アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん~艦これ~ 武蔵改 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん~艦これ~ 武蔵改 レビュー

アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん~艦これ~ 武蔵改 レビュー 

商品名:アーマーガールズプロジェクト 艦これ 武蔵改
作品名:艦隊これくしょん -艦これ-
発売元:バンダイ
発売日:2015年06月27日
価格:12,960円(税8%込)
原型製作:--
備考:--

武蔵改

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん -艦これ-』より、第二本帝国海軍の切り札として三菱重工業長崎造船所で建造された、大和型戦艦の2番艦「武蔵」。最期の場となったレイテ沖海戦前に船体が銀鼠色に塗り替えられており、「武蔵改」の制服カラーはそのエピソードに因みます。

長らく正確な沈没地点が明らかになっていませんでしたが、戦後70年の節目を迎える2015年3月2日、マイクロソフト社の共同創業者ポール・アレン氏によってフィリピン・レイテ島沖のシブヤン海海底に沈んでいる姿を発見され、大きな話題を呼びました。武蔵が大和を上回る注目を集めたのは戦後初めてではないでしょうか(笑)。

『艦これ』においては古参提督にトラウマを植え付けた2013年秋イベントの最終海域突破褒賞として先行配布され、2014年7月4日のアップデートで大型艦建造の目玉として本実装されました。キャラクターとしては艦内神社「氷川神社」が祀る須佐之男命や「武蔵=宮本武蔵」という着想からか、武人めいた姉御肌として設定され、貞淑な大和との違いが強調されています。

可動や艤装の構造は先に発売された大和とほぼ同様なので、「アーマーガールズプロジェクト 艦隊これくしょん ~艦これ~ 大和 レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP3338IMGP3340
黒を基調とした横長のパッケージ。小窓が設けられていないので中身は確認出来ません。

セット内容

IMGP3343
>>フィギュア本体、交換用表情パーツ×3、交換用手首×10(右5左5)、交換用前髪、メガネパーツ×2、艤装一式、艤装ジョイント、専用台座一式

メガネパーツは2個付属しますが使用するのは1個で、もう1個は破損・紛失時用の予備となります。

全身


大和同様、左右の艤装を支える支柱が用意されていますが、使わなくても保持は出来ます。ジョイントに負荷が掛かるのでこのまま飾っておくのはやめたほうが良いでしょう。

艤装は外して飾ることも出来ます。

いわゆる「軽兵装」バージョン。腰の46cm砲も取り外せますが、艤装と干渉してポロリしがちなので外すつもりがないなら接着してしまっても良いかも……。

全高(艦娘)は約15cm
IMGP3352
ぱっと見は大和と似ていますが、副砲2基が高角砲6基に置き換わっていたり(これは大和“改”も同様)、大和では背面にある主砲が腰に移動していたりと細部に差異が見られます。

頭部

IMGP3361IMGP3362IMGP3363IMGP3364IMGP3365IMGP3366IMGP3367IMGP3368IMGP3369IMGP3370IMGP3371IMGP3372
通常顔、右向き顔、叫び顔、やられ(中破)顔。大和は少々イメージと違う顔立ちでしたが、今回はイメージ通りの出来映えです。大和で異様に外れやすかった前髪も外れにくくなっています。ツインテールは付け根が可動します。

メガネを上にずらした状態を再現する前髪とメガネパーツが付属しています。
IMGP3373
メガネパーツは小さい上にカッチリ固定出来ず紛失しやすいので、接着したほうが良いと思います。

各部

IMGP3374IMGP3375IMGP3377IMGP3378IMGP3380IMGP3381IMGP3385IMGP3383IMGP3389IMGP3386IMGP3391IMGP3393IMGP3395IMGP3397
品質は艦娘、艤装ともに良好。大和は細部の塗り分けがやや大雑把な印象を受けましたが、今回は腰の徹甲弾やさらしなども丁寧に塗り分けられています。うっすらと乳首のようなモールドも……(笑)。

下着は白。
IMGP3399
わかりにくいですが、「ふんどし」のような造形です。

アクションなどなど


エロい(確信)

大和の艤装とは腰とのジョイントの互換性がありませんが、左右は差し替えられるので大和改もどきが作れます。

違いは副砲が高角砲に変わってるだけですけど。主砲の上の機銃がないので、本当になんちゃって改です。

配置を調整すればひとつの台座で飾れます。

長時間飾っておく場合は艤装を支えたほうが良いと思いますが。

総括

塗装やパーツ精度、顔の出来など、大和で感じていた不満要素のほとんどが改善・払拭されています。現実(軍艦)の武蔵も大和建造時に判明した問題点がフィードバックされているので、ある意味史実通りと言えるでしょう(笑)。

大和は実質改良版に相当する「大和改」が一般発売されますし、これからシリーズを集めるのであればこの武蔵改から購入することをオススメします。大和はシリーズの叩き台として犠牲になったと思えば……いや、決して酷い出来ってわけではないんですけどね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿