姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2333日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2333日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2333日目) 

10月10日


今週の月曜日、10月10日は言わずと知れたプチ記念日。ガチの記念日が4月10日だから、ちょうど半年という節目にあたる重要な日だ。ハーフバースデーならぬハーフ記念日って事で、いつも以上にハリキってしまうのは当然と言えるだろう。

恒例の遊園地デートは日曜日に前倒しする形でした事は先週お伝えした通りだけど、記念日当日ももちろん改めてお祝いをしたよ。ハーフ記念日だからこそ、あえて遊園地のような騒々しい場所ではなく、二人っきりで粛々と過ごしたかったってのもある。あえてね(オーストラリア戦引き分け済み)

彼女も僕と過ごす時間を楽しみにしてくれていたみたいで、当日は彼女の方から「会いたい」って連絡があってね。リアルガチで嬉しかったなぁ……もちろんBダッシュで会いに行ったさ。そして会ってすぐ、思いきり抱きしめたね。あまりに嬉しくて、つい。ヤバイと思ったが、自分を抑えられなかった。


プレゼントも当然用意した。ハーフ記念日って事で少し奮発して、今回はバッグにしてみたよ。いつも服だのアクセサリーだのってのも芸がないし、実用的な物の方が喜んでもらえるかなと。実際、彼女は非常に喜んでくれた。彼女に似合いそうなデザインで、なおかつ機能的なやつを頑張って選んだ甲斐があったよ。

前日の遊園地デートに続き、実に楽しい一日だった。愛さえあれば特別な事をしなくても幸せって感じられるんだねぇ……。旅行もいいけど、大切な日を大切な人と過ごすならやっぱり地元に限るし、ソーセージは魚肉に限る(FRHT)

中間テスト開始のお知らせ


秋は楽しいイベントが目白押しだけど、楽しくないイベントも少なからずある。その筆頭が明日から始まる中間テスト。夏休みを挟んだおかげで前回のテストからかなり間が空いたけど、だからこそ余計憂鬱だ。体が「テスト慣れ」してないからね。テストさえなければ月曜日の記念日だってもっと幸せいっぱいだったに違いない。許すまじ、中間テスト。

とはいえ、憎んでいても仕方がない。避けられない運命ならば甘んじて受け入れるしかないのだ。最悪の事態を避けるべく、今週は彼女と勉強をしまくったよ。


ただ、今回は今ひとつはかどらなかった感もある。いや、頑張ろうとは思ったよ。でも遊園地デート、ハーフ記念日と素敵な時間を経て、彼女と一緒にいられる喜びを改めて実感した僕はどうしても勉強に身が入らないというか。あまりに彼女が魅力的過ぎて、勉強どころじゃねぇ!って感じ。

後悔はしてないよ。一緒に勉強する事を望んだのは僕自身だし、何よりこの一週間リアルガチで楽しかったからね。テスト勉強はもちろん大切だけど、それ以上に大事なものもあると思う。そしてその大事なものを得られた僕が後悔なんてするわけがない。したこともない。

ま、テストは何とかなるでしょ。年末年始のションテンにかかわる期末テストと違って中間テストは挽回の余地もあるし、ま、多少(の失敗)はね? だからといっていい加減な気持ちで臨むわけにもいかないので、今週末のデートは涙をのんで我慢した。本当はしたかったけどねぇ……テストなんて忘れて彼女と幸せの海に溺れたかったよ。

雑談コーナー【テーマ:VR】


『PS VR』が発売されたようだね。買ってはいないのだけど、興味はある。単純に面白そうじゃない?

今のところ「これ!」と言ったタイトルがないから様子見の状態だけど、GTAのようなオープンワールドがVRに対応したら買ってもいいかなーと考えてる。リアルなFPSよりもGTAみたいなはちゃめちゃなゲームの方がVRには合ってると思うな。GTA5自体がVRに対応しても買うかどうか微妙だけど(PC版で遊んでいるので)、新作は是非VR対応で出してもらいたいね。ま、GTA6なんて東京オリンピックが開催される頃まで出なさそうだけど。

オープンワールドといえば、最近PC版の『ザ・クルー』っていうゲームに多少ハマってる。このゲームの事、前に書いたような気がするけど検索しても引っかからないから勘違いだったようだ。アメリカ全土を舞台にしたオープンワールドのレースゲームで、とにかくマップがめちゃくちゃ広大なのが特徴。流石に本物のアメリカよりは小さくてデフォルメされてるけど、ニューヨークやらベガスやらデトロイトやらといった主要都市部は忠実に再現してあって、レースゲームでありながらちょっとした旅行気分が味わえる。

あくまでも「レースゲーム」だから車からは降りられないけど、広い世界をのんびりドライブするのが好きな人にはオススメだ。純粋なレースゲームとしては挙動も含めて多少大ざっぱなところもあるから、ドライブゲームと考えた方がいいかもしれない。

ストーリーはギャングのボス(と悪徳FBI捜査官)に兄貴を殺された主人公が復讐のためギャングに潜入、のし上がってボスの首を取るっていう分かりやすい話。日本語版のボイスは吹き替えで主人公役は子安なのだけど、ひげもじゃの風貌とあんまり合ってないのが気になるといえば気になる。

このゲーム、PS4版もあるのだけどPC版をプレイしているのはグラフィックがキレイだから……ってだけじゃなく、PC版は無料で遊べたからって理由が大きい。先月いっぱい、発売元Ubisoftのキャンペーンで無料配信されていたんだよね。だからこのネタ、本当は先月書くべきだった。というか、書いたつもりだった。興味あるけど知らなかったって人がいたら申し訳ない。

まあでも、普通に買っても損しないゲームだと思うよ。それに無料なのはあくまでも本体で、ゲーム性を拡張するDLCは有料だし。DLCを適用するとバイクに乗れたりドラッグレースが出来たりして遊びの幅が広がる。マップ自体は同じだからただドライブできればいいだけなら本体のみで十分だけどね。

かくいう僕もバイクやドラッグレースには別に今日見ないけど、12月に発売されるDLC第2弾ではパトカーに乗ってDQNを成敗する警察モードでプレイ出来るようになるらしいから、それはかなり気になってる。かの痛快レースゲーム『ニードフォースピード ホットパースート』を彷彿とさせる要素だからね。

こういうゲームこそVR対応すべきだと思う。GTA5と同じ理由でザ・クルー自体がPS VRに対応しても買わないけど、同系統の新作が出たら買ってもいいと思える。リアルなアメリカの土地を自由きままに旅できるなんて夢のようだぁ……。

パズル進捗状況


順調に作成中。このパズル、同じような絵柄のピースが一部を除いてほぼないから難易度は低い。ピース数は500と多めだけど、ちびっ子でも組み立てられると思う。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿