姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2228日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2228日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2228日目) 

期末テスト開始のお知らせ


7月になった。つまり、今年も残すところあと半年。早いねぇ。ついこの前正月を迎えたばっかりの気がするよ。キンコメの高橋メンバーが逮捕されてからもう半年以上経つんだね。世間のニュース的には半年しか経ってないのに今年は色々起こりすぎな感はあるな。今週だけでもあんなニュースやこんなニュース、色々あったし。

それはともかく7月と言えば夏休み!……なんだけど、その前に乗り越えなければいけない試練がある。そう、一学期の期末テストである。それこそ中間テストなんてついこの前やったばっかりじゃね!?って思うけど。

中間テストはパーペキ(死語)だったけど、だからこそ期末テストでしくじるわけにはいかないね。中間でしくじっても期末で挽回できるけど、期末でしくじったら「もう終わりだぁ!(レ)」と絶望したまま夏休みになだれ込んでしまう。それだけは何としても避けなければならない。

だから今週は彼女と目一杯「勉強」をした。

頑張ったよ、超頑張った。やっぱり彼女と一緒に勉強をすると捗るね。テストは嫌だけど、彼女とのテスト勉強は大好きSA☆

万全を期すために今日のデートは我慢したけど、それだけが悔やまれるなぁ。ケーキが別腹なのと同じようにデートとテスト勉強は別で、それはそれ、これはこれだし。デートしたってテストでいい結果残せなくなる事はないと思うけど、万が一って事があるからね。実際、「大丈夫でしょ。ま、多少(の息抜き)はね?」と慢心して散々な結果だった事あるし。同じ轍は踏まないのが僕のポリシーだ。

まあ、テスト終わって夏休みに入ればデートしまくれるし、今はパワーを蓄える時期と考えておく。TDNデートだけじゃなく、夏休み中にはもしかしたら旅行にも行けるかもしれないし。というか、行きたいよね。夏休みに遠出しないなんてもったいなさすぎる。行き先はどこでもいいから、とにかく彼女とお泊まり旅行がしたい! そして蓄えたラブラブパワーを思いっきり開放したい!!!


そのためにも、まずはテストを無事乗り切らないと。来週の今頃、「もう終わりだぁ!(レ)」と絶望していない事を祈るよ。

イインダヨ!グリーンダヨ!(SMRKN)

今週は、というか今週も彼女が晩ご飯を作ってくれた。アッハ☆ごちそう!(レ)である。一緒に勉強出来るだけでも幸せなのに、その上ご飯までご相伴にあずかれるとは! たまらないね、まったく。

先週はグリーンカレーを作ってもらったって書いたけど、今週食べさせてもらったのはこちら。

グリーンカレー。またかよ!なんて言わないように。……いや、正直なところ少しだけ思ったけどね、「またかよ!」って。

よっぽどこの前のレストランで食べたグリーンカレーが美味しかったらしく、完全にハマっちゃってる。元々辛いものが苦手な彼女はカレーもあまり好んで食べないから、余計感動したのだろうね。「世の中にはこんな美味いカレーがあったのか!」って。その感動を僕にも味わってもらいたくて何度も作ってくれるというのはごくごく自然な流れと言える。

それにカレーはしょっちゅう食べても飽きないし。作ってしばらくは毎日カレーという人だって珍しくはないだろう。無類のカレー好きは一年中ほぼ毎日カレーを食べているとも聞く。そう考えれば週に2回や3回カレーを食べるぐらい、当たり前だよなぁ?

彼女の作ってくれるカレーなら毎日食べたって問題ない。私は一向に構わんッッ!(RTKIOU)

雑談コーナー【テーマ:モンタージュ】


先週の土日にフジテレビ系列で放送された福士蒼汰主演のドラマ『モンタージュ』がなかなか面白かった。あの昭和史に残る大事件「三億円事件」を題材にしたサスペンスで、主人公が父親の死をきっかけに三億円事件の影に隠された陰謀を解明すべく奔走するという物語。一部現実に則した描写はあるものの(容疑者の特徴や遺留品など)、ストーリー自体は完全なフィクションで、現実に起きた事件の真相を紐解くといった主旨の作品ではない。

で、ドラマが割と面白かったから原作の漫画が気になってね。原作はヤングマガジンで2010年から2015年にかけて連載された『三億円事件奇譚 モンタージュ SINCE 1968.12.10』という作品。連載中の漫画、特にサスペンスやミステリーは結末に至っていないと色々モヤモヤするからあんまり途中から読み始めたくないのだけど、完結してるとあらば読まない理由はない。

で、コミックス全19巻、読んだよ。いや~~~~面白かったわ。思わず徹夜して一気読みしちゃったもん。途中で寝ようかと思ったんだけど、あと少しあと少しって思ってるうちに全部読んでしまっていたという、かの『キングダム』と同じパティーン。サスペンスだからなおさら続きが気になって止まらなかったね。

そして原作を読んで改めて思った。「原作ファンはあのドラマの出来映えに納得出来たのだろうか?」と。いや、ドラマはドラマで面白かったと思うよ。ただ、原作と比較するとどうしても見劣りするよね。200話近いエピソードを2時間ドラマ2本分にまとめなきゃいけないから仕方ないんだけど、かなり展開が端折られてるし。

登場人物も絞られていて、それに伴って人間関係がシンプルに再構築されているからあっさりし過ぎの印象が否めない。原作で頻繁に描かれる性描写やグロテスクなシーンも当然バッサリカットされてるし。この作品におけるエログロは人の醜さや欲望を表現する上で欠かせない要素だから、削られてるのは大きなマイナス。原作で重要な役割を果たす水原刑事と真玉橋刑事がいないのもいかんでしょ。

ドラマを見て面白いと思った人も、そうでもなかった人も、是非原作を読んで欲しいね。サスペンス好きなら絶対ハマるから。水原刑事のエピソードは久々に漫画でガチ泣きしてしまったよ。ネタバレになるから多くは語らないけど、江ノ島に行きたい気持ちが改めて高まってきたのは言うまでもない。

ちなみにドラマと原作は大筋の設定こそ共通しているけど、展開は全然違うからドラマを見ていても面白さが損なわれる事はない。結末自体が全く異なるので、紆余曲折ありつつも同じような着地点に至るデスノートの映画版と原作よりも乖離していると言える。ドラマでは大した設定が与えられていないキャラが原作だと重要人物だったりするから、むしろドラマを先に見ていた方が意表を突かれて楽しめるかもしれない。

どうでもいいけど、主人公の親父の若い頃の顔がヤマジュンの漫画『教育実習生絶頂す』の主人公・神谷先生に似過ぎだと思うのだが、どうだろうか。陰気臭い表情の時なんて特にそっくりだから、いつ下半身を露出して「オレホモなんです」と言い出さないかとヒヤヒヤもんだったよ。主人公を含め、「いい男」がたくさん出てくるからホモにもオススメだゾ。

パズル進捗状況


八割方完成しただろうか。まだ一番難しい背景の大部分が手つかずだけど。

お礼

ふぃぎゅる!』様、
超像可動 ジョジョの奇妙な冒険 第6部 78.ホワイトスネイク レビュー

ご紹介頂きありがとうございます。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿