超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 77.エンリコ・プッチ レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > メディコス・エンタテインメント/ディ・モールト ベネ > 超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 77.エンリコ・プッチ レビュー

超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 77.エンリコ・プッチ レビュー 

商品名:超像可動 「ジョジョの奇妙な冒険」第6部 77.エンリコ・プッチ
作品名:ジョジョの奇妙な冒険
発売元:メディコス・エンタテインメント
発売日:2016年1月下旬
価格:6,480円(税8%込)
原型製作:PROGRESS
備考:--

プッチ神父

国民的漫画『ジョジョの奇妙な冒険』より、ウェザー・リポート(ドメニコ・プッチ)の双子の兄にして第6部・ストーンオーシャンのラスボス、「エンリコ・プッチ」。若かりし頃出会ったDIOに心酔し、彼の遺志を継いで「天国」を目指す事に執念を燃やしますが、その志はあと一歩という所で徐倫らの遺志を継いだエンポリオによって打ち砕かれます。

弟・ウェザー曰く「自分が『悪』だと気付いていない、最もドス黒い『悪』」。その辛辣な人物評通り、自分の行いを悪びれるどころか他人の幸せのために「やってやってる」と信じ込んでおり、行動理念そのものがDIOも含めた既存の黒幕勢とは一線を画しています。

超像可動のジョジョシリーズが発売されるのは15年8月のウェザー以来、実に5ヶ月ぶり。あまりに久々過ぎて予約するのをうっかり忘れてしまいました(したつもりでいた)。



パッケージ

IMGP0877IMGP0878
焦げ茶色を基調としたパッケージ。余談ながら、通し番号(77)は素数ではありません。

セット内容

IMGP0880IMGP0881
>>フィギュア本体、交換用頭部、交換用手首×6(右2左4)、帽子、DISC×2、DISC用シール、専用台座

付属品はやや少なめ。使用するシールは4枚だけで、残りは全て予備です。

全身


コミックス11(74)巻表紙に準拠した紺基調のカラーリング。ゲームでも基本カラーとして採用されているおなじみの姿です。

全高は約16.5cm
IMGP0889
似てない兄弟ですが、色彩は意図的に揃えられています。

頭部

IMGP0892IMGP0893IMGP0894IMGP0895IMGP0896IMGP0897
通常顔と叫び顔。どちらも緑色の赤ん坊と合体を果たした後の、いわゆる「ザ・ニュー神父」です。旧神父との大きな違いは顔のラインと長く伸びた後ろ髪。首ごと交換する事になりますが、視線を変えた旧神父の頭部も1つ用意されていると良かったかもしれません。

各部

IMGP0902IMGP0903IMGP0904IMGP0905IMGP0907IMGP0908IMGP0909IMGP0910IMGP0911IMGP0914
品質、造形ともに特に問題なし。腰のベルト周りに多少個体差がありそうですが、気になるほど荒れてはいません。

可動

IMGP0915IMGP0916IMGP0917IMGP0918
首は上部ボールジョイント+ヒンジ、下部ボールジョイントの3重構造。服の襟が干渉するため上下にはあまり動きません。

IMGP0922IMGP0923
3つの髪の毛はそれぞれボールジョイントで可動します。

IMGP0919IMGP0921
肩は球体ジョイントで肩パッドは独立可動。肘2重関節、手首球体ジョイント。腕組みはやや厳しいですが、可動範囲は比較的広め。

IMGP0924IMGP0925IMGP0926IMGP0927
腹部、腰にボールジョイント。可動範囲は標準的。

IMGP0929IMGP0930
股関節ボールジョイント、腿上ロール軸。服の裾は3分割されていて、それぞれガバッと広がるおかげで可動の妨げになりません。広げすぎると見映えが悪いという難点はありますが。

IMGP0931
膝は2重関節。

IMGP0933IMGP0934
足首球体ジョイント、爪先ヒンジ可動。接地性は良好です。

オプション

帽子
IMGP0935IMGP0937

コミックス12(75)巻収録『脱獄へ…』にて、緑色の赤ん坊と合体して体調最悪の神父が被っていたテンガロンハット。ほんの数コマしか描かれていない激レア装備です(笑)。

頭頂部に嵌め込む形で取り付けます。
IMGP0940
タイトに作られているのでポロポロ外れる事はありません。専用の添え手も付属しています。

DISC
IMGP0942IMGP0944

ウェザー・リポートの記憶DISCとスタンドDISC。どちらも作中において極めて重要な役割を担っています。透明のプラ製で、直径は1.5cm。12cmCDと同サイズだと考えるとピッタリ1/8スケールですね。予備のシールが無駄に多いので、それならスタプラと承太郎のDISCも欲しかったところではあります。

持つときはこう。
IMGP0948
専用の持ち手が用意されています。円盤を持つ時にこういう指紋の付く持ち方は感心しませんが(笑)。

アクションなどなど


エルメェスに付属していた、最終決戦で神父が警備員から奪ったピストル。持ち手はありませんが、指の曲がった手首で一応持てます。

総括

造形、可動、オプションいずれもソツのない作りで、ラスボスに相応しい出来映えです。スタンド使いは本体だけだとプレイバリューに乏しい点が否めませんが、それは他のキャラも同じですし、いずれホワイトスネイクらが発売されれば解消される、はずです。

付属品に関しては上でも述べたように多少不満はありますが、評価を下げるほどの欠点でもありません。プッチ神父のまともなフィギュアは既存のものだと値段の高いRAHぐらいしかないですし、「全キャラなんて買ってられない」という方でもこれと徐倫ぐらいは揃えておいて損はないと思います。

最近は超像可動(とスタチューレジェンド)の発売が散発的になっており、このままフェードアウトしてしまうのではないかと内心不安ですが、まだSBRは手つかずですしジョジョリオンも少しずつキャラクターが充実してきているので、何とか頑張って続けて欲しいですね。応援の意味も込めて4万円のペット・ショップ予約しましたので!つか高すぎるよ!


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿