姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2081日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2081日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2081日目) 

ボウリング・フォー・トワノ

今日は彼女とボウリングをした。地面に穴を掘ったわけじゃないよ。そんな事をして何になる。


もちろん屋内球技のボウリング。デートの定番、これぞ王道を征くデートスポットと言っていいだろう。スーパーボウリンガーと呼ばれた僕の腕の見せ所でもある。見せ所さん!?


彼女は体を動かす事全般あまり得意ではないけど、ボウリングは結構上手い。風間杜夫出演回の古畑任三郎を彷彿とさせる独特の投球フォームでストライクを連発する。ある意味、彼女もスーパーボウリンガーと言えるだろう。


ひとしきりボウリングを楽しんだ後は、彼女が行きたいと言っていた映画を観に行った。これまた王道中の王道。僕としては『さらば あぶない刑事』を観たかったのだけど、流石にデートで観るには渋すぎるチョイスだから自重した。ホラー好きの彼女の趣味も渋いっちゃ渋いけど、『あぶデカ』の渋さとはベクトルが違うからねぇ。


あとは軽くショッピングをして、時間の許す限り部屋でゆっくり過ごした。もうすぐプチ記念日だから、ショッピングのついでに彼女の欲しそうなものをチェックしておいたよ。今度の日曜日はチョコが貰える(はず)し、その前に彼女を喜ばせてポイントを稼いでおかないとね。8兆ポイントぐらい稼いだる!

豆と寿司の日


今週水曜日、2月3日は節分だったね。ガッツリ平日だからこれといってスペシャル感はないけど、一応ちゃんと豆は食べたよ。片付けるのめんどくさいから、撒きはしなかったけどね。今時ちゃんと豆まきをしてる家庭なんてほとんどないんじゃないだろうか。ダメだね、そういう古き良き伝統は連綿と受け継いでいかないと。彼女と一緒に、「家族として」節分の日を迎えた暁には豆まきの儀式を復活させる事をここに誓おう!

でもそれまでは食べるだけで勘弁って事で。節分の豆、僕は好き。別に特別美味しいとは思わないんだけど、なんかやみつきになる。節分の時ぐらいしか食べないからかもしれない。おやつカルパスよろしく無限に食べられるって程でもないけど、たとえ僕が江戸時代から生きていたとしても年の数だけ食べられるだろうな。ミスタービーンと呼んでくれ。

あと「恵方巻き」も食べた。海苔巻きが結構好きだからね。今年の恵方は南南東だったらしいけど、それには特に従わなかった。従ったところでって感じだし、美味しければそれでいい。海苔巻きの具は王道を征くかんぴょう巻きも嫌いではないけど、一番はやっぱ「カニ」だねぇ。海苔巻きにしろ軍艦巻きにしろ、カニの寿司は美味すぎる。大トロとカニどっちか一つって言われたら迷わずカニを選ぶね。それこそ無限に食べられるかもしれない。カニ味噌の軍艦巻きもマジで最高。カニとエビとシャコがシースー界のビッグ3だと僕は思うね。


あとはもちろんアレもしたよアレ……接吻。節分だけにね(激寒)。まあ、いつもしてるんだけど、あの日は特に重点的にしまくった。僕が江戸時代、いや、紀元前から生きていたとしても年の数だけしちゃうぐらいの勢いでね!

豆よりも寿司よりも、彼女が一番おいしかった(意味深)。ごちそうさまでした。

雑談コーナー【テーマ:かっとばしすぎ】


最近、スキャンダラスなニュースが多すぎてしょ。高部、高橋、SMAP、ベッキー、鑑定団の次は清原かい! 野球には興味ないけど、『かっとばせ!キヨハラくん』世代の僕としては非常に悲しいね。悲しい色やね。

それはそうと、先日ボロカス書きまくった『ドラゴンボール超』だけど、新章に突入して面白くなってきたかもしれない。一度低評価を下したからといっていつまでもディスり続けるのはフェアじゃないと思うので、あえて書き記しておく。あえてね(ミラノダービーアシスト済み)

新章は「格闘大会」と「ドラゴンボール探し」という、ドラゴンボールという作品の良いとこ取りをした展開になるみたいで。それでいいんだよ。変に凝った展開にしようと思うからおかしな事になるんだ。素材の持ち味を生かすなら、シンプルに料理するのが一番でしょ。とりあえず強いヤツ同士が殴り合ってりゃ成立する作品なんだし、ドラゴンボールに深みのあるストーリー展開なんて多分誰も期待してない。

ちなみに今日の放送回は今までの総集編+αだったから、今日の分を見れば今まで見ていなくても全然問題ない。そもそもこの半年間、映画2本分をダラダラ引き延ばしただけだし、見るとしても映画版で十分。ストーリーの違いなんてほとんどないし、追加エピソードもゴミみたいな内容だから見なくていい。

新章入って作画も良くなったし、演出も全体的に垢抜けて普通に見られるレベルだった。スタッフが変わったのか、ようやく本気を出したのかは知らないけど、このクオリティで続けてくれれば意外といい作品になりそう。ま、始まったばかりだし急にへっぽこアニメに戻る可能性も高いから過剰な期待はしないけどね。

いずれにせよ、フリーザ編終わってからの数回に限っては存外ワクワクしながら楽しめたよって事で、一応ご報告まで。またクソつまらなくなったら追って報告する。

パズル進捗状況


完成した!……のはいいんだけど、やっちまったああああああああああああああああああああああああ!!!!!!1

僕は取り返しの付かない事をしてしまった……(AMR)。糊付けしてアクリルシートを被せた後、シートがズレてたから直そうと思ってシートをめくったら、シートとパズルがくっついてたみたいでパズルの表面がもってかれてトンでもない事に……。「何が起こったんです?」「大惨事大戦だ」

軽く補修(といっても白くなった部分をマジックで塗っただけ)したから写真だと分かりにくいかもしれないけど、プニキの右上あたりが荒れているのが見て取れるはず。やっちまったな……これぞまさしく、クールポコ状態。久々に心の底から言おう。「最悪やでカズヤぁ……(レ)」

家に帰るまでが遠足っていい言葉だよね。パズルもきちんと額に納めて壁に飾るまでがパズルなんだ。それをピースが全部ハマったぐらいで安心して油断して……パズル歴5年が聞いて呆れる。何がパズルマスターだ。慢心ダメ、絶対。

しかしヘコむわ~。去年の8月からせっせと作り続けた結果がこの有様だもん。もしタイムマシンがあったら一週間だけでいい、時を巻き戻したい。今この世で最も「一週間前に戻りたい」と思っているのは僕と清原だろうね。

……まあ、今更悔やんでも仕方ない(清原も)。パズルにしろ人生にしろ、舐めてかかると思わぬところで足元をすくわれるっていい教訓になったんだね。自分自身への戒めとして、このパズルは大切に保管するよ。

せめてもの救いはこのパズルが別段思い入れのないプニキのパズルだったって事かナー。ちなみに右端(テントの下)にタヌキがいて、それがこのパズルを選んだ唯一の理由。幸いそこは無傷だったから、九死に一生を得たと言えよう。

次のパズルは思い入れありまくりだから、絶対に失敗は出来ない。するつもりもないし、これまで以上に気合いを入れて臨むよ。パズルマスターの称号を取り戻すためにも!

パズルマスターって何?


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿