姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1885日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1885日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1885日目) 

パズル進捗状況


完成した。申し訳程度のタヌキ要素はエスパー魔美のコンポコとポコニャン。

見ての通り漫画の王様、藤子・F・不二雄先生のパズルなのだけど、具体的にはWii Uと3DSで発売された『藤子・F・不二雄キャラクターズ 大集合!SFドタバタパーティー!!』というゲームのパズル。だからイラストを描いたのはF先生本人ではない。なお、ゲーム自体はWii U版がやたらフリーズする点を除けばそれなりに面白い模様(開発はロックマンゼロのインティ・クリエイツ)。

このパズルは普通のパズルと違って、「バイオプラスチック」という地球に優しい素材で作られている。しかも紙製ではないので糊を使わなくてもカッチリ固定される超お手軽仕様。特別値段が高いわけでもないし、全てのパズルがこの素材で作られればいいのにと思う。

明日からは次のパズルを作り始める。残念ながらバイオプラスチック製ではないので糊が必要だ。

今日のデート


今日も実に暑い一日だった。こんな日は室内で涼むに限るってことで、今日は彼女とカラオケに行ってきたよ。映画とカラオケで悩んだけど、特に観たい映画もなかったのでカラオケにした。ターミネーターの新しいやつ面白くないらしいね。4も大概だけど。3は猿顔のジョン・コナーを除けば意外と好き。

カラオケでは彼女の天使のような美声を堪能した。外のうだるような暑さも忘れさせてくれる、最高峰の癒しを味わえたね。僕はこの前宣言した通り、7月19日に51歳の誕生日を迎えた近藤真彦の『スニーカーぶる~す』を熱唱。黒柳さぁぁぁぁん!


ひとしきり歌い終わった後は、ショッピングを楽しんだ。彼女が服を見たいイキフンを感じ取ったので。僕はただただ待っているだけだったけど、そこに文句を言ってたら彼氏失格だね。彼女の楽しそうな姿を眺めるだけで僕は幸せだし、文句なんてあろうはずがない。

昼ご飯はラーメンに餃子に肉まんと、中華三昧だった。

暑い昼にはラーメン(至言)。僕はとんこつ、彼女は味噌ラーメンを食べたよ。熱かったけど、美味しかった。デートでラーメンってのもたまにはいいもんだ。たまにはね。

デートの〆はもちろん部屋でくつろぎタイム。

外とは違う意味でアツい時間だったね。ゲームしたり、音楽聴いたり、あとは……あえて言うまい。あえてね(インテル長友国外移籍模索済み)

一学期終了のお知らせ


期末テストも無事終わり、昨日は終業式だった。つまり今日から夏休み!!

今学期も色んなことがあったなぁ……楽しいこと、そうでないこと、色々ね。彼女との思い出が全て最強に楽しかったのは言うまでもないけど、それ以外で何かと激動のシーズンだった。たとえば親が二人とも入院したり。

4月に母が、6月に父が病気で倒れてね。入院といっても手術したわけではないし、どっちも2、3日で退院する程度の症状だったから大袈裟な話でもないんだけど、何かと慌ただしかったことには違いない。最近は若くして亡くなる有名人も結構多いし、病気は怖いなって改めて思ったね。僕自身も気をつけないと。

ちなみに今日から夏休みといっても、例によって例のごとく明日から講習もあるから夏休み感はあまりない。ま、春と冬はともかく夏の講習はしょうがないね。それに出席するのは月火水の3日間だけだし。木曜、金曜は熱海旅行に出かけるから講習はキャンセルだ。

そんなわけだから、来週は旅行の土産話が出来ると思う。伝説のビーチの話とか、イカの口が世の中で一番美味い話とか、本物の城じゃないというぐらいでテンションが半分になる熱海城の話とか、こうご期待。

雑談コーナー【テーマ:デスノ】


今月に入って、色々新番組が始まったね。にわかテレビっ子の僕だけど、有名どころは一通りチェックしているよ。

何かと一番話題なのは、やっぱり日テレの『デスノート』かな? 原作漫画や実写映画版からかけ離れたオリジナルストーリーということで、賛否両論巻き起こっているみたい。どちらかというと「否」のほうが大きいけど、僕は普通に楽しんで観ているよ。主演の窪田正孝くんを『ケータイ捜査官7』の頃から応援してるってのもあるけど。随分大人っぽく成長したよねぇ。抱かれたい。

原作と違ううんぬん言い出したら、そもそも映画版だって原作とは別物だったわけで。なんか時間が経ったことで変に美化されてるけど、当時は映画もそれなりに批判されてたよね。まあ、僕は映画版好きだけども。むしろオチに関しては原作より好きかもしれない。というか、原作の第2部があまり好きじゃない。

映画もLのスピンオフ(バイオテロのやつ)は擁護出来ないレベルで酷かった。松山ケンイチの演技力をもってしてもカバーしきれないクソ映画。映画を持ち上げて今のドラマを批判してる輩は、あの取って付けたようなくだらないスピンオフをどう思ってるのだろう?あれこそ原作レイプも甚だしいよなあ。

いずれにせよまだドラマは始まったばかりだし、結論を下すのはLが死んでからでも遅くないと思うね。先週分の視聴率が1桁に急落したとYahoo!ニュースに載ってたけど、それは裏番組で『逃走中』をやってたからという理由が大きいのではないだろうか。かくいう僕も逃走中見ててデスノの存在をすっかり忘れてたし(結局動画サイトで視聴)。

逃走中といえば、見事賞金156万円を獲得したおのののかだかおかのしただかいうタレントの行動が物議を醸したとこれまたYahoo!ニュースで見た。ま、いつもの如くゴチャゴチャ言ってるのは全員ガキとババアだろうけど。番組を見る限り、特に批判されてしかるべき問題行動は取っていなかったし。一定時間逃げ切るだけで156万も貰えるなら、僕だったらもっと姑息な手段を考えるよ。

こういう問題が取り上げられる度に、有名人は大変だなって思うね。それに見合った対価を貰っているとはいえ、並大抵のメンタルでは耐えられないだろう。うちのブログも時々大型掲示板にURLが貼られているようなのだけど、悪い風に書かれていたらどうしようと不安で一度も見に行ったことないもの。エゴサーチなんてもってのほかだよ。

だからといって当たり障りのない意見しか述べない薄っぺらい人間にだけはなりたくないものだ。誰が何と言おうと、これからも僕はダンカン(息子に甲子園と名付けるアホ)を嫌いと言い続けるよ。……まあ、あいつの悪口言って怒るのは本人だけだろうけどな!


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿