アルター 朧村正 1/8 百姫〜OIRONAOSHI〜 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > アルター 朧村正 1/8 百姫〜OIRONAOSHI〜 レビュー

アルター 朧村正 1/8 百姫〜OIRONAOSHI〜 レビュー 

商品名:百姫 ~OIRONAOSHI~
作品名:朧村正
発売元:アルター
発売日:2017年3月上旬
価格:11,664円(税8%込)
原型製作:福元徳宝
備考:1/8スケール

ふともも姫

和風アクションRPG『朧村正』より、主人公の一人で剣豪・飯綱陣九朗の魂を宿す美濃国鳴神藩の少女「百姫(ももひめ)」。ゲーム中では勇ましい剣戟シーンの他に艶やかな入浴シーンも披露しており、そちらの模様も別メーカーからフィギュア化されています。

当フィギュアは2010年7月に発売された商品の再販ですが、「OIRONAOSHI(お色直し)」と銘打たれている通り彩色がリニューアルされており、初販当時の技術では成し得なかった繊細な色合いが再現されています。初販についてアルター 1/8 『朧村正』 百姫 レビュー」をご覧下さい(今見ると画質が……)。



パッケージ

IMGP9257IMGP9260
パッケージデザインも一新されています。当時写真を撮り忘れたのでうろ覚えですが、初販は確か細長いパッケージだったような……。

全身


相変わらずのけしからんスケベボディ。日本のみならず海外でも根強い人気を誇るのも頷けるというものです。


パーツ差し替えで抜刀、納刀状態が再現可能。単体で見ると初販との違いが分かりづらいかもしれませんが、全体的に色合いが鮮やかになっています。刀の柄のように彩色指定そのものが変更(茶色→朱色)された部分もあります。

また初販は手首が接着したい衝動に駆られるほど緩かったのですが、カッチリ接続できるようになっており、造形も一部改修されています。

最たる例は左足裏で、台座との接続方法が変更されたためピンが除去されました。
IMGP9305
再版は台座側に設けられた金属製の軸に足裏を接続するという、近年よく見られる方式です。

全高は台座込みで約21cm
IMGP9267
右が初販。並べると色合いの差が際立ちます。

頭部

IMGP9275IMGP9278IMGP9281
可愛らしさの中に凛々しさが感じ取れる素晴らしい造形。初販とはアイプリントが異なり、元デザインのイメージにより近づきました。唇の光沢もグッド。

参考までにこちらが初販。
IMGP9283
初販は初販で悪いわけではないのですが、百姫らしいという意味では再販に軍配が上がります。

各部

IMGP9286IMGP9287IMGP9288IMGP9289IMGP9290IMGP9291IMGP9292IMGP9293IMGP9296IMGP9297IMGP9298IMGP9299IMGP9300IMGP9301
初販が全体的にマットな塗装だったのに対し、再販は光沢を帯びて艶やかなイメージが引き立てられています。特にパール塗装の着物が非常に鮮やかで、見映えが向上しています。また腰の白い紐の赤いラインや髪飾りの塗り分け等、初販では省略されたとおぼしき箇所に色が足されています。

むっちりとしたお尻も健在です。
IMGP9303
ふともも姫の異名はダテじゃありません。

大きめ写真

総括

実質7年前の製品ですが、流石アルター、現行のフィギュアと比べても全く遜色のない素晴らしい出来映えです。初販も満点に近いクオリティでしたが、彩色が一新された事で出来の良さに磨きがかかりました。「人形の命」である顔(瞳)に手が入っているので、単なる色替え以上の違いを感じます。

初販を買わなかった方はもちろん、買った方でも満足できるはず。差し替えパーツが用意されていますし、様々な角度から眺めて楽しめる造形なので(色んな意味で(笑))、初販と再販を並べて飾っておくのも悪くありません。

価格が3000円ほど上昇していますが、時代の流れを考慮すると仕方ないかと。決して立体化の機会に恵まれたキャラクターではない事もあり、個人的にはこれで12000円弱なら安いと思えます。少なくとも価格以上の満足度は得られました。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿