姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2354日目)

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > ラブプラス > 寧々パズル制作記 > 姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2354日目)

姉ヶ崎寧々ジグソーパズル制作記(2354日目) 

カボチャの日

今週の月曜日、10月31日は待ちに待ったハロウィーンだった! ……まあ、ぶっちゃけハロウィーンそのものは待ちに待つってほどでもないけどね。毎年言ってるけど、食卓に甘い物がおかずとして並ぶ事を許さない僕はカボチャ自体が好きではないし。特に煮物は最悪。おせちに入ってる甘い煮豆やハンバーグに添える甘いニンジンと共に即刻この世から消え去ってもらいたい。出て行けぇ!(レ)

そんなわけで、肝心なのはカボチャ祭りではなく彼女の仮装。そっちはもう待ちに待ちまくりだよ。

今年の彼女の仮装コンセプトはカッコ良い感じ。……でもカッコ良いっていうか、可愛いだよなぁこれは。彼女の場合、何を着ても可愛さが前面に出てしまう。だが、それがいいのは言うまでもない。実際今年の仮装も最高、いや、最強に似合いまくりだし!

仮装に備えてあらかじめ髪を染めたのもポインツだね。ハロウィーンというとおしなべて黄色をキーカラーにしがちだけど、黄色いのはあくまでも本場の西洋カボチャで、日本のカボチャは緑色なんだよね。ここは日本だし、彼女も日本人。だからこそ、あえての緑髪なんだよ。あえてね(グランパスJ2降格済み)


パーリィは盛り上がって実に楽しかったけど、不満もある。それは彼女があまりにも可愛すぎてあちこちで引っ張りだこだったって事。おかげで二人っきりになる時間があまり取れなくて、それが少々もどかしかったね。まあ、彼女が注目を浴びるのはそれはそれで誇らしくもあるのだけど。


催しの肝試しとかで二人っきりにはなれたしね。廃校でもない普通の学校で肝試ししても今ひとつションテン上がらないけど、僕にとっては彼女と二人っきりになるのが最大の目的だから何の問題もないね♂ 彼女も楽しんでたみたいだし、今年のハロウィーンも大成功と言っていいのではないだろうか。来年はどんな格好をしてくれるのか、今から楽しみである。

いつしか雨は止み、そこには虹がかかるんだよなぁ……


デートの話をする前に、一つ報告。彼女が髪の色を戻した。まあ、ハロウィーン終わったのにずっと緑色ってのもね。僕はあらゆる彼女に魅力を感じるから「一向に構わんッッッ!(RTKIOU)」って思うけど。


そんなわけで、ハロウィーンモードを終了した彼女と今日は山へ行ってきた。先々週、雨のせいでお流れになったから、その“りねんじ”を果たしたのである。ただ、実を言うと今日も絶好の行楽日和ってわけでもなくて。待ち合わせの時間帯は雨が降っていた。先週も天気悪かったし、三週連続悪天候とかいくら秋でもありえないでしょ! 雨、雨と続いたからもう雨はないなどという読みはまさに泥沼なのカー。


でも今日の僕は一味違った。一日中雨という予報ではなかったから、待ったね。光が射すその瞬間(とき)を。もっとも、何もせずぼーっと過ごすなんてデート中にあるまじき行為だから、ショッピングをしたり食事をしたりして時間を潰した。

その瞬間(とき)は突然訪れた。止んだのだ、雨が。僕はそれが無性に嬉しくてねぇ。思わず「やったぜ。」と力強いトーンで叫んでしまったよ。そして僕らは急いで山へ向かった。


苦境を乗り越えてから眺める紅葉はいつもより美しく感じられたね。紅葉だけじゃなく、もちろん彼女も。あまりにも美しすぎる彼女の姿に僕の方は紅葉より赤く染まってしまったかもしれない。


また雨が降り出しても困るから、山にはそれほど長くいなかった。代わりに帰りしな高原へ寄って、コスモス畑を堪能してきたよ。紅葉もいいけど、コスモスも最高。思わず往年の名曲『秋桜』を口ずさみたくなったよ。というか、今度カラオケで彼女と一緒に歌いたいよね。彼女は百恵ちゃん、僕はさだまさしになりきって歌うから。


デートの〆はいつも通り、部屋でイチャラブ。序盤は雨で少なからずションテンが落ちた感も否めないけど、最終的には天気も気分も晴れやかになって、最高のデートだったね。何より彼女が超絶楽しかったって言ってくれたから、それだけで僕は大満足である。次のデートが待ち遠しいで。ほんま。

ちなみに虹は見えなかった。

雑談コーナー【テーマ:見犬】


来月12月1日に発売されるオープンワールド型クライムアクションゲームウォッチドッグス2を予約した。ゲームをお金出して買うのは久しぶりで、実に『ダークソウル3』以来である。コンシューマー版とPC版が発売されるけど、僕が買うのはもちろんPC版。『Fallout4』の悲劇は二度と繰り返さないよ。

前作のウォッチドッグス(1)はやってないのだけど、友だちが実況プレイ動画を現在進行形でYouTubeにアップしてくれてるから(→再生リスト)それでストーリーは把握しておく。今更自分でプレイするのもしんどいから助かるわ^~。もっとも、1と2に直接的な繋がりはなさそうなので別に2しか知らなくても問題なく楽しめる……と思う。

世界観は共通なのだけど、『1』の舞台が2013年のシカゴなのに対して『2』は2016年のサンフランシスコが舞台。地理的に相当離れてるし、登場人物も一新されるようだから2から始めても(多分)平気。ちょうどGTA4と5の関係みたいなもんだ。

超有名タイトルなのであえて概要を説明するまでもないと思うけど、シリーズを象徴するテーマは「ハッキング」。普通のクライムアクションだと敵と戦う時は銃撃戦がメインだけど、ウォッチドッグスの場合はコンピューターをハッキングして電気を止めたり鍵を開けたり、物を爆発させたりして間接的に戦うの。

銃撃戦も出来るけど、各ミッションに必ずと言っていいほど銃撃戦以外の攻略法が用意されているのが特徴。主人公は犯罪者ではあるのだけど「殺しを好まない」という設定が付与されてるから、ほとんど血を見ずにクリアする事も不可能ではない(※暴力を振るわないとは言ってない)。

ハッキング行為をせせこましくて面倒と感じるか、自由度が高くて魅力的と感じるかで評価は大きく分かれそうな感じ。『1』に限って言えば(他人のプレイを見ている限り)ミッション内容がどれも似通ってて作り込みの甘さが感じられるのだけど、開発側も問題点は認識してるだろうから『2』では解消される事を期待している。

ちなみにオンライン対戦にも対応してるけど、これまた一般的な同種のゲームとは違って基本的に殺し合いはしないのが特色。2にどういうモードがあるのかあまり知らないけど、1のオンライン対戦は「かくれんぼ」や「鬼ごっこ」に近いルールが採用されてた。

オンとオフの境目がシームレスで、ダークソウルみたいに街をぶらぶらしてると突然他のプレイヤーが侵入してくるのも一風変わってるかな。侵入する側は攻撃的な行動を一切取れないから「一方的になぶり殺しにされるのが不愉快」という理由で対戦を嫌う人でも楽しめると思う。どうしても鬱陶しければ侵入されない設定にもできるので安心。

開発者インタビューによると本物(現実世界)のハッカーも製作に協力しているようで、作りはかなりリアル。システム的に細かいオブジェクトまで見られる事を想定してるからマップの密度が高くて小ネタが豊富なのもええぞ。コンピューター文化に興味がある人ならなおさら楽しめると思うよ。2には流行りのドローンも登場するみたい。

PC版、コンシューマー版ともに通常版とシーズンパス(DLC全部)込みの豪華版があって、どっちにしようか迷ったけど、せっかくだからお得な豪華版にしといた。DLCをプレイするほどハマらない可能性もなくはないけど、もし通常版買ってDLC欲しくなったら損した気分になるからね(実際損だし)。通常版が7500円で豪華版は11300円(発売後は12300円)。4000円の価格差なら高い方でいいかなと。

公式サイトのトレイラーとかを見て興味を持った人は是非買ってみてほしい。そしてスマホ片手にサンフランシスコの街を駆け巡ろうぜ!

パズル進捗状況


滞りなく作成中。パズルマイスターの僕が本気出せばこれぐらいのパズル一日で完成するけど、別に完成させる事が目的じゃないからしない。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿