1/7 レーシングミク2014 EV MIRAI Ver. レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。

1/7 レーシングミク2014 EV MIRAI Ver. レビュー 

商品名:レーシングミク2014 EV MIRAI Ver.
作品名:レーシングミク
発売元:マックスファクトリー
発売日:2015年12月下旬
価格:15,800円(税8%込)
原型製作:菜々子(マックスファクトリー)
備考:1/7スケール

レーミク2014 EV MIRAI

初音ミクGTプロジェクトの専用キャラクター『レーシングミク』より、電動バイク「TT零13改」を駆るライダー仕様の初音ミク、「レーシングミク2014 EV MIRAI Ver.」。デザインを手がけたのは『HEROMAN』や『ガンダム Gのレコンギスタ』など、数々のアニメでもおなじみのコヤマシゲト氏です。

EV MIRAI仕様のレーシングミク2014はfigmaでも発売されていますが、今回は1/7スケールのディスプレイフィギュアとして立体化されました。1/7のレーシングミクは2013年発売の「レーシングミク2012」(FREEing製)以来となるため、久しぶりです。



パッケージ

IMGP9566IMGP9567
コスチュームと同色のパッケージ。側面にはコヤマ氏の元イラストが描かれています。

全身


通常のレーシングミク2014が白スクだったのに対し、こちらは露出度の高いビキニ姿。ダイナミックに逆立ったツインテールが特徴で、左腿だけに取り付けたプロテクターもいいアクセントになっています。

ヘルメットは本物と同じく中空になっていますが、被らせる事は出来ません。ツインテールが非常に脆い作りなので、頭に取り付ける際に破損しないように注意が必要です。折れたら取り返しが付きません。

全高(頭頂高)は約21cm。ツインテール込みで約28cm
IMGP9579
右は1/8スケールのレーシングミク2014。イラストレーター(と原型師)はそれぞれ異なりますが、コスチュームデザインはどちらもコヤマ氏が担当しているので色彩に共通点があります。

頭部

IMGP9582IMGP9585IMGP9588
きょとんとトボケた表情が特徴的な顔立ち。イラストと比較すると目元の印象が異なりますが、こちらはこちらで可愛いと思います。

各部

IMGP9590IMGP9591IMGP9593IMGP9595IMGP9601IMGP9603IMGP9604IMGP9606IMGP9609IMGP9611IMGP9613IMGP9616IMGP9618IMGP9621
品質、造形いずれも問題なし。衣装やヘルメットのプリントも丁寧で、細部に至るまでとても美しく仕上げられています。ビキニ姿なのでパンチラやキャストオフといったギミックはありませんが、プリッとしたお尻やヘソのラインがナチュラルに健康的な色気をかもし出しています。

大きめ写真

総括

これまでのレーシングミクと同じく、非常に安定した出来映えです。ポージングもデザインは比較的大人しめですが、コヤマ氏特有の繊細で淡い色彩がしっかり再現されているので、イラストにビビッと来た方はより満足できると思います。

欲を言えばスケールは1/8の方が良かったですかね。マックスファクトリーのフィギュアは1/7スケールが中心ですが、レーシングミクのフィギュアは1/8が主流なので、出来ればそちらに合わせて欲しかったところです。特に1/7でなければ表現できないディテールもありませんし、何より1/8の方が安いですから(笑)。

とはいえ上のレーシングミク2014と並べた写真を見て頂いても分かる通り、そこまでスケールの差は目立ちませんが。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿