劇場版 遊☆戯☆王 1/7 ブラック・マジシャン・ガール(初回特典付き) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > コトブキヤ > 劇場版 遊☆戯☆王 1/7 ブラック・マジシャン・ガール(初回特典付き) レビュー

劇場版 遊☆戯☆王 1/7 ブラック・マジシャン・ガール(初回特典付き) レビュー 

商品名:劇場版 ブラック・マジシャン・ガール
作品名:遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS
発売元:コトブキヤ
発売日:2016年3月中旬
価格:9,720円(税8%込)
原型製作:白髭創
備考:1/7スケール、初回生産特典付き

ブラマジガール

2016年春公開の劇場用アニメ『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』より、主人公・武藤遊戯の使用する魔法使い族の闇属性モンスター「ブラック・マジシャン・ガール」。劇場版では派生キャラクターである「アップル・マジシャン・ガール」「レモン・マジシャン・ガール」も登場し、未だ衰えぬ人気を裏付けています。

コトブキヤのブラマジガールは2011年にTVアニメ版として立体化されており、スケールフィギュアとしては今回で二度目。TVアニメ版には初回特典として「クリボー」のフィギュアストラップが付属していましたが、今回も「劇場版クリボー」のフィギュアストラップが初回特典として用意されています。

なお、時期を同じくしてホビージャパン(AMAKUNI)からもブラマジガールのフィギュアが発売されています。「ホビージャパン限定 ブラック・マジシャン・ガール with ちびブラマジガール レビュー」およびTVアニメ版「遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ ブラック・マジシャン・ガール レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP2133IMGP2134
青を基調としたパッケージ。ウインドウはハート型にくりぬかれています。

全身


魔法陣をイメージした台座から召喚された瞬間を切り取ったポージング。ハートマークのエフェクトがブラマジガールの愛らしいイメージを引き立てています。

「劇場版」と銘打たれていますが、デザイン的にはTVアニメ版とほぼ変わらず、原型師も以前発売されたものと同じなので実質Ver.2と考えてよいでしょう。細かい差異としては腰の飾りが黄色→紫、腕や脚部の丸い宝石が黄色→赤に変更されています。ちなみにホビージャパン版は帽子が固定しづらいという問題がありましたが、こちらは磁石が仕込まれているのでしっかり保持できます。

全高は約24cm
IMGP2145
右のホビージャパン版は1/8スケールで当商品は1/7スケールなのですが、大きさとしてはほぼ同じです。まあ、実体のないキャラクターなので厳密な寸法は定まっていないのでしょう。

頭部

IMGP2147IMGP2150IMGP2151
天真爛漫でキュートな笑顔。やはりブラマジガールにはウインクが似合います。サンプルからの劣化はほとんど見られません。

参考までに、こちらがTVアニメ版とホビージャパン版。
IMGP2157IMGP2155IMGP2154
それぞれ原型師の持ち味が最大限に発揮されており、どれが一番とは言いがたいですね。

各部

IMGP2159IMGP2160IMGP2162IMGP2163IMGP2165IMGP2166IMGP2167IMGP2169IMGP2171IMGP2172
品質、造形ともに良好。思わずダイレクトアタックを宣言したくなる特盛バストも健在です。目を凝らすとピンク色のラインが多少はみ出していますが、気になるほどでもありません。

パンツは今回も白。
IMGP2178IMGP2174
キャストオフギミックはありませんが、ポージングの関係で後ろから眺めると完全に丸見えです。いやらしい。

劇場版クリボー

IMGP2180IMGP2181
初回生産分にのみ付属するボーナスフィギュア。劇場版を観ていないので詳細は不明ですが、マトリョーシカのごとくクリボーの中に小さいクリボーが収まっています。中に取っ手が付いていて、小さいクリボーはその取っ手を掴んでいます。ボールチェーン部分は着脱可能です。

全高は約4cm
IMGP2184
右にいるのがTVアニメ版の特典だった普通のクリボー。デザインはもとより、カラーリングも異なります。

大きめ写真

総括

とても良く出来ています。純粋なクオリティもさることながら、価格が10,000円を切っているのもポイント。ホビージャパン版と比べると定価換算でも3,000円安く、ホビージャパン版は定価販売だった事を考慮するとこちらの方がかなりお買い得と言えます。出来としてはどちらが上というわけでもありませんが、価格や入手のしやすさを含めるとこちらに軍配が上がります。

また、後続ラインナップとして「アップル・マジシャン・ガール」「レモン・マジシャン・ガール」の発売も決定しており、当フィギュアはそれらと並べる事を前提とした造形との事なので、全部揃えれば更に見映えがよくなるでしょう。ブラマジガールフィギュアの中からどれか一つを選ぶなら、現時点ではこれが一番オススメです。

もっとも、後日発売されるマックスファクトリー版も含め、全て揃えるのがベストなのは言うまでもありませんが。同じキャラクターをポージングや原型師の違いによって全く別の角度から楽しめるというのはよいものです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿