figma No.276 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 闇遊戯 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > figma No.276 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 闇遊戯 レビュー

figma No.276 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 闇遊戯 レビュー 

商品名:figma 闇遊戯
作品名:遊☆戯☆王デュエルモンスターズ
発売元:マックスファクトリー
発売日:2016年6月上旬
価格:6,480円(税8%込)
原型製作:枡・SF345
備考:--

遊戯ボーイ

大人気カードゲームアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』より、主人公・武藤遊戯の肉体に宿るもう一つの人格「闇遊戯」。その正体はかつて闇の大神官との戦いの末、自身の魂を千年パズルに封印した古代エジプトの王「アテム」。表の遊戯には「もう一人のボク」と呼ばれ、絶大な信頼を寄せられています。

遊戯王のフィギュアはこれまでコトブキヤを中心に様々なメーカーから発売されてきましたが、全てスケールフィギュアだったため可動フィギュアとしては今回が初。少年ジャンプ連載作品のキャラクターがfigmaとして発売されるのは比較的珍しく、意外なラインナップと言えます。



パッケージ

IMGP3689IMGP3690
紫を基調としたパッケージ。

セット内容

IMGP3693
>>フィギュア本体、交換用表情パーツ、交換用瞳パーツ、交換用手首×8(右4左4)、学ラン、デュエルディスク、カード(2種)、千年パズル、専用台座、収納袋

小物類が充実しています。

全身


デザイン、プロポーションともにアニメそのままの造り。作中どうやって固定されているのか謎な学ランマントは背中の穴に接続されており、自由に着脱が可能です。ちなみにマントを羽織ると台座なしで自立するのは極めて困難で、公式サイト等の商品紹介にも「自立できません」とはっきり記載されています。

デュエルディスクは左前腕部を丸ごと交換して取り外せます。
IMGP3724
デュエルディスクと腕が一体化しているので、他のキャラクターにデュエルディスクだけを取り付ける事は基本的にできません(腕が遊戯になっても気にしないなら可能)。

専用の手首で持たせられるカードが付属しています。
IMGP3720IMGP3721
5枚1組のものと1枚だけのものの2種類。表側は大人の事情で黒く塗りつぶされています。

全高は約15cm
IMGP3703
figmaとしては比較的大きめ。遊戯でこの大きさだと、大柄な社長は同じスケールで出せるのかな?という不安があります。

頭部

IMGP3706IMGP3707IMGP3708IMGP3709IMGP3710IMGP3712
爽やかな笑顔と精悍な睨み顔の2種類。特徴的な顔立ちが忠実に再現されています。欲を言えば口を開けた顔がもう一つ欲しかったところです。

顔パーツは2つだけですが、「瞳」が取り外せるようになっており、視線を変えられます。IMGP3714IMGP3715
IMGP3716IMGP3717
これは他のキャラクターにも採用してほしいナイスなアイデア。もっとも、顔が大きいからこそ実現できたギミックでもありますが。

アクションなどなど

総括

スケールフィギュアの遊戯が発売された時から「可動フィギュアでも欲しい」と思っていたので、念願叶ってとても嬉しいです。クオリティも申し分なく、視線の向きを変えられるおかげでポージングの自由度も高め。あまり激しく動き回るキャラクターではありませんが、他のフィギュアと絡める事でプレイバリューをより向上させられます。

今後ブラック・マジシャンやブラック・マジシャン・ガール、そしてライバルの海馬社長などが発売されればますます満足度の高いフィギュアになると思われます。他のキャラを揃える際もまず主役の遊戯がいないとどうしようもないので、遊戯王ファンならとりあえず確保しておいて損はありません。

ちなみにリボルテックでも可動フィギュアとして遊戯や社長、ブラック・マジシャンの発売が控えていますが、あのシリーズは顔がね……。サイズの問題もありますし、なるべくこちらでもラインナップを充実させてもらいたいものです。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿