figma No.313 遊☆戯☆王DM ブラック・マジシャン・ガール(特典付き) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > figma No.313 遊☆戯☆王DM ブラック・マジシャン・ガール(特典付き) レビュー

figma No.313 遊☆戯☆王DM ブラック・マジシャン・ガール(特典付き) レビュー 

商品名:figma ブラック・マジシャン・ガール
作品名:遊☆戯☆王デュエルモンスターズ
発売元:マックスファクトリー
発売日:2016年12月下旬
価格:6,480円(税8%込)
原型製作:マックスファクトリー(関・タイゾウ)
備考:オンラインショップ特典付き

ブラマジガール

カードゲームを題材とした大人気アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』より、主人公・武藤遊戯の愛用する闇属性/魔法使い族の上級モンスター「ブラック・マジシャン・ガール」。その愛らしいデザインからいわゆる「アイドルカード」として屈指の人気を誇り、2016年に公開された劇場版『THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』ではアップル・マジシャン・ガールやレモン・マジシャン・ガール等の妹分にあたる派生モンスターも登場しました。

そんなブラマジガールが主人公の遊戯(闇遊戯)に続きfigmaブランドで発売されました。立体化の機会に恵まれるキャラクターですが、リアル頭身のアクションフィギュアとしては今回が初となります。また、「GOODSMILE ONLINE SHOP」購入特典として必殺技「黒・爆・裂・破・魔・導(ブラック・バーニング)」を再現するエフェクトパーツが付属します。

figma No.276 遊☆戯☆王デュエルモンスターズ 闇遊戯 レビュー」も併せてご覧下さい。



パッケージ

IMGP8304IMGP8305
青と黒を基調としたパッケージ。

セット内容

IMGP8307
>>フィギュア本体、交換用表情パーツ×2、交換用手首×7(右3左4)、曲げ脚パーツ×2、帽子、ステッキ、魔術の呪文書、専用台座、専用袋、黒・爆・裂・破・魔・導(ブラック・バーニング)エフェクトパーツ

通常(一般販売)版にはエフェクトパーツ以外が付属します。

全身


フィギュアは文字通り「身体が硬い」ので肘や膝が本物の肉体ほど曲がりませんが、その欠点を補うためにあらかじめ膝が曲がった状態の脚部パーツが(両脚分)付属しています。ジョイントがないおかげで見映えも良くなっていますね。品質や造形は流石figma、一切問題ありません。

パンツは青。
IMGP8318
厳密にはレオタードと解釈されています。マックスファクトリーはスケールフィギュア版も同様の仕様で、あくまでもレオタードと定義しているようです。劇中はそもそもスカートの中が露出するシーンが描かれないのでどういう設定になっているのか定かではありませんが、原作者が監修した他社のフィギュアは普通にパンツ(白)でした。

全高は約16cm
IMGP8316
遊戯とほぼ同サイズで作られています。

頭部

IMGP8319IMGP8321IMGP8322IMGP8323IMGP8324IMGP8325IMGP8327IMGP8328IMGP8329
通常(微笑み)顔、ウィンク顔、キメ顔の3種類。いずれも劇中の作画に忠実な可愛らしい顔立ちです。

IMGP8331IMGP8330
帽子は一応取り外せますが、後頭部に大きな穴が空くので見る角度が限定されます。

オプション

魔術の呪文書
IMGP8332IMGP8333

ブラック・マジシャンやブラック・マジシャン・ガールの攻撃力をアップさせる装備魔法カード。ホビージャパンから発売されたスケールフィギュアの台座にも使用されていましたが、そちらがきちんと内容が書かれていたのに対してこちらは白紙。

IMGP8335
普通に持てるサイズではないので基本的には並べて飾ります。

黒・爆・裂・破・魔・導(ブラック・バーニング)エフェクトパーツ
IMGP8337

ブラック・マジシャン・ガールの必殺技、「黒・爆・裂・破・魔・導(ブラック・バーニング)」を再現するスパークを纏った光球。スパークはクリアパーツでシャープに作られています。

IMGP8341
台座は呪文書用のものを流用します。

アクションなどなど

figmaの下着はどれも同じようなデザインなので、「パンツは白じゃなきゃ嫌だ!」という人は他のキャラから引っぺがしましょう。

小さめのパンツに替えると見えにくくなるという副次的な効果があります。あたかも「はいてない」ような。

総括

動くブラマジガールのフィギュアはかねてより待ち望んでいたので、ようやく念願が叶ってそれだけで大満足です。スケールフィギュアに比べるとサイズこそ小さいものの、自由にポージングを付けられるのは大きなアドバンテージでしょう。

可動範囲に関しては干渉する部分が多いので今ひとつなのですが、これもう立体化を前提としてデザインされていないキャラクターの宿命と思って諦めます。曲げ脚パーツも含め、出来るだけポーズが付けやすいように工夫する努力が垣間見られますし。

特典は別に無くても困る物ではありませんが、この手の汎用性が高いエフェクトパーツは何かと使いでがあるので持っておいても損はないと思います。少なくとも自分は特典付きを選んで良かったと感じました。

リボルテックのブラック・マジシャンは劇場版準拠という事で「俺の知ってるブラマジと違う」状態だったのでスルーしたのですが、どうせなら買っておけば良かったかもしれません。まあ、figmaでTVシリーズ準拠のオーソドックスなブラマジを出してくれればそれが一番いいのですが。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿