姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1976日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1976日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(1976日目) 

中間テスト終了のお知らせ


ぬわああああん疲れたもおおおおおおん!チカレタ……というわけで、二学期中間テストが終わった。結果はまだ出てないけど、あえて「悪くはなかった」と言っておこう。あえてね(ライオンズ6位指名済み)

正直、ミスがなかったとは言えない。特に数学と社会科はうっかりミスを犯してしまったと自覚している。でもまあ、最悪ってほどでもなかったし、大丈夫でしょ。ま、多少はね?

それになまじ中間テストがパーペキ(死語)過ぎると期末テストで成績下がった時のショックもデカイし、ちょうどいい落としどころだったのではないだろうか。とりあえず、彼女に「だらしねえな(レ)」と叱られる事はなさそうで、一安心ではある。試験前のデートを我慢した甲斐があったと言うものだ。

何はともあれ、これで二学期の山場をひとつ超えたわけだ。最大の山場である期末テストはまだまだ先だし、しばらくは心置きなく彼女との幸せな日々を堪能出来るよ。週末はハロウィンパーリィがあるし、来月は文化祭も開催されるし、楽しい事づくしだ! これでまた旅行にでも出かけられれば言う事なしやね。少なくとも、今年中にもう一回ぐらいは行って彼女との愛をますます深めておきたい。これ以上深まる愛があるのか!?って感じだけど、僕らの可能性は無限大だからね!

今日のデート

そんなこんなで、今日は二週間ぶりのデートに出かけちゃったりなんかしちゃったりして(figmaホームズ予約済み)。


先週もお伝えした通り、本日の行き先はプール。TDNプールじゃなくて、彼女が行きたいと言ってくれた事に意義がある。今日という日を最大限に満喫するためにテストを頑張ったと言っても過言ではないね。だったらミスるなよ!とかは言わないお約束。


今日は割かし暖かかったから、ループー日和だったと言える。そのせいか、結構混雑してたし。競泳用のプールは空いてたけど、足が着かない場所は彼女が怖がってね。相変わらず泳げるようになる気配はないし、そもそもそのつもりもないみたいだ。まあ、そんなとこも彼女の魅力と言えるけどね。いざというときは僕が助けてあげるからヘーキヘーキ、大丈夫だって。


ひとしきり水遊びを楽しんだ後はご飯を食べたり、ショッピングをしたり。僕は奮発して伊勢エビフライを食べたよ。うまかったわ^~。やっぱ名古屋人ならエビフリャーだで。バッチリしたお頭付きだで、ごちそうだで。


デートの〆はもろちん、いや、もちろん彼女の部屋で。おやつに手作りケーキを食べさせてもらったよ。お腹いっぱいになってても彼女の手作り料理ならどんだけでも食べられるね。ちなみによく「ケーキ(デザート)は別腹」って言うけど、人間の体は好物を前にすると胃の動きが活発になる(食べ物が腸に早く送られる)から、ほんとに満腹でも食べられるようになるんだって。どうりでねぇ。



ケーキは別腹だし、彼女も別腹。一番おいしかったのがエビフリャーでもケーキでもなく、彼女であったのは言うまでもない。どんだけでも食べられるね(意味深)。

雑談コーナー【テーマ:BTTF】


去る2015年10月21日(日本時間で10月22日)は映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』でマーティたちが1985年の世界からタイムトラベルしてくる日だったようで、世界中がちょっとしたBTTFフィーバーに包まれた。かくいう僕もBTTFシリーズにはひときわ思い入れがあるから、否応なくションテンガリアーだった次第だ。

こんな時こそ地上波でBTTF三部作を放送すればいいのに、どこの局も放送するつもりはなかったようで。「るろ剣祭り」なんてやってる場合じゃないだろ、金曜ロードショー。日曜洋画劇場もバイオハザードばっかりやりすぎだ。こんな時、木曜洋画劇場が健在なら絶対やってくれただろうになぁ……奇抜な予告を引っさげて。惜しい番組を亡くしたものだ。

BTTFについての愛は「デロリアン」のレビューでも再三語ったけど、何だかんだ言ってもあらゆる映画で一番思い入れがある。それはもう、「好きな映画を3つ挙げろ」って言われたらBTTF三部作って即答しちゃうぐらい。残念ながらリアルタイムで見た世代ではないのだけど、もし公開当時物心のつく年頃だったらもっと夢中になってただろうな。SF作家とかそれこそ映画監督とか、そっち方面を目指していたかもしれない。それぐらい好き。

ちなみに今やマイナス方向で伝説となっている織田裕二&三宅裕司の「Wユウジ」版吹き替えだけど、放送当時は特に悪いとは思わず普通に観てたよ。まあ、一番馴染み深いのが三ツ矢・穂積版であるのは間違いないけど、ビデオ・DVDの山寺宏一版よりは思い入れがあって好きかもしれない。もっとも、あれは二度と日の目を見る事はないんだろうけどね。妻夫木聡のタイタニックがそうであるように。

そういえば以前、ペプシの話をここでした時に「ペプシストロングなんか出すぐらいならペプシ・パーフェクトを出せ!」って書いたけど、10月21日に本当に発売されたらしいよ。……北米限定で。なんでだよ!! 日本でも出せよ!!!

まあ、北米でも数量限定で即完売してしまったようだし(11月3日に再発売されるとか)、日本で発売されても買えない可能性は高いけどね。というか、数量限定じゃなくて受注生産にすればいいのにと思った。ペプシ・パーフェクトに憧れを抱く人間なんて何百・何千万人もいるんだから、たとえどんだけ高い値段つけようとバカ売れ間違いなしでしょ。少なくとも僕なら絶対買う。保存用と観賞用、それと飲用に1本ずつね。

だからペプシコ社は今すぐペプシ・パーフェクトを全世界で販売する方針に切り替えるんだ!!

パズル進捗状況


下半分がだいぶ形になってきた。ちなみに先日「買うよ」と書いた次のパズルはもう発売されてるんだけど、一緒に頼んだフレームの発売日が10月31日だからまだ届いてない。別にいいけどね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿