

IMGP3236IMGP3238IMGP3240IMGP3241IMGP3243IMGP3245IMGP3246IMGP3251IMGP3254IMGP3256
品質は概ね良好。シルクハットの模様やコートのラインも割と丁寧に塗り分けられています。ジョジョ立ちを行う上で重要な「手」の作り込みも見事。

大きめ写真

総括

遂に複数体セットでもないのに1万円の大台を突破したスタチューレジェンド。他のメーカーだったらもう一回り大きくてエッチぃフィギュアが買えてしまいますが、そこはそれ、ジョジョですから。ムッキムキのオッサンだって、ある意味すごく扇情的です。

オヤジフィギュアに外れなしの法則通り、非常に良く出来ています。定価1万で良く出来ていなかったら困りますけど(笑)、メインキャラクターにもかかわらずこれまで立体化の機会に恵まれませんでしたし、個人的には値段分の満足感は得られました。欲を言えば台座は水面エフェクトにして欲しかったですが。

後日発売されるジョナサンも楽しみです。ディオ様が出るのはコーラを飲んだらゲップが出るっていうくらい確実として、あとはスピードワゴンも欲しいですね、やっぱり。それから、いずれ出るであろうシーザーは絶対これと同スケールで作って下さい、お願いします。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿