姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2172日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2172日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2172日目) 

家康ゥ!?(レ)


先日お伝えした通り、ゴールデンウィークの3日と4日は彼女と一泊二日の日光・鬼怒川旅行に出かけてきた。もちろん二人っきりの旅行なのだけど、“設定”は一応「修学旅行」だから、人目もはばからずイチャイチャってのはあえて控えてみた。あえてね(レスター優勝済み)


僕は別にそういう設定にこだわらないんだけど、彼女は割とこだわるタイプで、「同級生」という設定を楽しんでくれたから、僕も喜んで付き合った次第だ。ま、もっとイチャイチャしまくりたかったのが正直な気持ちだけど、人目のないところではイチャイチャしまくれたからよしとする。

ゴールデンウィーク中の観光地はやっぱり賑わってるねぇ。流石家康公のお膝元である。今は真田丸の影響で信州や大阪に人が集まってるようだけど、通はあえて日光を選ぶ。あえてね(自粛ムード指摘済み)


両日ともに晴れてくれたのは幸いだった。せっかくの旅行で雨が降ったらションテンガリサーだからねぇ。雨でも観光できない事はないけど、鬼怒川のライン下りとかは流石にできないだろうし、日光江戸村の催しも少なくなってしまう。だから晴れでよかった。きっと家康公が「あいつら今度の連休にワシんとこ来るらしいがや。ほんだら晴れにしたろまい(三河弁)」と気を利かせてくれたに違いない。ありがとう、東照大権現!


今回の旅行でも幸せな思い出を山のように作ったよ。東照宮もだし、ライン下りもだし、あとは一緒にお風呂に入ったりね……。修学旅行という設定?そんなの関係ねぇ!(KJMYSO)


そもそも二人で同じ部屋に泊まるという時点で設定に無理があるんだよなぁ……。だからって別々なんてありえないし、細かい事は気にしなくても大丈夫でしょ。ま、多少(の逸脱)はね?

美味しいものもたくさん食べたよ。宇都宮餃子は食べなかったけど。餃子といえば宇都宮と浜松が有名だけど、最近は宮崎も頑張ってるって知ってた? 何でも餃子の年間消費量が栃木・静岡に次いで3位になったんだって。この前テレビでやってた。ちなみにそれまでは京都が3位。京都は「王将」発祥の地だから、食される機会も多いらしい。


餃子を食べはしなかったけど、彼女は家族へのお土産に餃子を買ってたね。何でも頼まれたとかで。やっぱり栃木のお土産は餃子が定番なんすね^~。名古屋で天むすを買うようなもんか。ちなみに天むす=名古屋って言うと三重県民が怒るらしい(発祥は三重)。

ともあれ、今回も最高の二日間だった。一泊二日じゃ全然物足りないけど、日帰りじゃないだけマシと思わなきゃね。いずれまた行ける機会を楽しみにしつつ、今は思い出に浸りきるのみだ。

デビルレイクバーマ(レ)


今日は彼女と湖に行ってきた。やっぱゴールデンウィーク最終日はアウトドアデートでしょ!だしょ!?

旅行に負けず劣らず、今日のデートも超絶楽しかったね。旅行の後は彼女も一緒にいたいって気持ちが強まるのか、いつもより長い時間一緒に過ごせたし……流石に旅行みたいに一泊ってわけにはいかなかったけどナー。


その代わり、今日は彼女がお弁当作ってきてくれたからね。そういう意味では旅行越えと言ってもいいだろう。彼女の手料理は宇都宮餃子の1145141919810倍ウマい。それを「あ~ん♥」して食べさせてもらえるんだから、幸せ度は無限大と言っていいだろう。


んで、せっかく奥十羽野方面に出かけたから、帰りに温泉にも寄ってみたよ。旅行の時みたいに一緒に入れなかったのは残念だけど、彼女の湯上がりたまご肌(MMIKOR)は存分に堪能できたので、よしとする。帰りしな寄った滝も、日光の華厳滝ほどではないもののなかなか見事だった。やるじゃん、十羽野って感じ。

デートの締めはもちろん彼女の部屋でイチャラブづくし。


湯上がりたまご肌(MMIKOR)を存分に堪能した次第だ。旅行に引き続き、今日も最高に幸せなひとときを過ごせて大満足。今年のゴールデンウィークは(いや、今年「も」か)文句なしの結果だったと言えるだろう。

でもまだまだだね。来年はもっと最高のゴールデンウィークにしてみせるよ。これって……伸びしろですね↑(JNITDBTSN)

雑談コーナー【テーマ:DEEP♂DARK♂FANTASY(レ)】


『ダークソウル3』をクリアした。といっても1周しただけだけど、一区切りは付いたって事で感想を述べておく。

いや~~~~~~~~~面白かった! 期待通り、いや、期待以上の内容だったかな。正直前々作『ダークソウル(1)』は思ったほどハマらなくて(プラチナトロフィーは取った)、「騒ぐほどのゲームでもねぇな」って感じだったのだけど、今回はいい。すごくいい。本物の手ごたえとはまさにこの事だろう。

何がいいって全部いいんだけど、1で感じていた不満が払拭されてたのが素晴らしかったね。たとえば1はシームレスマップなのが災いしてエリアが無駄に(←重要)だだっ広くて、中盤以降は「走るゲーム」と化していたのだけど、今回はシームレスでありながらマップに無駄がない。密度が増した、と言えば分かりやすいだろう。

死んでも見た目がミイラにならなくなったのも嬉しいし(※進行方法によってはミイラ化する)、生き返りが比較的容易になったのも良点と言えるね。1は人間性とかいうクソ鬱陶しいシステムのせいで、生き返りたくても出来ない事が多かったし。何より無駄なアイテム稼ぎを強いられなくなったのがグッド。

ユーザビリティが向上した結果、難易度が下がってるんだけど、僕的には良点だと思うよ。難しくしたい人は周回したり装備やレベルを制限したりして調整すれば済む話だし。1周目は全編チュートリアルみたいなもんだから、2周目以降が本番なのだろう。とはいえ、風の噂では過去作ほど周回しても難易度が急変しないようだけど。デモンズとか1は2周目になるとザコの攻撃で即死する事がよくあったけど、そこまででもないみたい。

難易度についてはこの前も書いたと思うけど、「難しいゲーム」ってイメージでプレイしないのは絶対もったいないよ。とりわけ今回はクリアするだけなら全然難しくないから。いわゆる「初見殺し」が多いせいで難しいと錯覚するけど、一度覚えればサクサク進むようになる。苦労するのは操作に慣れない序盤ぐらいだね。

別にアクションゲームが得意というわけでもない僕が難しくないって言うんだから間違いない。ただ、ストーリーをクリアする上で攻略する必要のないエリアとかボスは難しいから、ヌルいばっかりは嫌って人も安心。特に終盤訪れる隠しエリアのボスはとんでもない強さで、何回、いや、何十回死んだかわからない。

ちなみにラスボスは超弱くて、5回目ぐらいのチャレンジで勝った。いくら難しくないと言っても初見で勝てるようなボスはほとんどいない(たまにいる)から、それなりの根気は必要。しかし、だからこそ頑張って苦難を乗り越えた時の喜びはひとしおなのである。

死んでもあんまりペナルティないから、気軽にリトライできるしね。もっとも、デスペナが軽い点は緊張感を削いでいるかなぁとも思うわけだけど。1は死ぬと重要なアイテム(人間性)を落とすから、拾いに行く時のドキドキ感がハンパなかった。今作はすぐに稼げるソウル(お金)しか落とさないから、死んでも「ま、いいか」って思っちゃうんだよね。かといってあまり厳しくされてもイライラが募るだけなので、痛し痒しではある。

そんなわけで、僕の中でのダークソウル3はひとまず終了。別にもうやらないってわけじゃないけど、他にやりたいゲームもあるしね。特に『Fallout4』はもうすぐ大きめのDLCが来るから楽しみだで。操作が混乱するのを避けるためにダクソプレイ中はFallout4封印してたから、なおさら期待が高まるよ。

パズル進捗状況


足元を中心に作成中。一番下の床部分を作りたいのだけど、似たようなピースが多くて捗らない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿