ホビージャパン 『朧村正』 百姫 -湯煙温泉三昧Ver.- レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > ホビージャパン 『朧村正』 百姫 -湯煙温泉三昧Ver.- レビュー

ホビージャパン 『朧村正』 百姫 -湯煙温泉三昧Ver.- レビュー 

商品名:朧村正 百姫 -湯煙温泉三昧Ver.-
作品名:朧村正
発売元:株式会社ホビージャパン(AMAKUNI)
発売日:2016年5月上旬
価格:9,800円(税8%込)
原型製作:sea(とらbrindle)
備考:ホビージャパン通販限定、1/7スケール

ふとももひめ

絢爛絵巻和風アクションRPG『朧村正』より、主人公の一人で美濃国藩主の娘「百姫(ももひめ)」。剣術「朧流」を操る剣豪「飯綱陣九朗(CV:中田譲治)」の魂に憑依されており、可憐な容姿と男性的な言動のギャップがこのキャラクターの魅力と言えます。

当商品はゲームでも印象的な温泉での入浴イベントを再現したフィギュアです。ちなみにそのイベントはゲームの進行には特に影響せず、いわゆる「サービスシーン」として扱われています。ヴァニラウェアならではの緻密なドット絵で描かれた百姫の裸体は必見で、フィギュア化されるのも納得です。

基本的に自分は裸や水着のフィギュアはあまり買わないのですが、百姫のフィギュアとあらば買わないわけにはいかないでしょう。



パッケージ

IMGP3299IMGP3302
小窓が設けられておらず、中は見えないようになっています。

全身


18禁フィギュア一歩手前のギリギリな造形。これでCEROレーティング「B」(12歳以上対象)のゲームなのですから驚きです。左腕に巻き付いているのは前述した「陣九朗」の魂で、入浴中や特定のイベントでは百姫本人の魂と入れ替わるという設定。だから別にCV:中田譲治のおっさんが温泉で頬を赤らめてるわけではないです。沢城みゆきが赤らめてます。

写真や文章では全く伝えられませんが、このフィギュアは「手ざわり」が非常に特殊で、「ツヤツヤ」でも「サラサラ」でもない独特の感触があります。「絹のような柔肌」という言葉がありますが、ちょうどそんな感じ。

全長は約25cm
IMGP3310
右はアルターの百姫。アルターは1/8、こちらは1/7スケールなので随分大きさが異なります。余談ながら、アルター版は近々彩色を新たにして再販されるそうです。

頭部

IMGP3313IMGP3317IMGP3319
恥じらいに満ちた表情が実に扇情的。キャラクターデザインに忠実な美しい顔立ちです。

各部

IMGP3321IMGP3322IMGP3326IMGP3328IMGP3329IMGP3332IMGP3333IMGP3335IMGP3340IMGP3341
品質、造形いずれも完璧な仕上がり。肉感的で透き通るような肌には鮮やかなグラデーションが施されています。濡れた手ぬぐいの質感や肌が透けている表現も見事ですね。温泉の岩場を再現した台座の造形も凝っています。

気になる秘密の花園は残念ながらツルツルです。
IMGP3345
18禁フィギュアではないのでやむなし。各自妄想力で補うなり、腕に覚えのある方はアレをアレしてあげるとよいでしょう。なお、胸の方は見える部分しか作られていない(手ぬぐいは外せない)ので完全な素っ裸には出来ません。

大きめ写真

総括

……………………ふぅ。

「素晴らしい」の一言に尽きます。普通の姿ではなく、あえてこのシーンを立体化する姿勢にまずは拍手を送りたい。18禁ゲームならともかく、コンシューマゲームのヒロインがここまで肌を晒すのはとても貴重で、ありがたみが全然違いますよね。

その上でフィギュアとしての出来映えも完璧なのですから、文句の付けどころがないでしょう。しかも服がない分コストがかからないからか、1/7スケールにしては意外と値段が安い。最高です。

オーソドックスな百姫フィギュアは決定版とも呼べるアルター版が存在するので、スケールこそ違いますが両方揃える事をオススメします。また、主要キャラクターの一人である「紺菊」も湯煙温泉三昧Ver.としてホビージャパンから発売されますので、作品ファンの方はそちらも併せて購入するとよいでしょう。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿