グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 合金島風 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 合金島風 レビュー

グッドスマイルカンパニー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 合金島風 レビュー 

商品名:合金島風
作品名:艦隊これくしょん ‐艦これ‐
発売元:グッドスマイルカンパニー
発売日:2016年11月上旬
価格:14,800円(税8%込)
原型製作:白鷺いさお
備考:--

ぜかまし 

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん ‐艦これ‐』より、大日本帝国海軍が開発・建造した島風型駆逐艦の1番艦「島風」。当初島風型は16隻の建造が予定されていましたが、戦局の移り変わりや生産性を理由に量産化が見送られ、結局は島風1隻の建造に留まりました。

『艦これ』においてはビキニパンツとウサ耳カチューシャがトレードマークの活発なキャラクターとして設定されており、「ぜかまし」の愛称で親しまれています。艦娘としての知名度は恐らくナンバーワンで、いわゆる薄い本における“被害担当艦”としても屈指の人気を誇ります(笑)。

そんなぜかましちゃんは立体化の機会にも恵まれていますが、今回はお供のマスコット「連装砲ちゃん」が武器や装甲に「変形」する一風変わった仕様のアクションフィギュアとして発売されました。



パッケージ

IMGP7458IMGP7460
メタリックな黒を基調としたパッケージ。厚みこそありますが、箱の大きさはfigmaとそれほど変わりません。

セット内容

IMGP7462
>>フィギュア本体、交換用表情パーツ×2、交換用手首×11(右6左5)、61cm五連装酸素魚雷、連装砲ちゃん×3、ハンマー用金属棒、台座一式

様々な飾り方に対応するため、台座の支柱が豊富に付属。ちなみに台座の裏側は支柱のアタッチメントやハンマー用金属棒の収納スペースになっています。

全身(通常仕様)


連装砲ちゃんの分割線と島風の髪の毛のヒンジが少々気になりますが、それ以外はごく普通の造形。島風本体は太腿や股関節に金属パーツが使われているため意外と安定感があり、大人しいポーズなら自立も可能です。目玉である換装ギミックについては下で。

品質は流石のグッスマクオリティ、細部まで丁寧に作り込まれています。ただパーツの精度にやや甘い部分が見受けられ、島風の前髪や連装砲ちゃん(小)の手がかなり外れやすくて弄っているとイライラします。

右手首の一つに「おいしい重油」の紙パックを持ったものが用意されています。
IMGP7524
おいしい牛乳のパロディですな。

全高(頭頂高)は約14cm
IMGP7477
島風、連装砲ちゃんともにfigmaより二回りほど大きく作られています。当然ながらパーツの互換性はありません。

頭部

IMGP7478IMGP7479IMGP7480IMGP7481IMGP7482IMGP7483IMGP7484IMGP7485IMGP7486
通常顔、笑顔、左向き顔(攻撃顔)の3種が付属。いずれも可愛らしく作られており、figmaと比較しても遜色ありません。

換装ギミック

当商品には連装砲ちゃんを変形させ、「追加装甲」として島風に装着するギミックが用意されています。以下、換装方法を簡単に紹介していきます。

IMGP7488IMGP7489
連装砲ちゃん(小)の首と両手を外し、更にそれぞれを分割します。

IMGP7493IMGP7494IMGP7496
分割したパーツを前腕部とスネに装着します。前腕の方は一旦肘を外さないと取り付けられません。

IMGP7492
連装砲ちゃん(大)を三分割します。

IMGP7497IMGP7498
分割した胴体(ガワ)を開き、胴体(内臓)を取り付けて固定。裏側の隙間に連装砲ちゃん(小)の両手も取り付けます。表側中央の白い部分に小さな文字で「ぜかまし」と書かれています。

IMGP7499IMGP7500
連装砲ちゃん(小)の頭を取り付け、島風の背中に装着してバックパックの完成。

IMGP7502
IMGP7503
連装砲ちゃん(大)の頭を変形させ、ウサミミを後ろに取り付けてヘルメットの完成。

IMGP7506
五連装酸素魚雷を大きな拳状に変形させ、上で取り付けた左前腕部の装甲に取り付けます。この際、装甲側の連装砲ちゃん(小)の片足を外さなければならず、唯一余剰パーツとなります。拳の指は関節が仕込まれていてフレキシブルに可動しますが、動きすぎて魚雷状態でまっすぐ揃えづらいのが難点。

IMGP7508IMGP7510
連装砲ちゃん(中)のお尻のプロペラを外し、胴体を開きます。

IMGP7512
支柱を取り付けてハンマーの完成。外したプロペラは支柱の後ろに付け直します。

全身(装甲追加仕様)


連装砲ちゃんの装甲を纏った島風。さしずめ「フルアーマー島風」といったところでしょうか。ただ大半のパーツが武器とバックパックに集中しており、胴体や手脚に装着するパーツが極めて少ないので、いわゆる「クロス物」として見るとやや物足りなさを感じるかもしれません。とはいえ、連装砲ちゃんの意匠を残したヘルメットや巨大な左拳が非常に目を惹くため、「変形・合体している感」はしっかり出ています。

左の拳(魚雷)はプラスチック製なので保持に問題はありませんが、ハンマーは柄の部分が金属製で重量があるため支柱なしでの保持は困難。両手なら持てますが、関節に負荷が掛かるので飾っておく場合は支柱を使わないとあっという間に肘や手首がプラプラになりそうです。

アクションなどなど

総括

連装砲ちゃんがバラバラになって島風と合体するという、ある種「出オチ」のような商品ですが、純粋にアクションフィギュアとしても良く出来ています。島風本体に関してはちょっと大きめのfigmaという認識で構わないでしょう(裏を返せば「合金感」はあまりない)。

欲を言えばもうちょっと「装着」できるパーツが多いと良かったんですけど、そもそも連装砲ちゃんは変形を前提としてデザインされているわけではないのであまり多くを望むのも酷だとは思います。上でも書きましたが、クロス系トイのようなプレイバリューを期待していると肩透かしを食う可能性があるので、あくまでも「武器」への変形がメインと考えておいた方が良いでしょう。

ともあれ、デザインやサイズを破綻させない範囲で最大限の遊びゴコロを詰め込んだなかなか面白いフィギュアに仕上がっているので、島風をこよなく愛する提督諸兄なら価格分の満足度は得られるのではないでしょうか。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿