劇場版 遊☆戯☆王 1/7 アップル・マジシャン・ガール レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > コトブキヤ > 劇場版 遊☆戯☆王 1/7 アップル・マジシャン・ガール レビュー

劇場版 遊☆戯☆王 1/7 アップル・マジシャン・ガール レビュー 

商品名:劇場版 アップル・マジシャン・ガール
作品名:遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS
発売元:コトブキヤ
発売日:2016年9月6日
価格:10,800円(税8%込)
原型製作:白髭創
備考:1/7スケール

AMG

2016年公開の劇場用アニメ『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』より、主人公・武藤遊戯が使用する炎属性/魔法使い族のモンスター「アップル・マジシャン・ガール」。攻撃対象となった際に相手モンスターの攻撃力を半分にしつつ手札や墓地の「マジシャン・ガール」と名の付くモンスターを特殊召喚する効果を持ち、劇中ではレモン・マジシャン・ガールを特殊召喚して海馬のブルーアイズ・カオス・MAX・ドラゴンの猛攻を凌ぎました。

当フィギュアは先に発売された「劇場版 ブラック・マジシャン・ガール」および2016年10月発売予定の「レモン・マジシャン・ガール」との連動が図られており、並べて飾れるようポージングや台座の形状に工夫が凝らされています。「劇場版 遊☆戯☆王 1/7 ブラック・マジシャン・ガール(初回特典付き) レビュー」も併せてご覧下さい。なお、ブラマジガールと違い初回特典はありません。



パッケージ

IMGP6121IMGP6122
ピンクを基調としたパッケージ。ウィンドウはリンゴの形にくり抜かれています。

全身


アップル・マジシャン・ガールという名前の通り、リンゴをモチーフとしたデザインが特徴的。ピッチリとしたボディコンスーツがお色気満点です。ブラマジガールとのビジュアル的な共通点はトンガリ帽子ぐらいで、ブラマジガールや師匠のブラック・マジシャンに見られた魔術師然とした意匠は薄まっています。

全高(帽子の先まで)は約22cm
IMGP6131
右はブキヤのブラマジガール。いずれも魔法陣を模した台座で統一されています。

頭部

IMGP6133IMGP6134IMGP6135
ブラマジガールの妹分というイメージからか、グラマラスな肢体に反して顔立ちは幼い印象。写真を見て初めて気付いたのですが、瞳の中にリンゴが描かれていますね。帽子は磁石で頭頂部に固定されており、自由に着脱が可能です。

各部

IMGP6137IMGP6138IMGP6139IMGP6140IMGP6142IMGP6143IMGP6144IMGP6145IMGP6147IMGP6149IMGP6151IMGP6153
品質、造形ともに良好。背中や衣服に生えている羽根はクリアパーツ製で、ゴールドのラインも丁寧に塗られています。最大の見どころは下着のラインがくっきりと浮き上がったお尻。同じく浮き上がったヘソも含め、フィクション特有のありえない素材が再現されています(笑)。

台座は羽根の生えたリンゴを積み重ねたデザイン。
IMGP6157
上のリンゴの突起はフィギュアのお尻と接続するためのピン。この仕様上、フィギュアのお尻に大きな穴が空いているのが気になると言えば気になります。

下着はピンクがかった白。
IMGP6160
キャストオフは出来ず、脚を閉じているのであまりしっかりとは見えません。

大きめ写真

総括

フィギュアの出来はすこぶる良好ですが、正直思い入れゼロのキャラクターなのでブラック・マジシャン・ガールのフィギュアを手にした時のような感動はありませんね。これ単品で買う人はあまりいないと思いますが、いずれにせよブラック・マジシャン・ガールならびに後発のレモン・マジシャン・ガールとセットで飾ってナンボのフィギュアなのは確かでしょう。

ただ繰り返しますがフィギュア自体のクオリティは申し分なく、お色気的な意味でもバッチリなので造形に惹かれたら単品で購入しても満足できると思います。レモン・マジシャン・ガールも今から楽しみですね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿