タカラトミーアーツ ガッツアニマル!!(全5種) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > タカラトミーアーツ(ユージン) > タカラトミーアーツ ガッツアニマル!!(全5種) レビュー

タカラトミーアーツ ガッツアニマル!!(全5種) レビュー 

商品名:ガッツアニマル!!
作品名:--
発売元:タカラトミーアーツ
発売日:2015年11月中旬
価格:1個200円(税8%込)
原型製作:--
備考:カプセルトイ、全5種

淫夢くん

「ドヤ顔」と「ガッツポーズ」をフィーチャーした動物たちのミニフィギュア、「ガッツアニマル!!」。ラインナップは「アライグマ」「スローロリス」「三毛猫」「ワラビー」「チンパンジー」の全5種類で、それぞれがドヤ顔でガッツポーズを掲げています。

何故こんなフィギュアが発売される運びとなったのかは謎ですが、ラインナップの中に一部のネットホモユーザーに絶大な人気を誇るスローロリスが含まれている事から、まあ、“そういうこと”なんでしょう。

スローロリスを含む全5種を一つずつ紹介していきます。ちなみにシークレットやカラーバリエーションの類はありません。



スローロリス


東南アジアに生息する夜行性の動物。生物学上はサルの一種で、珍しい動物として乱獲の対象になったため絶滅の危機に瀕しています。

ネット上では「淫夢くん」「クソザコナメクジ」「オランウータンの餌」など様々な愛称で親しまれていますが、そもそもの発端は腕を大きく掲げるスローロリスの姿を映した動画が、某プロ野球選手が大学時代に出演したゲイポルノ作品『真夏の夜の淫夢』のオープニングに登場する動物と結び付けられたため。つまり多田野選手のスキャンダルがなければこのフィギュアが発売される事もなかったわけで、たった一度の過ち(ビデオは二本)が思わぬ波及効果をもたらしています。

このフィギュアは件の動画のポーズが忠実に再現されていますが、同時に致命的な欠陥を抱えています。それは「クソザコナメクジ」の語源となった背中のライン(通称・ナメクジ線)がない事。痛ぁいですね……これは痛い。こだわる方は自分でナメクジ線を描き足すとよいでしょう。

全高はおよそ4cm
IMGP8136
スローロリスに関しては1/10スケールぐらいでしょうか。他の種も同じぐらいの大きさなので、スケールは統一されていません。

アライグマ


タヌキに似た姿を持つ北アメリカ原産の哺乳類。容姿に反して気性が荒く、農作物を食い荒らしたり人間に危害を加えたりと近年度々ニュースを賑わせています。愛玩動物としての人気に火を点けたアニメ『あらいぐまラスカル』でも、凶暴性や人に懐かない性質は言及されています(だから森に帰した)。

フィギュアとしての出来は良好で、こちらは特徴的な尻尾のラインも再現されています。造形だけで言えば一番のお気に入りです。

三毛猫


名前の通り、三色の毛が生えた猫。遺伝的な特質として基本的にメスしか生まれず、オスが生まれる確率は30,000匹に1匹の割合だそうです。

猫の造形物は土産物などを含めると無数に存在するため、たとえガッツポーズであろうとも新鮮味はありません。悪い出来というわけでもありませんが、正面からだとほぼ単色ですし、ラインナップ的には一番のハズレではないでしょうか。少なくとも自分はガチャでこればっかり出たら怒り狂います。

ワラビー


オーストラリアに生息するカンガルーの一種。正確にはカンガルーの小さい種をワラビーと呼び、生物学的に明確に区別されているわけではありません(クジラとイルカの関係に近い)。

カンガルーといえばボクシングと結び付けられる事が多く、このワラビーもどことなくアッパーカットを放っているような造形です。

チンパンジー


アフリカ大陸に生息する類人猿。ヒトとチンパンジーの遺伝子は僅か1~4%に過ぎないと言われています。マイケル・ジャクソンが飼っていたバブルスくんや、人間に限りなく近い未知の生物として一世を風靡したオリバーくんが有名ですね。ちなみにバブルスくんは未だ存命していますが、オリバーくんは2012年にひっそりと亡くなっています。

これだけ他と異なり、喜びをグッと堪えた渋いガッツポーズです。サイズが一回り大きい代わりに塗り分けがありません。

おまけ


アーーアーーアーーアーーアアアーーアーーーー(UNICORN)

総括

一般的な認知度の低いスローロリスが立体化された、その一点に価値がある商品と言えます。ぶっちゃけスローロリス以外は何の変哲もない動物のミニチュアフィギュアですし、チョコエッグなどに比べれば作りも甘いですからね。個人的にはスローロリスとアライグマだけあれば他は別に要りません。

とはいえ、カプセルトイという性質上ピンポイントで選んで手に入れにくいので、大抵はまとめて集める事になるかと思います。5個で1,000円ならお財布にも優しく、たとえスローロリスしか必要なくても値段分の満足度は得られるのではないでしょうか。

ただ返す返すもナメクジ線がないのは残念でなりません。-1145141919810893点


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

ラインナップがリスザルとスローロリスだけのガチャがあったら114514回は回したのに…
[ 2015/12/04 23:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿