FREEing VOCALOID3 1/4 初音ミクV3 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

FREEing VOCALOID3 1/4 初音ミクV3 レビュー 

商品名:初音ミクV3
作品名:VOCALOID3
発売元:FREEing(フリーイング)
発売日:2015年11月中旬
価格:27,800円(税8%込)
原型製作:ひろし(桜前線)
備考:1/4スケール

初音ミクV3

2013年にクリプトン・フューチャー・メディアより発売された、『VOCALOID3』対応の初音ミク、「初音ミクV3」。V3は「ブイスリー」と読みます。ブイスリャーではなく。キービジュアルを手がけたのはイラストレーターのiXima氏。

その初音ミクV3が全高40cmを超える圧倒的なスケール(&価格(笑))で、ボカロフィギュアをいくつも手がけるフリーイングより発売されました。ハッキリ言ってデカすぎて撮影ブースに収まり切りません。ちゃんとした写真は他のサイトにお任せします(笑)。



パッケージ

IMGP8165IMGP8170
フタが完全に閉まっていない(隙間が空いている)という一風変わったデザインのパッケージ。小窓が設けられていないので外から中身は確認できません。

全身


写真では分かりにくいと思いますが、思わず「デカァァァァァいッ説明不要!」と叫んでしまう大きさ。ただでさえはち切れそうな太腿やお尻が、かつてない大迫力で見る者を圧倒します。

上着や袖のカラーリングを除けば初代ミクとの差異はあまりありませんが、全体的に解像度(情報密度)が増しており、「バージョン3」を冠するに相応しいデザインと言えるでしょう。

全高は約40cm(台座込みで+2cm)。
IMGP8183
並べると1/8スケールがまるでトレフィグサイズ。目安としてスマホを置いてみましたが、比べればどれだけ大きいか分かってもらえるのではないかと。ちなみに大きさだけでなく重量もかなりのもので、冗談抜きでちょっとした凶器になり得ます(笑)。

頭部

IMGP8186IMGP8188IMGP8190
初代ミクの面影を残したベーシックな顔立ち。近年は意外とこういう「普通のミク」が立体化されないので、かえって新鮮に感じます。

各部

IMGP8191IMGP8193IMGP8195IMGP8196IMGP8199IMGP8201IMGP8202IMGP8204IMGP8206IMGP8209IMGP8211IMGP8214IMGP8215IMGP8217IMGP8220IMGP8222
1/4というビッグスケールを活かし、いつもならプリントで済まされる部分(ソックスの模様など)もきちんと造形されているのが見どころです。細かい文字もしっかり判読できるレベルで印字されています。

塗装は全体的にあっさりしていますが、これだけ大きいと自然に陰影が付くので、あえてクドくならない程度に抑えられているのでしょう。髪の毛やコスチュームの袖にはクリア素材が効果的に使われています。

パンツは青みがかった白。
IMGP8225IMGP8229 
腰は接着されているのか、引っ張っても外れませんでした。強度的な都合かもしれません。キャストオフするには何らかの方法でスカートを取り外す必要があります。

大きめ写真


これまでうちのミクフィギュアの中では左下のプライズミク(宮川武造形)が最もスケール(≠サイズ)的に大きかったのですが、それでもこのV3ミクとは比べるべくもなく。

総括

とにかくデカい、そして高い(笑)。27,800円と言ったらもう少しで据え置きゲーム機が買えてしまいますから、決してお値打ちとは言いがたいです。ただその分出来映えは申し分なく、ベーシックなミクフィギュアの決定盤と呼べるのではないでしょうか。上でも書いたように「普通のミクのフィギュア」はあまり発売されなくなったので、原点回帰という意味でもミクファンなら抑えておきたい逸品です。

ただまあ、昨今の状況を鑑みるにしばらく経ったら半額ぐらいで投げ売られそうではあります。無駄に場所を取るので店側としても早く捌きたいでしょうし(笑)。どうしてもすぐ欲しいというわけでないなら、様子を見るのもアリかもしれません。もっとも、自分はまともな値段で購入した事を後悔などしていませんけどね! ええ。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿